ニュース
» 2007年01月26日 17時44分 公開

マーベラスインタラクティブから「すもももももも〜地上最強のヨメ〜(仮)」が登場

今度は「すもももももも」がゲームに。京都を舞台としたオリジナルストーリーで展開される。2007年春発売予定。

[ITmedia]
画像

 マーベラスインタラクティブから、プレイステーション 2ソフト「すもももももも〜地上最強のヨメ〜(仮)」が2007年春に発売される。

 このタイトルは、大高忍さんのラブコメマンガ「すもももももも〜地上最強のヨメ〜」が原作。「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)にて連載されているほか、TVアニメにもなっている作品だ。

原作ストーリー

画像

 十二神将東軍トップ「犬」の一族、代折羅不動心眼流宗家武闘家である犬塚雲軒の1人息子で後継者である犬塚孝士。しかし孝士は、とあるトラウマから武術を捨て検事を目指す、ごく普通の高校生として暮らしている。

 そのもとに西軍トップ「竜」の一族、波夷羅一伝無双流宗家・九頭竜千太夫の1人娘で、流派の継承者である九頭竜もも子が押し掛けてくる。もも子の目的は孝士と結婚して最強の子孫を作ることなのだが、その結婚を阻み、犬塚孝士暗殺を達成し、第7次十二神将戦争を起こすべく刺客たちが次々と襲い掛かってくるのだった。2人の先に待ち受けるものはいったい……!?


 本作は完全オリジナルストーリーで構成される。その舞台は京都だ。

 ある日、孝士の父・雲軒より京都に隠された秘伝書を探すようにと、手紙が送られてくる。新たな刺客との戦いで家を失った孝士は、やけくそのまま秘伝書を探すために京都へと向かう。そこに雲軒の知り合いという「美人三姉妹」が現れる。

 旅館を経営する彼女達は秘伝書を探す孝士たちをサポートしてくれる。しかし、その正体は、十二神将に入ることの適わなかった「猫一族」の末裔だった。

 「孝士と子供を作る!」と一族の復興を狙う姉妹たちはもも子にライバル宣言をする!

画像画像

 本作には「ツッコミシステム」を搭載。画面にツッコミマークが出たらとにか突っ込もう。おかしいと思った部分にツッコミを入れないと、周囲のパワフルなヒロインたちに流されてしまう。ツッコミに成功した数でも、エンディングの内容が変化する。バトルシステムは、リアルタイムで進行していくコマンド入力型となっている。原作者の大高さん原案のオリジナルキャラも多数登場する予定となっている。

画像画像画像

犬塚孝士

画像

 東日本の武闘家たちの長、代折羅不動心眼流宗家、犬塚雲軒のひとり息子で、流派の継承者。しかし、幼き日のトラウマによって「暴力恐怖症」となり、武術を捨て、代わりに検事を目指すようになる。

九頭竜もも子

画像

 西日本の武闘家たちの長、波夷羅一伝無双流宗家・九頭竜千太夫のひとり娘で、流派の継承者。父親が決めた許婚である犬塚孝士の下に、最強の子孫を残すべく、押し掛けてくる。幼い頃にいじめられていたところを孝士に助けられて以来、彼のことを慕い続けている。

中島早苗

画像

 珊底羅神護流の継承者。孝士の級友で、通称「委員長」。勤勉で温厚な性格で、実は孝士に想いを寄せており、孝士との普通の恋に憧れている。実は……。

巳屋本いろは

画像

 因達羅陀影幻魔流の当主。壊滅寸前のヤクザ、巳屋本組再興を目指し、その名を上げるべく刺客として孝士を暗殺しようとするが、もも子に破れ、その後は孝士と同じ学校に転入してきた。


すもももももも〜地上最強のヨメ〜(仮)
ハード プレイステーション 2
発売日 2007年春発売予定
ジャンル アドベンチャーゲーム
価格 未定
CERO 未定
発売元 マーベラスインタラクティブ
(C)大高忍/スクウェアエニックス・すもも製作委員会
(C)2007 Marvelous Interactive Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」