レビュー
» 2007年03月02日 15時07分 公開

「ナゾ解明!」のカタルシスは、寝るのも忘れるほどの快感に「レイトン教授と不思議な町」レビュー(1/5 ページ)

レベルファイブ初パブリッシングタイトル「レイトン教授と不思議な町」は、ナゾいっぱいの新感覚アドベンチャーゲーム。今回は、本作の雰囲気そのまま(?)に、推理小説風にレビューを進めてみる。

[桜山憂太,ITmedia]

 レベルファイブ初のニンテンドーDS作品は、ナゾに溢れた新感覚アドベンチャーゲーム。不思議な町で巻き起こるミステリーは、まさにナゾだらけ。遺産分配のカギとなる「黄金の果実」を探すため、レイトン教授とルーク少年が招待されるところからゲームは始まる。プレーヤーは2人とともに、この町で起こる怪事件を解いて行く。本作は単なるアドベンチャーではなく、とにかく練り込まれた「ナゾ」がカギとなる。プレーヤーは次々と降り掛かる一風変わった「ナゾ」を解き明かして行き、この怪事件を無事解決へと導けるのだろうか? 今回はゲームの雰囲気に基づき、推理小説風にレビューを進めていこう。

「依頼」――解明を望む者からの、新たなる挑戦状

 2月某日――午後の柔らかな陽射しが差し込む中、わたしは自宅の書斎でアガサ・クリスティの傑作「そして誰もいなくなった」を読みふけっていた。10個あったインディアン人形が7個にまで減った所で、シオリを挟んだ本をサイドテーブルに置いて一息つく。

「ふぅ……。やはり何度読んでも、この作品の面白さは色あせないものだ……」

 サイドテーブルに置かれたカップを手に取り、まだ温かさの残るコーヒーで喉を潤す。ノスタルジックな感傷に浸っている時ほど、渋めのコーヒーが体に染み渡る。この緩やかに流れる時間ほど、人生の中で贅沢なものはない。だが、得てしてこういう時こそ、無粋な邪魔者が横槍を入れてくるのが、大半のパターンだ。そう、この時も例外ではなかった……。

「先生。何を格好つけてるんですか? はい、お届け物ですよ」

 そう言ってわたしに封筒を差し出すのは、助手であるミシカ君だ。助手と言うよりは、相棒とでも言った方がしっくり来るのかもしれないが。

「うん、ありがとう。誰からかね」

 わたしは荷物を受け取り、端的に質問をぶつけてみた。

「え〜と、『あいてーめであ』の編集者さんからですね。また、例の件じゃないですか?」

「あぁ、また仕事の依頼か。彼とは旧知の仲だからな。頼まれたら断れないものさ」

 肩をすくめ困ったふりをしながらも微笑みが出るあたり、わたしの心情も分かりやすいものだ。受け取った封筒をペーパーナイフで開き、早速中身を取り出してみる。

「先生。これって……」

 封筒の中には一通の便箋と、ニンテンドーDS用のソフト「レイトン教授と不思議な町」が入っていた。早速便箋を開き、一気に目を通す。「ふっ」と息が漏れる。

「どうしたんですか? 鼻で笑ったりして」

 そう聞いてきたミシカ君に、わたしは無言で便箋を差し出す。その便箋を受け取り、一気に読み終えたミシカ君はわたしとは別の感情を抱いたようだ。

「これって、なんですか! 先生のことバカにし過ぎじゃないですか? 『このソフトは今までレビューしてきたアクションやRPGとは違い、本格的なナゾトキだよ。いくらユウタン教授とは言え、今回のレビューは厳しいかもね。ま、無理なら早めにギブアップすることをオススメするよ』なんて!」

「彼らしいじゃないか。そうやって書けば、僕が絶対に断らないってわかっているからだよ。確かに今までのレビューよりは、手応えがありそうだけどね。だからこそ、楽しみという意味で、笑みがこぼれてしまったのさ」

「ユウタン先生……」

 遅くなったが、ここでわたしの自己紹介をしておこう。わたしの名は「ユウタン」。シャーロック・ホームズ、エルキュール・ポアロ、明智小五郎などをこよなく愛する、生粋の推理小説好きだ。その推理好きが高じて、探偵のような何でも屋のような事を生業としている。最近は「あいてーめであ」の某編集者から依頼されるソフトを、解明(レビュー)するのが主な仕事と言えるだろうか。そして、わたしの助手をしているのがミシカ君だ。彼女、と言うよりはだいぶ男勝りな部分が強いが、頭の回転の良さはわたしにも引けを取らないだろう。

「さて、時間がもったいない。早速ナゾトキに向かうとするかな」

こうして、わたしの長く険しい"解明"(レビュー)への旅が始まった。

本作品を制作したのは、あのレベルファイブ。「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」や「ローグギャラクシー」の開発を手掛けた事でも有名だ。この「レイトン教授と不思議な町」(以下、レイトン教授)」は、レベルファイブ初のニンテンドーDS用作品として、かなり力を入れているらしい。今までとは一風変わったこのソフト、存分に楽しませてもらうとしよう
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」