連載
2007年03月08日 15時23分 更新

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:

元祖大食いファイター「パックマン」 (3/3)

前のページへ 1|2|3       

3つのゲーム機で2回ずつ移植される

 「パックマン」はその後、1999年に「パックマンワールド」のオリジナルモードとして、もう1回プレイステーションに帰ってきているし、プレイステーション2に2度、ゲームボーイアドバンスに2度、そしてプレイステーションポータブル(PSP)にも移植されている。

 同じゲーム機で2回発売されるのも不思議な感じがするが、プレイステーション2の2回というのは、2002年の「パックマンワールド2」と、2006年の「ナムコミュージアム アーケードHITS!」に、それぞれ収録されているから。(ちなみに「ミズ・パックマン」と「パックマニア」も、両方に収録されている)

 ゲームボーイアドバンスでは、2002年の「パックマンコレクション」に収録されたほか、2004年、「ファミコンミニ」シリーズの1作品として、ファミコン版が移植された。

 ちなみにわたしが、自由が丘でプレイしたのは、「パックマンコレクション」の方。2006年に「バリューセレクション」シリーズとして再販されたので、近所のお店で新品を手に入れることができた。

 PSPでも「ナムコミュージアム」の1作品として登場。このほか、Xbox Live Arcadeで配信されているし、携帯電話用アプリにもなっている。各時代のさまざまなパソコンにも移植されていて、もちろんWindows版もある。

画像 PS2版「ナムコミュージアム アーケードHITS!」では、16種類のゲームがプレイできる。「パックマン」は海外版で、モンスターの名前が日本版と異なる
画像 「パックマンコレクション」の「パックマン」では、フィールドの全体を表示するか、上下にスクロールさせるかを選べる

把握しきれないほどたくさんのシリーズ作品

 前項にもいくつか名前が出たが、「パックマン」には続編が非常に多い。

 まず、1982年に「スーパーパックマン」、1983年に「パック&パル」が出ている。しかしわたしは、「帰ってきた名作ゲーム」という本で写真を目にしたことがあるだけで、実物は見たことがない。

 「ミズ・パックマン」は、アメリカで登場し、日本のアーケードにはほとんど出回らなかったようだが、各ゲーム機の「ナムコミュージアム」に収録されているので、むしろ家庭用ゲーム機でメジャーになったといえる。パックマンの彼女、ミズ・パックマンが主人公。コーヒーブレイクが、ラブストーリー風になっている。

 「パックランド」(アーケード1984年、ファミコン1985年、PCエンジン1989年)は、それまでの作品と違って、横スクロールのアクションゲームになっている。パックマンが妖精をフェアリーランドに帰すために旅をする。途中にはモンスターも出てくるが、パワーエサも出てくるので逆転が可能。

 「パックランド」最大の特徴は、その操作方法である。「パックマン」にはボタンがなかったが、「パックランド」にはレバーがない。3つのボタンがあって、2つが左右移動、もう1つがジャンプだ。

画像 リボンと目がついたミズ・パックマン。フルーツはワープトンネルから出てきて動き回る。先へ進むと迷路が変わる(ナムコミュージアムVol.3)
画像 「パックランド」。モンスターは車や飛行機や、懐かしのホッピングに乗って、パックマンに向かってくる。隠しアイテムが多い(ナムコミュージアムVol.4)

 1987年の「パックマニア」では、迷路が、斜めから見たクオータービュー視点で描かれていて、パックマンもモンスターも立体的。ジャンプボタンがついていて、パックマンがエサやモンスターを、飛び越せるようになったのだ。

 わたしは、アーケードに出たときから、このゲームにハマった。モンスターの数がものすごく多くて、逃げ回るのは大変だけど、ジャンプを駆使してどうにかよけて、パワーエサにありつけば、いっぱいいるモンスターは途端に得点の収入源へと早変わり。列をなしたモンスターを、すすり餅のように食べまくるのは気持ち良かった。

 アーケードでは1996年、「ナムコクラシックコレクションVol.2」が登場。「パックマン」のオリジナルモードとアレンジモードが収録されている。アレンジでは、迷路にダッシュポイントやジャンプスポットが設けられている。モンスターが合体して、特殊能力を持つこともある。

画像 「パックマニア」。モンスターを2匹まとめて飛び越える。先へ進むと、ジャンプするモンスターも現れる(ナムコミュージアムVol.5)
画像 アレンジモードは「パックマンコレクション」に収録された。ダッシュしている間は、モンスターに接触してもだいじょうぶ。PSP版「ナムコミュージアム」でもプレイできる

 これら以外にも、スーパーファミコンの「ハロー!パックマン」「パックインタイム」とか、プレイステーションの「パックマンワールド」とか、ニンテンドーDSの「パックピクス」「パックンロール」とか、パックマンが出てくるゲームを挙げていったらきりがない。

 気がついたらもう27年間も、いろんな場所、いろんなシチュエーションで、大量のエサやフルーツやモンスターを食べまくっているパックマン。あれだけ食べているのに、体型が変わらないのがうらやましい。

 今回わたしはこの記事を書くために、何十回も「パックマン」をプレイしたが、そのたびにお腹が空いて、ちょっとご飯を食べ過ぎた。これからパックマン並みに体を動かさないと、健康に良くないだろうなあと思う。

 こないだ行った人間ドックでも、尿酸値が高いって言われたし。

※参考文献:「BIT GENERATION 2000 テレビゲーム展」神戸ファッション美術館、水戸芸術館現代美術センター発行/
「ファミリーコンピュータ 1983-1994」東京都写真美術館企画・監修、太田出版発行/
「テレビゲームとデジタル科学」国立科学博物館、TBS、読売広告社発行/
「帰ってきた名作ゲーム 1978〜1987」リイド社/
「ゲームセンターあらし」太田出版

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2|3       

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.