ニュース
» 2007年03月30日 13時00分 公開

登場キャラクターをご紹介――「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」(1/3 ページ)

ショパンが短い生涯を閉じる3時間前に見た夢の世界を描く「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」。今回は、この物語に登場するキャラクターたちを紹介する。また予約特典も明らかになった。

[ITmedia]

アレグレット(Allegretto)――「心が輝いているやつが損をする……そんな理不尽な世の中でいいのか!?」

画像 年齢:16歳
武器:剣
Voice:下野紘

 貧しい子供たちに食べ物を配るため、港町リタルダントでパン泥棒をしている少年。悪いことだとは分かっていながらも、子供たちを見捨てるわけにはいかないという、正義感を内に秘める。言葉使いが乱暴で、時に弟分のビートに手をあげることもあるが、実は情に厚く、ビートを本当の弟のように思っている。貧富の差が激しい世の中に矛盾を感じ、旅に出る。残酷な運命に翻弄されながらもひたむきに生きるポルカにひかれ、彼女を救う決意をする。

ポルカ(Polka)――「限られたわたしのこの命を、みんなが喜ぶことに使いたいの」

画像 年齢:14歳
武器:傘
Voice:平野綾

 港町リタルダントが一望できる丘の上、テヌート村に母親と2人で住んでいる少女。花封薬というテヌート名産の花々から抽出される薬を売って生計を立てているが、最近では鉱封薬という政府公認の安い薬が出回っているため全く売れない。不治の病に犯されている者だけが、その副作用として魔法を使えるこの世界で、魔法が使える彼女の死期は近い。そんな過酷な運命に加え、触れると病気がうつるという噂から人々に避けられ、人を信用できなくなる。だが、ショパンに出会い、残り少ない命を人々のために使いたいと思うようになる。

ビート(Beat)――「なんでパンがこんなに高いんだろう?もう少し安かったら、ちゃんと買えるのに……」

画像 年齢:8歳
武器:クラリネット銃
Voice:小林由美子

 港町リタルダントで、アレグレットと供にパン泥棒をしている。アレグレットのことを兄ちゃんと呼び、本当の兄のように慕っている。父の唯一の形見であるカメラが宝物。年齢のわりには背が低く、ちょっと気にしている。性格はとても明るく、みんなに平等に話しかけられる。あまり深く考えない方だが、その素直さが、逆に真実に迫っている場合が多い。

ショパン(Chopin)――「だいたいどんな魔法でも使えますよ。これはわたしが見ている夢の世界なのですから」

画像 年齢:39歳
Voice:真殿光昭

 本名フレデリック・フランチシェク・ショパン。1810年、ポーランドに生まれる。ピアノの詩人として有名。病弱だが繊細で感受性が高い。結核で妹エミリア(14歳)を亡くし、心に深い傷を負う。その面影を、同じく死ぬ運命にある14歳のポルカに重ねている。

 アレグレットやポルカたちと出会っている世界は、自らが死の病床で見ている「夢の世界」と分かっていながら、徐々に現実味を帯びる夢の世界に戸惑い、自分の気持ちはどこに存在するのか、自問自答する。発する言葉は全て詩的である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響