Wiiリモコンでソニックとの一体感を楽しむ――アラビアンナイトの世界をモチーフにしたシリーズ最新作「ソニックと秘密のリング」レビュー(1/3 ページ)

Wii向けのソニック第1弾は、アラビアンナイトが舞台。このシリーズならではの疾走感はそのままに、Wiiリモコンを左右に傾ける・振るといった操作でソニックとの一体感を味わえたり、多彩なスキルで自分なりのソニックをカスタマイズできるなど、今回のソニックはいままでとひと味違う。

» 2007年04月27日 00時22分 公開
[小泉公仁,ITmedia]

Wiiが可能にした“体感するソニック”

画像 Wiiで初のソニック作品となる「ソニックと秘密のリング」。昨年末にソニック15周年記念作品として他機種で発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」とは内容が異なる

 セガの人気ゲームキャラクター“ソニック”のシリーズ最新作が、任天堂のWiiで発売された。タイトルは「ソニックと秘密のリング」。ここ数年、据置型ゲーム機向けのソニック関連作品はマルチプラットホームで展開されることが多かったが、今回はWiiのみでの発売で、昨年末にプレイステーション 3とXbox 360で同時発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」とは別内容の新規タイトルとなる。

 この「ソニックと秘密のリング」では、Wiiリモコンを傾けたり振ったりすることでソニックを操作するという、Wiiならではの直感的な操作性を実現していることが特徴。また、今作ではアラビアンナイトの物語をモチーフにしている点にも注目で、これまでのソニック作品とはひと味違ったファンタジックな世界観を構築している。

 本作のメインとなる「アドベンチャー」モードでは、ある日、本を読みながら居眠りをしてしまったソニックの元に、「シャーラ」というリングの精が現れるところから物語が始まる。彼女から「アラビアンナイトの世界を救ってほしい」と懇願されるソニック。聞けば、悪しきマジン(魔神?)「イレイザー・ジン」がアラビアンナイトの本から文字を刈り取り、その世界を消し去ろうとしているという。そして、それを阻止できるのは“伝説の青きハリネズミ”だけだとも。ソニックは、シャーラとともにアラビアンナイトの本の中へと旅立つことになる。

画像 居眠りをしていたソニックの元に、リングの精「シャーラ」が現れる。セピア調で絵本のように描かれていくムービーシーンは、ファンタジックなムードにあふれていて美しい
画像 アラビアンナイトのページから文字が消えていくのを目の当たりにしたソニック。「シャーラ」曰く、「イレイザー・ジン」というマジンがアラビアンナイトの世界を消し去ることで強大な力を手にし、本の外へ出ようとしているのだという

 この「アドベンチャー」モードには8つのワールドがあり、各ワールドには十数個ほどのミッションが用意されているが、初めにプレイできるのは「ロストプロローグ」というワールドのみ。これはチュートリアル代わりのようなステージで、Wiiリモコンを使ったソニックの基本操作を実践的に練習できる。

 このゲームではWiiリモコンを横向きに持ってプレイし、Wiiリモコンを傾けることでソニックを左右に動かして、障害物をよけたりリングを拾い集めるという操作が基本となる。これまでにWiiで発売されているレースゲームに近い操作感覚だ。ボタンもいくつか使用するが、このうち「2」ボタンは短く押すとジャンプ、長く押し続けてから離すとチャージジャンプとなって、より高く飛べる。また、この「2」ボタンを走行中に押し続けるとスライディングになるなど、1つのボタンに複数の動作を割り当てることで使用するボタンを極力少なくしている。なお、「1」ボタンは主にブレーキに使う。

画像 メインとなる1人プレイ用のモード「アドベンチャー」には、8つのワールドがあり、ワールドごとに十数個のミッションが用意されている。最初に選べるのは「ロストプロローグ」で、ここではソニックの基本的な操作を練習できる
画像 「ロストプロローグ」の「第1節」ミッションは、Wiiリモコンを傾けてソニックを左右に移動させ、リングを50個集めるとクリア。ここで基本的な操作をマスターすると、本編の「サンドオアシス」ワールドがプレイできるようになる

画像 ジャンプ中にWiiリモコンを振ると、ホーミングアタックが出せる。複数の敵が固まっているところでは、ロックオンマークが赤くなるのに合わせてWiiリモコンを続けて振れば、次々と敵を倒すことができる。これが気分爽快!

 今作の操作で最も特徴的と思えるのが、ジャンプ中にWiiリモコンを振ることで繰り出されるホーミングアタックだ。近くにいる敵や障害物、あるいは足場として使えるオブジェクトを自動的にロックオンするようになっていて、このロックオンマークが赤くなったときにWiiリモコンを振ると、その対象に向かってソニックが勢いよく飛び込んでいく。この“Wiiリモコンを振って敵を倒す”というプレイスタイルに、これまでのソニック作品とは違う目新しさと爽快さが感じられ、画面の中のソニックと一体になったような感覚が楽しめる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評