レビュー
» 2007年04月27日 00時22分 公開

「ソニックと秘密のリング」レビュー:Wiiリモコンでソニックとの一体感を楽しむ――アラビアンナイトの世界をモチーフにしたシリーズ最新作 (1/3)

Wii向けのソニック第1弾は、アラビアンナイトが舞台。このシリーズならではの疾走感はそのままに、Wiiリモコンを左右に傾ける・振るといった操作でソニックとの一体感を味わえたり、多彩なスキルで自分なりのソニックをカスタマイズできるなど、今回のソニックはいままでとひと味違う。

[小泉公仁,ITmedia]

Wiiが可能にした“体感するソニック”

画像 Wiiで初のソニック作品となる「ソニックと秘密のリング」。昨年末にソニック15周年記念作品として他機種で発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」とは内容が異なる

 セガの人気ゲームキャラクター“ソニック”のシリーズ最新作が、任天堂のWiiで発売された。タイトルは「ソニックと秘密のリング」。ここ数年、据置型ゲーム機向けのソニック関連作品はマルチプラットホームで展開されることが多かったが、今回はWiiのみでの発売で、昨年末にプレイステーション 3とXbox 360で同時発売された「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」とは別内容の新規タイトルとなる。

 この「ソニックと秘密のリング」では、Wiiリモコンを傾けたり振ったりすることでソニックを操作するという、Wiiならではの直感的な操作性を実現していることが特徴。また、今作ではアラビアンナイトの物語をモチーフにしている点にも注目で、これまでのソニック作品とはひと味違ったファンタジックな世界観を構築している。

 本作のメインとなる「アドベンチャー」モードでは、ある日、本を読みながら居眠りをしてしまったソニックの元に、「シャーラ」というリングの精が現れるところから物語が始まる。彼女から「アラビアンナイトの世界を救ってほしい」と懇願されるソニック。聞けば、悪しきマジン(魔神?)「イレイザー・ジン」がアラビアンナイトの本から文字を刈り取り、その世界を消し去ろうとしているという。そして、それを阻止できるのは“伝説の青きハリネズミ”だけだとも。ソニックは、シャーラとともにアラビアンナイトの本の中へと旅立つことになる。

画像 居眠りをしていたソニックの元に、リングの精「シャーラ」が現れる。セピア調で絵本のように描かれていくムービーシーンは、ファンタジックなムードにあふれていて美しい
画像 アラビアンナイトのページから文字が消えていくのを目の当たりにしたソニック。「シャーラ」曰く、「イレイザー・ジン」というマジンがアラビアンナイトの世界を消し去ることで強大な力を手にし、本の外へ出ようとしているのだという

 この「アドベンチャー」モードには8つのワールドがあり、各ワールドには十数個ほどのミッションが用意されているが、初めにプレイできるのは「ロストプロローグ」というワールドのみ。これはチュートリアル代わりのようなステージで、Wiiリモコンを使ったソニックの基本操作を実践的に練習できる。

 このゲームではWiiリモコンを横向きに持ってプレイし、Wiiリモコンを傾けることでソニックを左右に動かして、障害物をよけたりリングを拾い集めるという操作が基本となる。これまでにWiiで発売されているレースゲームに近い操作感覚だ。ボタンもいくつか使用するが、このうち「2」ボタンは短く押すとジャンプ、長く押し続けてから離すとチャージジャンプとなって、より高く飛べる。また、この「2」ボタンを走行中に押し続けるとスライディングになるなど、1つのボタンに複数の動作を割り当てることで使用するボタンを極力少なくしている。なお、「1」ボタンは主にブレーキに使う。

画像 メインとなる1人プレイ用のモード「アドベンチャー」には、8つのワールドがあり、ワールドごとに十数個のミッションが用意されている。最初に選べるのは「ロストプロローグ」で、ここではソニックの基本的な操作を練習できる
画像 「ロストプロローグ」の「第1節」ミッションは、Wiiリモコンを傾けてソニックを左右に移動させ、リングを50個集めるとクリア。ここで基本的な操作をマスターすると、本編の「サンドオアシス」ワールドがプレイできるようになる

画像 ジャンプ中にWiiリモコンを振ると、ホーミングアタックが出せる。複数の敵が固まっているところでは、ロックオンマークが赤くなるのに合わせてWiiリモコンを続けて振れば、次々と敵を倒すことができる。これが気分爽快!

 今作の操作で最も特徴的と思えるのが、ジャンプ中にWiiリモコンを振ることで繰り出されるホーミングアタックだ。近くにいる敵や障害物、あるいは足場として使えるオブジェクトを自動的にロックオンするようになっていて、このロックオンマークが赤くなったときにWiiリモコンを振ると、その対象に向かってソニックが勢いよく飛び込んでいく。この“Wiiリモコンを振って敵を倒す”というプレイスタイルに、これまでのソニック作品とは違う目新しさと爽快さが感じられ、画面の中のソニックと一体になったような感覚が楽しめる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる