レビュー
» 2007年01月19日 15時52分 公開

次世代ハードでさらなる速さを身につけた15年目のソニック「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」レビュー(1/4 ページ)

2006年は、セガを代表するゲームキャラクター「ソニック」の生誕15周年。そのアニバーサリーイヤーを飾る作品が、プレイステーション 3とXbox360で登場した。次世代ハードという新たなステージで、ソニックはその速さにますます磨きをかけている。

[小泉公仁,ITmedia]

1作目と同じタイトルが原点回帰を匂わせる

 1991年にメガドライブで「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が発売されたときは、本当に大きな衝撃を受けた。当時はまだ2Dの横スクロールアクションだったが、目が追いつかないほどのスピード感はかつてゲームで体験したことのなかったもので、すぐさま虜になってしまった。青いハリネズミが主人公というのが奇抜だったし、かわいいけれどどこか小憎らしい雰囲気を持っているところも独創的。それに、一度聴いたら耳から離れなくなるキャッチーでポップなサウンドがまたよかった。

画像 15周年記念作品となる「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。プレイステーション 3とXbox360で同時発売されているが、両ハードともソニックシリーズの投入はこれが初(画面はすべてプレイステーション 3版)

 この1作目と、翌1992年に発売した2作目がともに世界的な大ヒットとなったことで、ソニックの人気は確固たるものになり、セガのコーポレートキャラクターに成長。その後もさまざまなハードに関連作品がリリースされてきた。そして、ソニック生誕15周年の節目にあたる2006年末、最新作がプレイステーション 3とXbox360の2機種で同時発売となった。そのタイトルは、ずばり「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。1991年の1作目と同名だが、その内容は移植でもリメイクでもなく、完全な新作。あえてこの名を冠し、副題も付けなかったところに、今回はソニックの原点に立ち返って、その魅力であるスピード感やかっこよさを改めて追求しているように見える。


画像 オープニングムービーの一場面。次世代機らしいHDクオリティの映像が本当に美しく、これだけを観ているとまるで大作RPGかと錯覚してしまいそう

 今作の注目点は、やはりビジュアル面における進化だろう。HD出力に対応したプレイステーション 3とXbox360で初めてのソニック作品ということで、映像のクオリティがどれくらい向上しているのか、大いに気になるところだ。なお、今回のレビューに使用したのはプレイステーション 3版で、ここに掲載した画面もすべてプレイステーション 3のものだ。

 今回はソニックのほかにシャドウとシルバーも登場し、この3人が主人公となってストーリーが進んでいく。シャドウについては過去の作品にも登場しており、2005年末には彼を主人公とした「シャドウ・ザ・ヘッジホッグ」がプレイステーション 2など3機種で発売されているが、シルバーは今回初めて登場する新キャラ。テイルズやエミーなど、おなじみの面々もソニックたちを補佐する“アミーゴ(友だち)キャラ”として登場し、彼らを操作する場面もある。


画像 ソレアナ公国の王女エリスが今作のヒロイン的存在。人間の少女とソニックが深く関わり合うというのは、これまでの作品にはなかった要素

 さらに今回は、人間の少女がヒロインとして登場するが、これもシリーズを通して初めてのこと。1作目の企画段階でも同様のアイデアはあったようだが、それが15年を経て実現されたことになる。ソニックをはじめ、動物をモチーフとしたアニメチックなキャラクターたちの中で、人間の少女がどのように関わっていくのかにも興味が深まる。

3人のヘッジホッグが繰り広げる時空を超えたストーリー

 プロローグでは、ソレアナ公国で年に一度開かれる「炎の祭典」から幕を開ける。この国の若き王女エリスが祭壇に炎を灯し、祭りが最高潮を迎えたところに、悪の天才科学者「Dr.エッグマン」が現れ、エリスを連れ去ろうとする。そのねらいは、エリスが鍵を握る“災厄の炎”にあった。

画像 ソレアナ公国では炎の祭典が催されている。どことなく笹倉鉄平氏の描くアートポスターをほうふつとさせるような、趣のある街並みの描写が美しい
画像 祭りのさなか、エリスをねらうDr.エッグマンが突如現れる。お腹もだいぶへこんだし、足も長くなって、以前よりかっこよくなったような……?

画像 そこへ颯爽と現れるソニック。お得意の快足でエッグマンの部隊を蹴散らし、エリスの危機を救う
画像 その一部始終を見ていた新キャラのシルバー。なぜかソニックのことを「イブリース・トリガー」と呼んでいるが、果たしてその意味は?

画像 最初に選べるエピソードはソニック編のみ。序盤は、エッグマンにさらわれた王女エリスを救出することが目的となる

 前述のように、今回はソニック、シルバー、シャドウの3人が主役扱い。といっても、プレーヤーが好みのキャラを選んでプレイするというわけではなく、ソニック編、シルバー編、シャドウ編と、3人それぞれに異なるエピソードが用意されている。各エピソードは、その舞台や展開が異なるだけでなく、現在と未来の時間軸も交錯しながら進んでいくが、おもしろいのは、あるキャラのエピソードに別のキャラが登場したり、ときに敵として立ちはだかること。例えば、ソニック編でシルバーと戦う場面があったり、逆にシルバー編にソニックが現れたりする。

 エピソード本編は、ソレアナの住人たちから話を聞き、情報を集める「タウンステージ」と、ソニックの醍醐味である広大なステージを高速で駆け回る「アクトステージ」とに分けられ、基本的にはそれらを交互に進めることになる。また、途中にはボスとの戦闘もある。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」