Wiiリモコンでソニックとの一体感を楽しむ――アラビアンナイトの世界をモチーフにしたシリーズ最新作「ソニックと秘密のリング」レビュー(3/3 ページ)

» 2007年04月27日 00時22分 公開
[小泉公仁,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

おまけとは思えないほどのボリュームがある「パーティー」モードが楽しい

 「アドベンチャー」モードのほかに、いろいろなミニゲームを1〜4人でプレイできる「パーティー」モードもあるが、このボリューム感に驚かされる。収録されているミニゲームは全部で40種類もあり、しかも「アドベンチャー」モードのステージから流用したものではなく、すべて新規に作られたもの。そのどれもがWiiの特性を上手に活かしていて、ゲームによってWiiリモコンの持ち方や操作のしかたが変わる。

 例えば、「こげ!カヌーレース」は、Wiiリモコンを両手で横向きに握り、オールのように回転させてカヌーをこぐというゲーム。「見わけろ!まっくら絵画」では、Wiiリモコンを懐中電灯に見立てて縦向きに持ち、暗闇の中に飾られた4枚の絵にライトを当てて、間違いがある絵を見つけるというもの。ほかにも、Wiiリモコンを振ったりひねったり、Wiiリモコンのスピーカーから出る音を頼りにプレイするなど、Wiiならではと思えるようなゲームが満載だ。中には操作感覚がつかみにくいものも見受けられるが、どれも創意を凝らしたゲームばかりでおもしろい。

画像 「アドベンチャー」モードで操作できるのはソニックだけだが、この「パーティー」モードではテイルスやナックルズなども使える
画像 ミニゲームは全40種類。初めから全てのミニゲームをプレイできるわけではなく、一部は「アドベンチャー」モードである条件を満たすことでアンロックされる

画像 「割るな!ビッグバルーン」では、4人が交互にポンプを動かして風船を膨らませ(Wiiリモコンを上下に動かす)、風船を割ってしまった人が負けというゲーム。いまにも割れそうな風船に、頭を抱えて怖がるソニックたちがかわいい
画像 「かなでろ!バイオリン」は、Wiiリモコンをバイオリンの弓に見立てて、お手本通りに動かして演奏するというミニゲーム。自分が演奏しているときの音は、Wiiリモコンのスピーカーから出る。チュートリアルによれば、澄み切った心で演奏すれば美しい音色が出るらしいのだが……?

 「ソニックと秘密のリング」の価格(税込7329円)に、当初は「Wiiのソフトにしてはちょっと高いかな?」と感じていたが、この「パーティー」モードをプレイしてみて納得した。「パーティー」モードだけでも1本のソフトとして成り立つのではないかと思うほどボリュームがあり、クオリティも高い。これは、友達や家族が集まってプレイすると大いに盛り上がりそうだ。

おもしろさが分かるまでには少し時間を要するかも?

 「ソニックと秘密のリング」は、過去のソニック作品と比べれば難易度がやや低めに設定されているように思う。残機制ではなくなったことに加え、各ミッションも比較的短めで(中には十数秒で終わってしまうミッションもある)、ミスをしてもリトライしやすい。

 ただ、Wiiリモコンを使った操作性にはやはり独特のクセがあり、これまでのソニック作品とは感触がだいぶ異なるため、操作に慣れるまではむしろ難しく感じるかもしれない。わたしが戸惑ったのは、“バック”の操作だ。先述のように、今作のソニックは何も操作をしなくても前へ進むようになっているが、Wiiリモコンを手前に傾ける(実際はほぼ裏返すような感じ)ことでバックもできる。ところがこの加減がつかみにくく、なかなか思い通りに動いてくれない。ミッションの中には、出現する敵をすべて倒さないとルートが開かないところもあり、敵を通り過ぎてしまったときなど、後ろへ戻らせるのにひと苦労することもあった。

 率直な感想として、今回のソニックをプレイし始めて間もなくは、そのおもしろさがストレートに感じられなかった……。ソニックの醍醐味ともいえる疾走感と爽快感は今作でも健在だし、ステージの構成や演出もよく練られたものであることは序盤から感じられるが、同時にWiiリモコンによる新しい操作性に少々こだわりすぎているようにも見え、楽しさよりも疲労感の方が先に立ってしまった。

 おもしろさが見えてきたのは中盤、ソニックのレベルが20を超えたあたりから。今作で一番の魅力は、やはり多彩なスキルでソニックをカスタマイズできるところにあると思うが、レベルが20くらいになるとスキルの種類とスキルポイントもかなり増えてきて、カスタマイズにも広がりが出てくる。特に、スライディング中はダメージを受けなくなる「イージススライダー」など、使い勝手のよいスキルが使えるようになると、ぐっとプレイしやすくなる。スキルの組み合わせ方によっては、同じミッションでもアプローチが全く違ってきて、新鮮な感覚でプレイできるところがよい。

 また、このあたりまでゲームを進めた頃には、Wiiリモコンでの操作にもだいぶ慣れてきて(スキルの助けもあるが)、ソニックとの一体感がより強く感じられるようになってくる。そして、操作に余裕が出てくると、初めはストーリーを追うだけで精一杯だったのが、スコアやタイムの更新にも意欲がわいてくる。実際、このゲームにはやり込み要素が豊富に詰め込まれていて、例えばミッションで好成績を収めるとメダルを獲得でき、それを集めることで隠し要素が解放される。

 序盤こそシステム面や操作性の違いに戸惑うことはあったものの、Wiiのソニック作品第1弾としては総合的に見て上々のできばえと感じる。「アドベンチャー」モードと「パーティー」モードのどちらもボリューム感があり、長く遊べそうな作りに好感が持てる。

画像 メダルにはゴールド、シルバー、ブロンズの3種類があり、成績によってメダルの色は変わるが、ゴールドメダルを獲得するのは至難の業
画像 「スペシャルブック」モードでは、「アドベンチャー」モードの幕間に流れるムービーや、本作の開発資料、過去のソニック作品の歴史などが観られるが、その一部はメダルの獲得数によって開放される
画像 ちなみに、ソニックシリーズではもうおなじみのDr.エッグマンは今回どうなったかというと、なんとシャフリヤール王の役で登場。テイルスやナックルズなども、アラビアンナイトのお話に登場する有名な人物役で出てくる
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」