レビュー
» 2007年08月22日 15時15分 公開

仮想の渋谷でサイキックバトル!――すばらしくやりこめるこのゲームをあなたに「すばらしきこのせかい」レビュー(1/3 ページ)

スクウェア・エニックスから発売された「すばらしきこのせかい」は渋谷を舞台にした、タッチアクションRPG。死神のゲームにサイキックで挑むネクを操作し、仮想の渋谷を生き延びろ! 2画面同時バトルが面白い、ボリュームたっぷり渾身の一作だ。

[仗桐安,ITmedia]

新機軸タッチアクションRPGがニンテンドーDSで登場!

渋谷を舞台に、謎に満ちた死神のゲームが始まる……

 2007年7月27日、スクウェア・エニックスからニンテンドーDS用タイトル「すばらしきこのせかい」が発売された。本作は既存タイトルの続編ではなく、まったくの新規タイトル。そして“タッチアクションRPG”という比較的新しいジャンルの作品でもある。家庭用ゲーム機におけるアクションRPGといえば、その歴史はファミリーコンピュータまでさかのぼることができるが、そこに“タッチ”がつくと話は別だ。言うまでもなく“タッチ”の歴史はそのままニンテンドーDSというゲーム機の歴史であり、“タッチアクションRPG”である本作がニンテンドーDSだからこそ生まれた作品だというのは間違いなさそうだ。

 本作は、クリエイティブプロデュースおよびメインキャラクターデザインを「キングダムハーツ」シリーズなどでおなじみの人気クリエイター・野村哲也氏が担当。「ファイナルファンタジー」シリーズや「キングダムハーツ」シリーズのスタッフが結集し開発を手がけた。数々のヒット作を産み出した開発陣が打ち出す、新機軸の“タッチアクションRPG”とはいかなるものなのか。次項からお伝えしていこう。

アンダーグラウンド渋谷で展開する死神やノイズとの攻防

ネクは他人と関わることを嫌う15歳の少年。物語の中で成長していく

 本作の舞台は、現代の東京・渋谷。渋谷は東京の街の中でも、とりわけ人の往来が多く、特に若者が集まる街として知られている。そんな渋谷の活気ある雑踏の中で突然目覚める少年。この少年が本作の主人公・桜庭音操(サクラバ ネク:以下ネク)だ。

 ネクは、死神から「ミッションをクリアしなければ存在を抹消する」というメールを突如突きつけられる。死神のミッションは1人でクリアすることはできない。同じ境遇にある人間とパートナー契約を交わし2人で遂行しなくてはならないのだ。そこでネクの前に登場するのが美咲四季(ミサキ シキ:以下シキ)。訳の分からないままに不条理なゲームに参加することになったネクとシキは時に協力し、時に反発しあいながらも死神のゲームを遂行していく。2人は「7日間生き残れ!」という死神の指令のもと、渋谷を東奔西走する。その後ネクは、桐生義弥(キリュウ ヨシヤ・通称ヨシュア)などの新たなパートナーを得ながら、物語の核心へと迫っていく……。

 ゲーム内の実際の渋谷は普通に街として機能している。けして渋谷そのものが死神の支配する世界になってしまったわけではないのだ。普通に人々が生きている渋谷をゲーム内ではRG(リアルグラウンド)と言い、ネクが存在し死神の力が及んでいる側の渋谷をUG(アンダーグラウンド)と呼んでいる。RGとUGは同時に存在し、RGの人間にはUGの人間は見えないが、UGの人間はRGの人間もUGの人間も見えているという設定だ。

シキはネクと同い年の15歳。猫のぬいぐるみ「にゃんタン」を常に持ち歩いている
ヨシュアもまた15歳。死神のゲームについて深い知識を持っている謎の少年だ
雑踏の中にいても、誰もネクに気付かない。RGとUGは同じ場所にありながら違う世界なのだ

 死神の力が支配するUGにはノイズと呼ばれるモンスターが存在する。ネクの行く先々でさまざまな姿で現れるノイズを倒すことでネクたちは少しずつ成長していく(レベルが上がっていく)、という点では正統なRPGだと言えよう。しかし、作品全体の設定の奇抜さ斬新さは、ここ最近のRPGの中でも群を抜いている。設定もさることながら、特異な環境下で描かれるキャラクターたちの交流、物語の展開、グッとくるセリフなど、プレーヤーを魅了する要素は満載。吹き出しを使ったマンガ的な演出も功を奏し、この物語をそのままマンガやアニメにしてもいい(というか、ぜひ連載マンガ化したものが読みたい※)くらいに面白い。似たような設定のマンガも読んだことがあるが、本作のオリジナリティは負けず劣らず強烈で新鮮だと感じた。謎に充ちた秀逸な物語は、ぜひプレイをすることで体感してほしい。

先が気になって思わず長時間プレイしてしまったこともしばしば。ストーリーは本当によくできている
※8月、9月にスクウェア・エニックスから出版された月刊少年ガンガンにて、短編ではありますがマンガ化されています。
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい