レトロゲーム大賞に「スーパーマリオブラザーズ」――「レトロゲーム・アワード2007」東京ゲームショウ2007

人気番組「ゲームセンターCX」とのコラボレーション企画として行われた「レトロゲーム・アワード2007」で、レトロゲーム大賞に任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」が選ばれた。任天堂の宮本茂氏も登場。

» 2007年09月22日 21時22分 公開
[ITmedia]
画像 審査委員の面々。左から有野課長(よゐこの有野晋哉さん)、日経エンタテインメント!編集委員の品田英雄氏、そして本誌でもおなじみゲイムマンだ

 CS「フジテレビ721」で放送されている人気ゲーム番組「ゲームセンターCX」と日経エンタテインメント!の企画により開催された、「レトロゲーム・アワード2007」。1985年から1987年に発売されたゲームの中で、ゲームセンターCXで取り上げられたものも含め164タイトルをノミネートし、公式Webサイトなどでの投票結果、および審査委員の選考を踏まえて大賞や最優秀新人賞、審査員特別賞などの各賞の作品が選出された。

 審査委員は、ゲームセンターCXでおなじみ有野課長(よゐこの有野晋哉さん)、日経エンタテインメント!編集委員の品田英雄氏、そして本誌でもおなじみゲイムマン。もちろん3氏ともイベントに参加し、各賞の発表やトロフィーの授与なども行った。

 まず始めに発表されたのは、「最優秀新人賞」。受賞したのは、メタルギアシリーズでおなじみ、コナミデジタルエンタテインメントの小島秀夫氏だ。壇上に登場した小島氏は、「まだ1本しか作ってないんですけど、つぎはファミコンに挑戦してみたいと思います。」と、20年前の状態を想定した小島氏らしいコメントで会場をわかせた。

 また、最優秀新人賞受賞についてどう思ったか、と聞かれたところ、「今日ここに来るまでちょっと意味がわかりませんでした(笑)」。その後も、MSX版メタルギアの画像を見ながら、「すごいですね、ゲームはここまで来ましたよ、色が出てます色が!」と、至る所で小島節が炸裂していた。

画像 「最優秀新人賞」のトロフィーを受け取る小島秀夫氏。「今日ここに来るまでちょっと意味がわかりませんでした(笑)」と言いつつ満面の笑顔だった
画像 小島氏は、受賞作でもあるMSX版メタルギアをバックに、MSXの性能の低さから”敵を攻撃しない戦争ゲーム”を思いついたといった有名な裏話などを語った

 次に発表されたのは、「審査委員特別賞」だ。こちらは、有野課長が独断で選択したものだが、受賞したのは「魔界村」だ。受賞理由は、「芸人仲間から『コントローラ投げたくなる時とかないですか?』と聞かれるんですけど、そういう気持ちになることは一切ない、ゲームだったら何でも面白い、ということで選びました。」と有野課長。ゲームセンターCXを見ている人ならわかると思うが、魔界村は番組内での挑戦で16時間をかけて1周クリアし、エンディングかと思ったら1面からもう1周しなければならないことが判明し、「これ以上やったらゲーム嫌いになる!」とまで言わしめたソフトだ。選択理由も含め、さすが有野課長といった感じだ。

 授賞式には魔界村の初代プロデューサーである藤原得郎氏が登場し、「有野さんに選んでいただいて大変光栄です。これからも苦しんでもらうようなソフトを作っていきたいと思います。」と語っていた。

画像 審査員特別賞「魔界村」の初代プロデューサー、藤原徳郎氏。プレイをギブアップした有野課長から「ゲームは好きだけど作ったヤツは嫌い」と、ある意味最高の賛辞をもらっていた
画像 ファミコン版魔界村は、“大人の事情”でアーケード版よりも難易度が高かったそうだ

 続いては、「ゲーム秘宝館・殿堂入りゲーム」だ。こちらは、一般投票の上位4作品の中から審査委員の選考により選出された。ノミネートされた4作品は、タイトー「たけしの挑戦状」、アイレム「スペランカー」、ハドソン「高橋名人の冒険島」、カプコン「魔界村」。その中から選出されたのは「たけしの挑戦状」。当然、発表と同時に会場は笑いに包まれたが、誰が見ても当然の受賞と言っていいだろう。

 トロフィーを受け取ったタイトーのプロモーションチームディレクター、豊田巧氏も「この手の賞は全て負けたことはありません(笑)」と語り、さらに笑いを誘っていた。ちなみに、プレゼンターはゲイムマンだ。しかし、マスク越しでも見るからに緊張した面持ちがわかるほどで、「『ぷっ』すま」の汚名返上は……!?

画像 「ゲーム秘宝館・殿堂入りゲーム」は、やっぱりこのタイトル「たけしの挑戦状」だった。もはや誰の異論もないはずだ
画像 プレゼンターのゲイムマン。がちがちに緊張していたのが痛いほど伝わってきたが、しゃべるたびにキッズコーナーからの妨害が入っていたのは、笑いの神が降りてきた証拠か!?

 最後に発表されたのは、「レトロゲーム・アワード2007 大賞」だ。こちらは、まず投票の結果上位5作品に優秀賞が与えられ、1位に大賞が与えられるという形であった。優秀賞を受賞した5作品は、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」および「ドラゴンクエスト II 悪霊の神々」、アイレムの「スペランカー」、任天堂の「ゼルダの伝説」および「スーパーマリオブラザーズ」。

 そして、大賞を受賞したのは「スーパーマリオブラザーズ」であった。しかも、授賞式には任天堂の宮本茂氏が登場し、有野課長からトロフィーを受け取った。宮本氏の登場は事前に伝えられていなかったこともあり、宮本氏登場とともに会場からは大きな歓声が上がった。「一般の投票で選んでいただいたということですごくうれしいです。だから自分で(賞を)受け取りに来ました。」と宮本氏。おそらくこれは宮本氏の本音だと思うが、やはりユーザーに支持されるというのは、ゲームクリエイターにとって何にも勝る栄誉なのだろう。

 その後、壇上にはファミコン本体が運ばれ、宮本氏自らスーパーマリオブラザーズをプレイするというおまけ付き。宮本氏のプレイはゆっくりかつ確実といった感じで、「スムーズなプレイではないですね」との有野課長の突っ込みにも動じず、しっかり1-1をクリアしていた。最後に宮本氏が、再度ユーザーに感謝しつつ壇を下り、授賞式は終了となった。

画像 「レトロゲーム・アワード2007 大賞」は「スーパーマリオブラザーズ」が受賞。壇上には、生みの親である任天堂の宮本茂氏が登場し、有野課長からトロフィーを受け取った
画像 ユーザーの投票で1位となって受賞したことを宮本氏は本当に喜んでいた
画像 宮本氏自らスーパーマリオをプレイ。有野課長に「スムーズなプレイじゃない」と突っ込まれながら、難なくWORLD1-1をクリアしていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  2. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/23/news012.jpg ママを後追いして号泣する赤ちゃんに、猫がまさかの行動を見せ…… あまりに尊い光景に「自分の子どもだと思ってるんですね」
  5. /nl/articles/2406/23/news017.jpg 抱っこで熟睡している赤ちゃん、ママの声が聞こえた瞬間……! 天使のような反応に泣けるほどの愛と幸せがつまっている
  6. /nl/articles/2406/04/news193.jpg リビングで“水のみ”使ってレタスを育てたら……? ぐんぐんと育ち大量に収穫する様子に「一生レタス買わなくていい」「やってみたい」の声
  7. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  8. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  9. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  10. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」