ニュース
» 2007年09月25日 16時32分 公開

エンディングは総勢18人で歌う新曲に――「サクラ大戦〜君あるがため〜」トークショウ東京ゲームショウ2007

セガブースで帝都花組から真宮寺さくら役の横山智佐さん、巴里花組からエリカ・フォンティーヌ役の日高のり子さん、紐育星組からジェミニ・サンライズ役の小林沙苗さんを迎えてのトークショウが実施。その模様をお伝えする。

[遠藤学,ITmedia]

 東京ゲームショウ2007のセガブースでは、2008年春に発売予定のニンテンドーDS用ソフト「ドラマチックダンジョン サクラ大戦〜君あるがため〜」(以下、サクラ大戦〜君あるがため〜)のステージが開催。帝都花組から真宮寺さくら役の横山智佐さん、巴里花組からエリカ・フォンティーヌ役の日高のり子さん、紐育星組からジェミニ・サンライズ役の小林沙苗さんを迎えてのトークショウが行われた。

photophotophoto (左から)横山智佐さん、日高のり子さん、小林沙苗さん

 まずは横山さんが「私たちは声を当てるのが仕事ですが、それよりも前に歌を歌ってくださいと言われたのがサクラ大戦です。緊張感の中から始まったことを覚えています。気合を入れて勇ましく歌っていたら“真宮寺さくらは大和撫子なので、もう少し柔らかい感じにしてください”と言われました」と当時を振り返れば、日高さんも「私も歌から収録したので、まさかエリカがあんなに天然ボケだとは思いませんでした。これまでも戦う役は演じてきたので、その集大成をサクラ大戦にぶつけようと臨んだのですが……ただ、格好いい『御旗のもとに』の後に『おはようボンジュール』を歌ったので、何かが違うとは感じていました」と続く。

 小林さんは「サクラ大戦V EPISODE 0 〜荒野のサムライ娘〜」があったため、先に音声を収録。「サクラ大戦シリーズをプレイしたことがなかったので、ほとんど何も分からずに、自分なりの解釈でジェミニの凛々しい感じやエネルギッシュなところを出していこうと演じました。サクラ大戦V EPISODE 0にはさくらとエリカも出演していますが、プレイして実際にそれを見た時にヤバいなと思いました。2人とも本当にヒロインという感じで、ジェミニも成長しなければならない、すごく大きなものを宿題とされているなと感じたんです」との思い出を語ってくれた。

photo

 今回のイベントでは、事前にファンから質問を募集。“一番印象に残っているセリフは?”との質問には、「多くの方に評判がよかったのは、ヤキモチを焼くセリフなのですが、私は“帝国華撃団花組、真宮寺さくらです”という自己紹介が気に入っていて、着ボイスとしても普段から使っています」(横山さん)、「セリフというか歌になりますが、おはようボンジュールですかね。歌う人によっては何でもないあの歌を、あれだけ楽しそうに歌えたということと、聞いた人に明るい気持ちになってもらえるので」(日高さん)、「“ジェミニ・サンライズ、参上つかまつり〜”というセリフです。“つかまつる”の間違いじゃないのと言われるんですが、この辺にジェミニらしさがあふれているというか、すごく気に入っています」と答えてくれた。


photo

 ちなみに3人はすでにサクラ大戦〜君あるがため〜をプレイしているそうで、その感想も語ってくれた。「普段はシューティングゲームを主にプレイしているので、ダンジョンRPGはあまりプレイしたことがありませんでした。根がビビりなもので、普通にハラハラドキドキしながら遊びました。相変わらず(神崎)すみれと(桐島)カンナはケンカをしますし、おなじみの上野公園や銀座の街も出てきます。ダンジョンRPGになったといっても、サクラ大戦であることに変わりはありません」(横山さん)、「大神さんが3人のキャラクターを引き連れていくことができます。武道館ライブに引き続き3華撃団が集結しているので、チビっ子チームを引き連れていくもよし、暴力チームを連れていくもよしです。もちろんヒロイン3人を連れていくこともできます。総勢18名なのですごいですよ」(日高さん)、「私はあまりゲームが得意ではないのですが、すごく遊びやすかったです。説明も分かりやすくて、楽しくプレイできました」(小林さん)


photophotophoto オールスター総出演で贈るサクラ大戦〜君あるがため〜

 ここでは日高さんが「武道館ライブでヒロイン3人はイっちゃてるチームと名付けられたのですが、その後にすみれに対して言った“イっちゃってませんか?”は、どうしても納得がいかなかった私によるアドリブです。ただこれが会場からも出演者からも大ウケで、それは絶対にそうだろう的な反応を得たのはうれしかったです」との裏話を披露。爆笑を誘っていた。

 最後にはサプライズとして、エンディング曲が18人そろって歌う新曲になることも発表された。横山さんは「声が聞き分けられるのか心配」と話していたが、日高さん曰く「愛があれば聞き分けられる」とのこと。サクラ大戦〜君あるがため〜の発売は2008年春とまだ先の話となるが、ファンにはまたひとつ楽しみが増えたと言えるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声