レトロゲーム・アワード受賞! 「スーパーマリオブラザーズ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

国内で681万本、世界で4024万本。現在でもWii・バーチャルコンソールでの、ダウンロード販売が絶好調。今回は、「レトロゲーム・アワード2007」で大賞を受賞した、「スーパーマリオブラザーズ」を取り上げます。

» 2007年10月30日 00時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

まさか宮本茂さんに会えるとは思わなかった

 9月22日、東京ゲームショウのイベントステージで行なわれた「レトロゲーム・アワード2007」にご来場くださった皆様、本当にありがとうございます。

 会場のキャパシティを超えるほど、多くのお客さんにお越しいただきました。見づらかった方、見られなかった方、どうもすみません。

 それにしても、まさか宮本茂さんが来てくださるとは思いませんでした。

 そもそも、ネット投票での獲得票数が圧倒的にトップだったので、「スーパーマリオブラザーズ」が大賞になることが先に決まっていたのです。でも任天堂の方が授賞式に来てくれるかどうか分からなかったので、台本には「任天堂の方が来ないバージョン」もあったのです。

 それが直前になって、まさかの宮本さんご本人登場決定。わたしもびっくりしました。

 (20年前の)最優秀新人賞の小島秀夫さんに、「魔界村」(カプコン)を制作された藤原得郎さん、そしてゲーム秘宝館・殿堂入りソフト(「たけしの挑戦状」)でもタイトーの豊田さんが登壇されて、思っていた以上に豪華なイベントになったのでした。

 わたしは、こんな大きなイベントに参加するのはもちろん初めてで、1週間前からお腹がゴロゴロ鳴るくらい緊張してました。当日は、自分では緊張は収まったと思ってたのですが、ITmedia +D Gamesの記事を読むと、痛々しいくらいアガってたようで。

 「20年前はゲームを表彰する制度がなかったじゃないですか。日本ゲーム大賞もなかったですし、その司会をしていた伊集院光さんが、まだ三遊亭楽大だった頃ですよ」と言おうと思ったら、いきなり「三遊亭楽大」から言っちゃって、その後しどろもどろになるような場面も確かにありましたが。

 さて今回取り上げるゲームは、大賞の「スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)です。

 「レトロゲーム・アワード2007」での宮本さんのコメントによると、当時任天堂では、自社ソフトの供給をROMカートリッジからディスクにすべて移行する計画で、ROMの集大成として作られたのが「スーパーマリオブラザーズ」だったそうです。

 また、このゲームの開発と同時に、ディスク用ソフト第1弾の「ゼルダの伝説」も開発されていたそうです。

 今とはゲームの開発体制が違うとはいえ、後々まで語り継がれる大作ソフト2本が、同時に同じスタッフの手で制作されていたというのは驚きです。

画像 東京ゲームショウ最終日、9月23日に撮った1枚。レトロゲーム・アワード2007が終わって、すっかり気が抜けた表情のゲイムマン
画像 ワールド1・エリア1の頭に出てくるクリボーは、多分世界一多くのプレイヤーにやっつけられた敵キャラクター
画像 ゴールした時点で、タイムの末尾が1、3、6だと、その数字と同じ数だけ花火が上がり、1発につき500点入る

ファミコンゲームの常識を変えた「スーパーマリオブラザーズ」

 「スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)は、1985年に発売されたアクションゲーム。ファミコン最大のヒット作で、国内だけでも681万本、海外を含めると4024万本という、とんでもない出荷本数を記録した。

 「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」で大活躍したマリオが主人公。マリオを操作し、敵を踏みつけたり、床下からパンチしたりして倒しながら右へと進み、さらわれたピーチ姫を救いに向かう。

 当時のファミコンでは、4ステージくらいでループするアクションゲームもまだ多かった。そんな頃に出た「スーパーマリオブラザーズ」は、8ワールド×4エリア、合計32ものステージで構成されている。

 しかも、ただステージ数が多いだけではなくて、各ステージが長く、そして内容が充実していた。地上、水中、空中、城の中など、ステージのバリエーションも豊富で、敵キャラクターも個性に富んでいた。

 これだけ濃い内容なのに、データ容量はわずか320キロビット、つまり40キロバイトということに驚く。今の携帯電話のゲームだって、短いものでも150キロバイトくらいはある。

画像 水中ステージでは、マリオはAボタンで上昇、何もしないとゆっくり下降していく。敵はファイアボールでのみ倒せる
画像 空中ステージでは足場に注意。画面の外に落ちてしまうと、スーパーマリオでもファイアマリオでも即座に残り人数が減る
画像 城内ではバブルやファイアバーに加え、落ちたら一発アウトの穴や溶岩も多く、高度なテクニックが要求される

 「スーパーマリオブラザーズ」のヒットにより、その後のファミコンゲームの内容は大きく変化した。短いステージが繰り返される、エンディングのないゲームは影を潜め、ステージ数の多さと長さを売りにしたゲームが、多数登場するようになる。

(翌1986年の、ディスクシステムの出現で、使えるデータ量が増大したことも影響している)

 でもそれらのゲームの中には、ただステージ数が多いだけとか、ただ各ステージが長いだけというゲームもいくつかあった。

 さらに、長い上に途中のデータセーブや、コンティニューができないアクションゲームが多かった。こういうゲームは、スーパーファミコンの時代まで存在した。高橋名人に「ゲームは1日1時間」と言われても、それではクリア不可能なゲームが多かったのだ。

画像 これが1-2にあるワープ土管。ワールド2〜4へワープできる。ちなみにゲームオーバーになっても、Aボタンを押しながらスタートボタンを押せば、そのワールドのエリア1から再開できる

 その点「スーパーマリオブラザーズ」では、ワープのできる土管を設けたことで、長時間プレイを強いられることを回避している。

 ワールド1のエリア2で、リフトから天井の上に乗り、まっすぐ進めばワープ土管出現。ワールド2〜4に移動できる。

 さらにワールド4のエリア2では、同じ方法でワールド5にワープできるし、隠しブロックを発見できれば、ワールド6〜8へのワープ土管にも行ける。

 つまり、1-1、1-2、4-1、4-2の4ステージだけプレイすれば、最後のワールド8まで進むことができるのだ(そこから先が大変ではあるけれど)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」