レトロゲーム・アワード受賞! 「スーパーマリオブラザーズ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

国内で681万本、世界で4024万本。現在でもWii・バーチャルコンソールでの、ダウンロード販売が絶好調。今回は、「レトロゲーム・アワード2007」で大賞を受賞した、「スーパーマリオブラザーズ」を取り上げます。

» 2007年10月30日 00時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

まさか宮本茂さんに会えるとは思わなかった

 9月22日、東京ゲームショウのイベントステージで行なわれた「レトロゲーム・アワード2007」にご来場くださった皆様、本当にありがとうございます。

 会場のキャパシティを超えるほど、多くのお客さんにお越しいただきました。見づらかった方、見られなかった方、どうもすみません。

 それにしても、まさか宮本茂さんが来てくださるとは思いませんでした。

 そもそも、ネット投票での獲得票数が圧倒的にトップだったので、「スーパーマリオブラザーズ」が大賞になることが先に決まっていたのです。でも任天堂の方が授賞式に来てくれるかどうか分からなかったので、台本には「任天堂の方が来ないバージョン」もあったのです。

 それが直前になって、まさかの宮本さんご本人登場決定。わたしもびっくりしました。

 (20年前の)最優秀新人賞の小島秀夫さんに、「魔界村」(カプコン)を制作された藤原得郎さん、そしてゲーム秘宝館・殿堂入りソフト(「たけしの挑戦状」)でもタイトーの豊田さんが登壇されて、思っていた以上に豪華なイベントになったのでした。

 わたしは、こんな大きなイベントに参加するのはもちろん初めてで、1週間前からお腹がゴロゴロ鳴るくらい緊張してました。当日は、自分では緊張は収まったと思ってたのですが、ITmedia +D Gamesの記事を読むと、痛々しいくらいアガってたようで。

 「20年前はゲームを表彰する制度がなかったじゃないですか。日本ゲーム大賞もなかったですし、その司会をしていた伊集院光さんが、まだ三遊亭楽大だった頃ですよ」と言おうと思ったら、いきなり「三遊亭楽大」から言っちゃって、その後しどろもどろになるような場面も確かにありましたが。

 さて今回取り上げるゲームは、大賞の「スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)です。

 「レトロゲーム・アワード2007」での宮本さんのコメントによると、当時任天堂では、自社ソフトの供給をROMカートリッジからディスクにすべて移行する計画で、ROMの集大成として作られたのが「スーパーマリオブラザーズ」だったそうです。

 また、このゲームの開発と同時に、ディスク用ソフト第1弾の「ゼルダの伝説」も開発されていたそうです。

 今とはゲームの開発体制が違うとはいえ、後々まで語り継がれる大作ソフト2本が、同時に同じスタッフの手で制作されていたというのは驚きです。

画像 東京ゲームショウ最終日、9月23日に撮った1枚。レトロゲーム・アワード2007が終わって、すっかり気が抜けた表情のゲイムマン
画像 ワールド1・エリア1の頭に出てくるクリボーは、多分世界一多くのプレイヤーにやっつけられた敵キャラクター
画像 ゴールした時点で、タイムの末尾が1、3、6だと、その数字と同じ数だけ花火が上がり、1発につき500点入る

ファミコンゲームの常識を変えた「スーパーマリオブラザーズ」

 「スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)は、1985年に発売されたアクションゲーム。ファミコン最大のヒット作で、国内だけでも681万本、海外を含めると4024万本という、とんでもない出荷本数を記録した。

 「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」で大活躍したマリオが主人公。マリオを操作し、敵を踏みつけたり、床下からパンチしたりして倒しながら右へと進み、さらわれたピーチ姫を救いに向かう。

 当時のファミコンでは、4ステージくらいでループするアクションゲームもまだ多かった。そんな頃に出た「スーパーマリオブラザーズ」は、8ワールド×4エリア、合計32ものステージで構成されている。

 しかも、ただステージ数が多いだけではなくて、各ステージが長く、そして内容が充実していた。地上、水中、空中、城の中など、ステージのバリエーションも豊富で、敵キャラクターも個性に富んでいた。

 これだけ濃い内容なのに、データ容量はわずか320キロビット、つまり40キロバイトということに驚く。今の携帯電話のゲームだって、短いものでも150キロバイトくらいはある。

画像 水中ステージでは、マリオはAボタンで上昇、何もしないとゆっくり下降していく。敵はファイアボールでのみ倒せる
画像 空中ステージでは足場に注意。画面の外に落ちてしまうと、スーパーマリオでもファイアマリオでも即座に残り人数が減る
画像 城内ではバブルやファイアバーに加え、落ちたら一発アウトの穴や溶岩も多く、高度なテクニックが要求される

 「スーパーマリオブラザーズ」のヒットにより、その後のファミコンゲームの内容は大きく変化した。短いステージが繰り返される、エンディングのないゲームは影を潜め、ステージ数の多さと長さを売りにしたゲームが、多数登場するようになる。

(翌1986年の、ディスクシステムの出現で、使えるデータ量が増大したことも影響している)

 でもそれらのゲームの中には、ただステージ数が多いだけとか、ただ各ステージが長いだけというゲームもいくつかあった。

 さらに、長い上に途中のデータセーブや、コンティニューができないアクションゲームが多かった。こういうゲームは、スーパーファミコンの時代まで存在した。高橋名人に「ゲームは1日1時間」と言われても、それではクリア不可能なゲームが多かったのだ。

画像 これが1-2にあるワープ土管。ワールド2〜4へワープできる。ちなみにゲームオーバーになっても、Aボタンを押しながらスタートボタンを押せば、そのワールドのエリア1から再開できる

 その点「スーパーマリオブラザーズ」では、ワープのできる土管を設けたことで、長時間プレイを強いられることを回避している。

 ワールド1のエリア2で、リフトから天井の上に乗り、まっすぐ進めばワープ土管出現。ワールド2〜4に移動できる。

 さらにワールド4のエリア2では、同じ方法でワールド5にワープできるし、隠しブロックを発見できれば、ワールド6〜8へのワープ土管にも行ける。

 つまり、1-1、1-2、4-1、4-2の4ステージだけプレイすれば、最後のワールド8まで進むことができるのだ(そこから先が大変ではあるけれど)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評