レビュー
» 2007年11月05日 00時00分 公開

旅行する時間がないので、「PGR4」で世界一周気分を味わってみた(2/3 ページ)

[板橋舟人,ITmedia]

ロシア〜中国方面をドライビング――見たことある景色が広がる

 アメリカから場所を移し、訪れたのはロシアのサンクトペテルブルグ。レニングラード州にあり、かつてはレニングラードという名称であった。本作では、ネヴァ河周辺の街並みがコースとして収録されている。宮殿風の建物が数多く建ち並ぶその街並みは、いたるところからその歴史を感じ取れるだろう。

 サンクトペテルブルクで有名なのは、エルミタージュ美術館であろう。かつてロシア皇帝の住居として数々の歴史を紡いできた壮大なる冬宮殿は、本作でも細部まで緻密に再現されている。

壮大な外観のエルミタージュ美術館。建物上部の彫像までリアルに再現
美術館付近のネヴァ川。ここからの景観もかなり美しい

 次は、中国の都市である上海へと足を運ぶ。本作で収録されているのは、上海随一の観光スポットとして知られている黄浦地区だ。ネオンが大量にきらめくにぎやかな風景があるかと思えば、超高層ビルが建ち並ぶ街並みも見られたりと、最高の夜景を思う存分楽しめるコースだ。

上海コースは美しい夜景が楽しめる。ラスベガスとはまたひと味異なる、雑多な雰囲気が魅力だ
上海でなぜか吉野家を発見。アメリカだけでなく、アジア地域にも出店していたようだ

 中国からは、もう1つ都市が収録されている。香港の近くにあるマカオだ。1999年までポルトガルの植民地であり、さらに東南アジアに近いからか、中国よりは南国のイメージが強い。

 近年のマカオといえば、リスボアカジノが有名だろう。コースを走っていると、王冠のような特徴的な看板を目にすることができるだろう。コースは湾岸部の都市で、海を眺めつつ直線を思いっきりかっ飛ばすのは大変気持ちが良い。潮風まで感じられるかのようだ。ちょっと離れれば超高層ビルが建ち並ぶ場所もあり、メリハリが効いた景色を楽しめる。

これがリスボアカジノ。マカオコースは昼のみ収録されているが、きっと夜景も美しいことだろう
マカオは湾岸の景観が楽しめるのが魅力。沿岸に立ち並ぶ高層ビルがカッコイイ

最後は欧州でシメ!――家にいながら世界一周!

 次は、霧の都ロンドンへと足を伸ばしてみた。ロンドンは言わずと知れたイギリスの首都。“霧の都”という愛称の通り、冬場は霧が発生しやすいようだ。ただし“霧の都”と呼ばれたのは、本来は産業革命時代の石炭によるスモッグによって揶揄された表現らしい。

 本作では、バッキンガム宮殿付近がコースとして収録されている。宮殿付近、セントジェームスパーク横の並木道は非常に景観が美しく、リッチな気分でドライブを楽しめるだろう。バッキンガム宮殿から一番遠い場所では、昨年まで世界一大きい観覧車だったロンドン・アイを拝むことができる。

かの有名なバッキンガム宮殿。濃霧でちょっと視界が悪いが、奥に建物が見えるのがわかるだろうか
昨年まで世界一巨大な観覧車だった、ロンドン・アイ。真下まで行けないのがちょっと残念?

 ロンドンの次は、ドイツに訪れてみた。といっても都市ではなく、かの有名なニュルブルクリンクサーキットである。本作では、F1で有名な南コースと、24時間耐久レースが行われている北コースの、両方が収録されている。

 普通に走るだけではなんなので、筆者も24時間……とまではいかない、24分耐久レースを試してみた。北コースは大体8分前後で1周できるので、3ラップのレースを楽しむのだ。

 というわけでサーキットを訪れてみたのだが、なんと天候は雪! コースには雪が降り積もり、視界もかなり悪い。ひとまずスタート、直線では300km/hほどで走れるのだが、ちょっとハンドルを切っただけで大きく滑り、大クラッシュしてしまった。普通のカーブも、晴れているときには考えられないほどツルツル滑るため、予想以上に安全運転を行わないとすぐに事故ってしまう。

積雪だけでなく、空中を舞う雪が見えるだろうか。静止画だとさほど目立たないが、動画での臨場感は特筆すべき完成度
雪道は、とにかく止まらず、滑りまくり。クラッシュした回数は数えきれず……。予想以上に安全運転をする必要がある

 というわけで途中からまったり走っていたのだが、そのおかげで(?)景色を楽しむ余裕が出てきた。サーキットの周囲には森が生い茂っており、夏でも非常に美しい場所なのだが、冬になるとまた違った表情を楽しめる。うっすらと雪が積もる木々を眺めながら、自然はいいなあ、なんてちょっとイヤされたりしました。ちなみにクラッシュしまくったため、クルマはフルボッコ。

夏とはまたひと味違う魅力がある、冬のニュルブルクリンク。タイムアタックが熱いコースだが、たまにはまったり走るのもいいものだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」