レビュー
» 2007年11月05日 00時00分 公開

旅行する時間がないので、「PGR4」で世界一周気分を味わってみた(3/3 ページ)

[板橋舟人,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

リアルな街並みと多彩な天候を楽しめるのがキーポイント

 というわけで、本作に収録されているコースをちょっと変わった角度から紹介してきたのだが、いかがだっただろうか。レースゲームのコース紹介はどうしてもコースの構成に目がいきがちだが、本作は景色の作り込みが尋常ではなく、しかも実在の都市がモデルになっているため、こういった楽しみ方もできるのだ。

 加えて、本作の目玉である“天候を変更できる機能”にも注目したい。雪のニュルブルクリンクという景観は珍しく、さらにそこでレースを行えるのは、本作ならではの楽しみ方であろう。天候によって景観がガラッと変わるため、同じ都市でも色々な表情を楽しめるのは斬新だ。路面の状況が変わると、クルマの挙動も大きく変わるため、異なる走りを楽しめるのも大きな魅力だろう。

天候を“雷雨”にすると、こんな感じに。雪ほどではないが、路面が滑りやすいため、結構スリップしてしまう
こちらは天候を“アイス”にした状態。路面がアイスバーンになっており、やっぱり滑りやすい

 それにしても、本作の映像は本当に素晴らしい。街並みの緻密さはモチロンのこと、天候が変わるだけで、こうも都市の表情が変わるのかと驚かされる。雪も、一粒一粒がフワッと舞うその様を体感でき、本当に雪景色の中を走っている気分を満喫できるのだ。

 ちなみに本作には、今回紹介した以外に、MICHELIN TEST TRACKという架空のサーキットと、東京の新宿コースが収録されている。MICHELIN TEST TRACKは架空のものであるという理由で、また新宿は前作でさんざん紹介されたという理由から、今回は割愛させてもらった。あと筆者がいつも見れるからいまさらってことで……。

ちょっとお茶目な“実績”も――チキンと呼ばれると見境いがなくなる?

 さて、Xbox 360には「実績」というシステムが搭載されている。各ゲームごとに目標が設定されており、達成したらポイントをゲットできる、というものだ。全体的にはやり込み系の内容が多いのだが、本作の実績には非常にユニークなモノがあったので紹介したい。

 その実績は、「3CZV657」というモノだ。解除条件は「DMC-12で、落雷の瞬間に時速88マイルで走行する」こと。DMC-12は知らないが、このクルマの愛称である「デロリアン」は聞いたことがある、という人は多いのではないか。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場した、あのクルマなのである。

 もう、実績解除の条件の意味もお分かりだろう。そう、この実績は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」1作目をネタにしたパロディなのだ。ちなみに実績名の「3CZV657」は、映画に登場したデロリアンのナンバーである。芸が細かい。

 本作には、これ以外にも映画をネタにした実績がいくつかある。やり込み系も良いが、こういったジョークがきいた実績もなかなかイカしていると思うのだが、いかがであろうか。

完成度は高い良作だが……

 前作「PGR 3」は意欲作であった。「PGR 2」より大幅に進化した映像、オンラインでレースを観戦できる「Gotham TV」機能、都市上の好きなルートをコースに設定できる「ルートクリエイター」など新機能が満載で、非常にワクワクさせられたものだ。シリーズで初めて、ランボルギーニ社の車種が収録されたのも大きな話題を呼んだ。だが、実際のレース画面は予想ほどキレイでなかったり、ロード時間が非常に長いなど、欠点も多い。筆者は猛烈に長いロード時間に耐えられず、残念ながらあまり遊ばなかった記憶がある。

 本作では、それらの欠点がすべて改良されており、非常に遊びやすくなっている。ロード時間はまだちょっと長いけれど、全然許容できる範囲だ。ゲームボリュームも増えており、完成度は非常に高い。

バイクも天候も悪くないのだが、ウリとしてはちょっとアピール度が低い。つまり前作との差別化がイマイチわかりにくいのだ

 では何が問題かというと、新機能である「バイクの参戦」および「天候の変化」が非常に地味であることだ。なんというか、「PGR 3」発売前に感じられたあのワクワク感が感じられないのである。「実在の都市で、最高級のスポーツカーに乗って、格好良く運転する」という「PGR」シリーズのコンセプトからも、これらの新機能はちょっとズレている気がする。が、これはあくまでも個人の感想。バイク好きにはやっぱり感慨深いものだろう。

 ちなみに、開発元であるビザーレクリエイションは、つい最近アクティビジョンに買収されてしまった。ビザーレ製の「PGR」シリーズは、もしかしたら本作が最後になってしまうかもしれない。もし次回作があるのであれば、もっとクールで派手な新機能を追加してもらいたいところだ。

「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」
対応機種Xbox 360
ジャンルレーシング
発売日2007年10月11日
価格(税込)7140円
プレイ人数1〜2人(Xbox LIVE プレイ人数:2〜8人)
(C) 2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. Developed by Bizarre Creations Limited.
(C) Bizarre Creations Limited 2007. All rights reserved.
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」