Wiiリモコンで自在に味方を動かせる! Wiiの「ウイイレ」はひと味違う「ウイニングイレブン プレーメーカー 2008」レビュー(1/3 ページ)

Wiiで「ウイニングイレブン」シリーズの新作「ウイニングイレブン プレーメーカー 2008」が出ましたよ。「ウイイレ」に興味がある人は読んでくれると思うので、「ウイイレ」をやったことがない人、「ウイイレ」って何?っていう人、そんな人にこそ読んでほしいと思うのです。そんな「ウイイレ」なんです、本作は。

» 2008年03月04日 10時42分 公開
[仗桐安,ITmedia]

にわかサッカーファンの筆者が、Wiiの「ウイイレ」を遊んでみました

画像

 KONAMIの「ウイニングイレブン」(以下、ウイイレ)シリーズは、スポーツゲームファンにはおなじみの人気サッカーゲームだ。その「ウイニングイレブン」シリーズの新作「ウイニングイレブン プレーメーカー 2008」は、Wiiリモコンとヌンチャクを駆使した操作システムが斬新なタイトルだ。

 初代「ウイイレ」は、1995年にプレイステーション用ソフトとして発売された「Jリーグ実況ウイニングイレブン」。その後プレイステーションからプレイステーション 2へプラットフォームを移し、さらに近年に至ってはゲームボーイアドバンス、PSP、ニンテンドーゲームキューブ、ニンテンドーDS、Xbox 360、プレイステーション 3、PCなど、さまざまなハードでリリースされ、13年の長きに渡って愛されてきたシリーズだ。そんな「ウイイレ」のWii初めてのタイトルが本作なのだ。

画像 本作プレイ中の実況はもちろんジョン・カビラさん。そして解説は北澤豪さんだ。適材適所な実況とコメントにプレイも盛り上がる(もちろん実況・解説はオフにもできる)

 さて。筆者はと言うと、小学生のときに「キャプテン翼」の影響で地元のサッカー少年団に入ってはいたものの(って世代がバレますな……)、その後熱狂的なサッカー小僧になるわけでもなく、球があればける、たまに誘われてちょっとサッカーしてはひぃひぃ息を切らす、くらいのライトな距離でサッカーとつきあってきた人間だ。テレビ観戦も、日本代表戦を観るくらいだし、「ウイイレ」もプレイしたことはあるが、世の中でサッカーが盛り上がっていた年に、その時出ていたものを買ってプレイした、というくらいの、本っっっ当にライトな“にわか”と言われてもしょうがないほどの一般市民レベルな人間なのである。ただ、スポーツゲームは全般的に好きだし、ゲームの面白さにはシビアなつもりだ。そんな筆者の目からWiiで誕生した新しい「ウイイレ」について実況・解説(?)をしてみようと思う。

Wiiリモコンとヌンチャクが生み出す、新しいサッカーゲームの世界

 本作は「ウイイレ」にあって「ウイイレ」にあらず! と、のっけから妙なことを高らかに宣言してしまおう。

 従来の「ウイイレ」と本作は明らかに違うゲームだと言っていいほどに操作体系が全く異なる。今までの「ウイイレ」はもちろん従来のコントローラによるボタン操作だったわけだが、本作ではWiiリモコンを徹底的に活用する。とにかくWiiリモコンのポインティング機能なくしてはプレイが成立しないのだ。

画像画像 オープニングムービーのワンシーンからも、Wiiリモコンとヌンチャクによる新しい操作が売りだというのがうかがい知れる

 従来の「ウイイレ」ではAIによって各キャラが動くため、突き詰めていくと「AIで思い通りに選手が動いてくれない」、「パスしたい選手にパスが出せない」というもどかしさが少なからずあったはずだ。それに対して本作では、試合進行中に選手1人1人に直接命令を下しているような操作システムが採用されている。

 本作ではWiiリモコン+ヌンチャクのスタイルでプレイすることになる。攻撃時にはボールを持った味方選手をポイントしてAボタンでドリブル、パスを出したい味方選手をポイントしてBボタンでパス、敵陣でヌンチャクを振ればシュート(Wiiリモコンを振ればループシュート)だ。

 守備時にはボールを持っている相手選手をポイントしてAボタンを押せばプレス、プレス状態でヌンチャクのZボタンを押しながらヌンチャクを振ればスライディング、ボールを持っていない相手選手をポイントしてAボタンを押せばマンマーク、自陣で味方選手がボールを持っている時にヌンチャクを振ればクリア(ボールを敵陣に向けて大きくける)が可能だ。

 これらの基本操作に加えてスロードリブル、フェイント、弾道指定パス、パス&ゴー、パス警戒、オフサイドトラップなど多彩な動きがWiiリモコンとヌンチャクのみで実現する。複雑なようにも思えるが、ボタンに関しては基本的にB、A、Z(たまにコントロールスティック)しか使わないし、チュートリアルに段階があり、徐々に操作を覚えていけるようになっているので、ちゃんと取り組めば操作方法を習得できるはずだ。

画像 何事もまずポイントするところから始まる。選手をポイントして自在に動かせるようになると、がぜん楽しくなってくる
画像 敵陣ゴール前では緊張がみなぎる。ヌンチャクを振ってシュートを決めよう

 文章で説明しても伝わりにくいところだが、ポイントで各選手を操作するシステムは、まさに本作の副題にあるように“プレー”を“メーク”しているような感覚。操作そのものが直感的でいまだかつてないものなので、最初は操作しているだけでも楽しく感じるかもしれない。やがて色々と慣れてきて選手を自在に動かせるようになってくると、それもまた楽しい。より上級テクニックを身につけることで、さらなる奥深い戦略的なプレイや駆け引きも可能になっていく。選手をフリーランさせることができたり、自由にパスを組んで自陣ゴール前から敵陣へのシュートまでつなげていく感覚は、従来の「ウイイレ」にはなかった新しい要素だと言っていい。

 本作の操作は、従来の「ウイイレ」ファンよりもむしろ、全く先入観のない初心者プレイヤーの方がすんなり受け入れるのではないだろうか。「ウイイレ」であって、今までの「ウイイレ」とは全く違う操作なので、根強いファンであればあるほど「これが『ウイイレ』?」と困惑するかもしれない。筆者としては2年ぶりの「ウイイレ」だったわけだが、全く別のゲームだという印象を受けた。それでいて、従来の「ウイイレ」と比べてどうこう、というわけではないが、本作の操作は本当に新鮮で楽しいものだった。特に操作に慣れてきた中盤以降はやめどきが見つからなくなるくらいに連戦してしまったこともあった。

画像 ちょっとしたポイントのぶれがミスにつながることもある

 他ハードでの「ウイイレ」はまた別の方向に進んでいくことと思うが、Wiiでの「ウイイレ」は初作品にしていきなりWiiでの正解を引き当ててしまったかのようだ。この路線でのさらなる進化を期待したい。ただプレイしていて気になったのは、常にWiiリモコンによるポインティングを意識していなければならないので、右腕が少々疲れるということ。これはプレイヤーそれぞれが工夫して楽にできるようにしているかもしれないが(筆者としてはなるべく低い位置でポイントできるようにセンサーバーの位置を低くしてみたりした)、従来のコントローラ操作と比べれば、明らかに腕への負担はある。そんなに大きな問題ではないが、長時間の連戦時には少し休憩を入れるなど、各自の配慮は必要だろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」