ニュース
» 2008年05月16日 15時06分 公開

日々是遊戯:連打ブーム再来なるか? ちょっと気になる携帯液晶ゲーム「レンダッシュ!!」

ボタン連打で、10種類のスポーツ競技が楽しめる携帯液晶ゲーム「レンダッシュ!!」が5月16日(金)、メディアファクトリーより発売となった。かつて連打に情熱を燃やしたファミコン世代としては、ちょっと気になる商品だ。

[池谷勇人,ITmedia]

懐かしの「連打」文化に思いを馳せつつ

 メディアファクトリーから5月16日(金)に発売された、携帯液晶ゲーム「レンダッシュ!!」が面白そうだ。その名のとおり、ボタン連打で全10種類のスポーツ競技が楽しめるというものなのだが、かつて「ハイパーオリンピック」や「シュウォッチ」などの連打に命を削ったファミコン世代としては、なかなか気になる商品である。

 収録されている競技は、100メートル走、ハードル、水泳100メートル、マラソン、400メートルリレー、水泳400メートルメドレー、ハンマー投げ、幅跳び、ヤリ投げ、高跳びの全10種類。商品にはタイプAとタイプBの2種類があり、それぞれこの中から8競技が収録される形となる(ハンマー投げ・幅跳びはタイプAのみ、ヤリ投げ・高跳びはタイプBのみ収録)。各競技は連打とタイミングが命で、記録によってさまざまなキャラクターやアイテムを入手できるなど、アイテム収集の要素も楽しめる模様。赤外線通信により、対戦プレーやコンビプレーも可能とのことなので、家族や友達と遊んでも面白そうだ。

 思えばファミコン時代には、「連打力」と言えばゲームのうまさを表すひとつの重要なステータスだった。いつしか「連打」はゲームの表舞台から姿を消してしまったが、努力の結果磨かれた、自分自身の能力がそのままゲームに反映される――という仕組みは、今思うとかなり画期的だったような気がする。だからこそ高橋名人のようなスターも生まれたし、みんな競い合って「連打力」を争ったのだ。

 価格は2480円(税込)と少々お高めだが、そんな「連打」文化を風化させないためにも、お店で見かけた際にはぜひ手にとってみてほしい。

関連キーワード

ファミコン | 高橋名人


(C)2008 MEDIA FACTORY


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒