連載
» 2008年05月19日 14時52分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:出世指南のシリアスゲーム「太閤立志伝」 (2/5)

[ゲイムマン,ITmedia]

墨俣一夜城の築城

 信長は、斎藤龍興と戦端を開くにあたり、その拠点として墨俣の地に城を築こうとした。まず柴田勝家に築城させるが、斎藤軍の攻撃に遭って失敗。信長が、次に誰かいないかと呼びかけたときに選択肢が出るので、ここで名乗りを上げれば、藤吉郎が築城を任される。

 さて任されたはいいが、どうすれば斎藤軍の攻撃を防ぎながら城を築けるかが分からない。そこで前田利家の助言に従い、稲葉山の町にいた蜂須賀正勝の協力を仰ぐことにした。

 ゲームでは、この築城にかかる時間は運次第で、時間がかかると斎藤側の軍勢に攻撃されてしまう。だがうまく撃退すると、秀吉の戦術レベルが上がるので、今後の剣術訓練が楽になる。

 首尾よく墨俣築城に成功すれば、信頼値も一気に上がる。

画像 藤吉郎は、織田家の家臣に取り立てることを条件に、蜂須賀正勝の協力を取りつける
画像 見事、墨俣の築城に成功。高台から城をながめる藤吉郎と正勝

 清洲城に続いて、墨俣城にも行ってみた。JR岐阜駅前からバスに乗って、かなり渋滞にはまりながら進むこと30分余り。さらにバス停から歩くこと12分。墨俣一夜城に到着した。戦国時代の墨俣城より、はるかに立派な天守閣が建てられている。

画像 墨俣城は長良川と犀川の分岐点にある。川の流路は戦国時代とはかなり違うらしい

 景色がいい。周りは寺町で風情があるし、長良川沿いには桜の木が並ぶ。わたしが来たときにはまだ咲いていなかったが、見頃のときにはきれいだっただろう。天守閣の展望室からは、長良川の向こうに金華山が見え、山頂には岐阜城(かつて稲葉山城があった所)もかすかに見える。

 また城内では、前野家古文書(武功夜話)に基づいて、墨俣築城の概要や、秀吉の生涯が解説されている。

 “豊臣秀吉が墨俣に一夜で城を築いた”という話は有名だが、古い時代の文書にそうした記述がなかったため(墨俣に砦があったこと自体は「信長公記」に記述がある)、現在では「史実ではなかっただろう」という見方が大勢を占める。前野家古文書は、「太閤立志伝」にも登場する前野長康の子孫に伝わったとされる書物だが、後世の地名が記されているなど、偽書ではないかとの疑いが強く持たれている。

 だが少なくとも、ゲーム「太閤立志伝」の中では、藤吉郎が短期間で墨俣に城を築き、それによって信長からの信頼を勝ち得たことは事実である。

情報収集しまくり

 墨俣築城後、藤吉郎が目付に昇進すると、軍馬購入、鉄砲購入、新田開発など、いろいろな仕事を担当することができる。

 軍馬購入では、町によって馬の値段が違い、また1つの町では必要な数が調達できないので、いくつもの町を回ることになる。遠くの町ほど値段が安いが、行くまでに時間がかかる。

 鉄砲購入は、鍛冶屋に発注して2カ月くらいで作ってもらうのが基本だが、商人と仲良くなればただちに多くの鉄砲を調達してくれる。大和の鍛冶屋と、堺の商人ミゲルスーザには、偽物を売りつけられるので注意(ミゲルスーザは仲良くなると、まれに本物を売ってくれる場合もある)。

 新田開発では、庄屋たちに伐採や耕作などの仕事を割り振るのだが、庄屋それぞれに得手不得手があり、しかも能力の高い庄屋は、藤吉郎の魅力が低いと働かない。成果を上げるのが難しい主命である。

画像 大和の鍛冶屋はこんな感じで、鉄砲に似たものをこしらえる。うっかり買うとひどい目に遭う
画像 新田開発では、庄屋たちの発言を参考にして、誰に何を任せるか決める

画像 普段はデータを見るために使う「情報コマンド」だが、情報収集の際は主命達成に不可欠なコマンドとなる

 藤吉郎が目付になったら、主命を果たし終えた後、その月の20日より前に信長に内謁すれば、新たな主命を受けることもできる。内容はある程度選べるのだが、“情報収集”がいい。これはどこかの大名に関するデータを調べてくるもので、その大名の城に近づいて情報コマンドを使えばいい。秀吉の能力が低くても実行できるので、序盤から成果が上げられる。

 城はできるだけ多く調べるのがいいが、全部調べなくてもある程度の評価は得られる。次の月の評定に間に合うように動けばいい。

 より万全を期すなら、大和の町にいる天海か、堺のフロイスか、厳島の安国寺恵瓊にお金を払って情報を聞く。さらに宿屋や酒場で旅人から情報を得ることもできるが、旅人がその大名の話をしてくれるとは限らない。

 あとは、相手の城に入って武将から噂を聞けば完璧。ただし捕まったり斬りかかられたりすることがあるので、武力が低いなら無理しない方がいい。徳川家や、この時点での浅井家のように、織田家と友好関係にある相手の城なら危険は少ない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた