出世指南のシリアスゲーム「太閤立志伝」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/5 ページ)

この連載ではたいがい昔のことばかり書いてますが、今回は一気に戦国時代まで飛んでみます。連載第60回は「太閤立志伝」(コーエー)。個人的に思い入れのあったゲームなんで、ゆかりの場所もあちこち回ってみました。

» 2008年05月19日 14時52分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
画像 豊臣秀吉の居城だった大阪城にて。今回は秀吉ゆかりの地を巡ってみた

 「信長の野望」や「三國志」は、シリアスゲームのはしりみたいなもので、組織を運営する上で大事な要素が盛り込まれている。生産力を上げなければ軍事力も上がらない、民の暮らしを良くして忠誠度を上げる、などなど。実際のビジネスシーンにおいても役に立ちそうなゲームであり、事実、社員教育に使った会社もあったらしい(参考:「電脳遊技考」山下章著、電波新聞社)。

 わたしも学生時代からハマった。これらのゲームをプレイした経験が、実生活で役に立ちそうだなと思いつつプレイしていたが、当時から始めていたライター業において、その経験はあまり役に立たなかった。

 主人公が最初から、組織の長だったからである。

 どちらのゲームも、組織を率いる人(編集長とか)にとっては大いに参考になるかもしれないが、駆け出しのライターが参考にできる要素は少ない。

 わたしは、「駆け出しの状態からのし上がっていくシミュレーションゲームがないかなあ」とずっと思っていた(当時PCに「斬〜陽炎の時代〜」(ウルフチーム)というゲームがあったが、まだ家庭用ゲーム機に移植されていなかった)。

 それから少し経った1992年。光栄(現・コーエー)が、“リコエイションゲーム”シリーズの一作として、豊臣秀吉を主人公にしたゲームを発売した。それが「太閤立志伝」である。

画像 オープニングデモの木下藤吉郎。「太閤立志伝」は彼に焦点を当てて戦国時代を描いた作品だ(画面はスーパーファミコン版)

 “リコエイションゲーム”とは、シミュレーションゲームにRPGの要素を取り入れたもので、1人の主人公が成長しながら、だんだん目的に近づいていく。1988年の「維新の嵐」に端を発し、「太閤立志伝」のほかに、「大航海時代」「伊忍道 打倒信長」「三國志英傑伝」なども登場した。

 「太閤立志伝」は、豊臣秀吉の人生をシミュレートしたゲーム。本能寺の変が起こってからは独立した大名となるが、それまではもっぱら織田信長の家中での出世を目指すことになる。

 このゲームの発売当時わたしは、連載を持っていた「ウォーロック」という雑誌が突然休刊になり、浪人状態だった。そこから新たな雑誌に“仕官”し、トップクラスのライターに成り上がるために、「太閤立志伝」は参考になるだろうと思ったのだ。

 しかしわたしは当時PCを持っていなかったので、初めてプレイした「太閤立志伝」は、翌1993年に発売されたスーパーファミコン版。わたしは「HiPPON SUPER!」で1回だけ記事を書いた後、「マイコンBASICマガジン」でお仕事をいただけるようになったばかり。より「太閤立志伝」ゲームスタート時の秀吉(木下藤吉郎)に近い立場となって、ゲームをプレイすることになった。

清洲城で雑務を積極的にこなす

画像 清洲城。朱塗りの橋や、枯山水の庭も印象的。名古屋から清洲・新清洲までは電車で10分くらい

 JR清洲駅、または名鉄新清洲駅から徒歩15分ほどの所に清洲城がある。すぐ近くを東海道線の線路が通るが駅がない。

 清洲城の天守閣は、1989年(平成元年)に復元された。木下藤吉郎がいた時代よりもう少し後、織田信雄(のぶかつ)が城主だった頃の姿を再現しているとされるが、当時の資料が少ないため、推測に基づく部分も多いようだ。高欄からは、名古屋駅(JRセントラルタワーズ)や、東海道線の電車、新幹線がよく見える。

 城内では、桶狭間に出陣する前、織田信長が敦盛を舞う場面が再現されている。

 「太閤立志伝」は1560年5月19日の、桶狭間の戦いから始まる。清洲城で敦盛を舞った織田信長は、わずか4千の軍勢で、田楽狭間に駐留していた今川義元の本隊に突撃。首尾よく義元を討ち果たし、清洲城に帰還した。

 ゲームの中で木下藤吉郎は、足軽頭として戦いに加わるが、ここではあまり活躍できない。本格的にゲームが始まるのは、今川家の脅威が去り、つかの間の平和が訪れた清洲城からとなる。


画像 桶狭間では野戦となるが、義元を討ち取られた今川軍の士気は急激に低下。織田軍に蹴散らされる
画像 月1回の評定では、積極的に具申して仕事をもらおう

 評定に参加する人々の中で、藤吉郎は一番の下っ端。ということで毎月、兵糧の売却を命じられる。誰でもできる仕事だからということだが、お米屋さんとの交渉次第で、成果に大きな差が現れる。

 まず、どこの町でも米の価格は同じなので、清洲城から最も近い、稲葉山の町の米屋へ行く。最初に買取価格が提示されるが、これでOKしてはいけない。もうちょっと高く買ってくれるよう、繰り返しお願いするのだ。途中で米屋が怒り出して、交渉不成立となることもあるが、いったん店を出てすぐ入れば、また最初から交渉が始まる。粘りに粘って、米2000石を金1000貫以上で買ってもらったら、得られる信頼値(信長から得られる信頼の度合)は大きくなる。

 このように、信長から与えられた「主命」をこなすと、その結果や主命の内容によって信頼値が上がる(失敗した場合は下がることも)。また、主命の種類によって、藤吉郎の能力値も増減する。物の売り買いではおもに内政能力が、情報収集や敵将調略では外交能力などが、合戦参加では武力や統率力が上がる。

 兵糧売却は2日か3日もあれば終わるので、次の評定までかなりの時間が余る。だからその余った時間で、藤吉郎の能力を上げることに努めるといい。町の馬屋で下働きすると、騎馬を扱う能力が上がることがある。鍛冶屋なら鉄砲を扱う能力だ。ただし、重労働なので体力が下がる。特に鍛冶屋の仕事はきつい。

 武力は、自分より武力の高い同僚に頼み、剣術の訓練をして鍛えるのが基本。一方的に攻撃されてしまうと効果がないので、藤吉郎より武力が少し高くて、戦術レベルが低めの相手に習うのが理想。

 そのほかの能力向上にはアイテムが必要となるので、収入の少ない今の段階では難しい。ただし前田利家は親友なので、築城レベルCまでは無料で教えてくれる。

 せっせと米売りに精を出し、少しずつだが信長の信頼を得て、足軽頭から物頭に出世した頃、藤吉郎に新たな転機が訪れる。

画像 米屋では、たとえ「商売の邪魔だ」と追い払われても、粘り強く交渉して兵糧を高く売ろう
画像 馬屋で働くと体力が減る。お金に余裕があったら、医者に体力を回復してもらえば繰り返し働ける
画像 個人戦や剣術訓練では、武力はもちろん、戦術レベル(実戦経験)や、持っている武器も影響する
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評