ニュース
» 2008年09月02日 16時45分 公開

実際、「PSP-3000」の液晶はどれくらいスゴいのか?日々是遊戯

8月にドイツで開催された「Game Convention 2008」にて電撃発表された、PSPの新バージョン「PSP-3000」。本体デザインをマイナーチャンジし、新たにマイク機能を標準で搭載。そして何より、液晶部分を大幅に改善し、さらなる高画質化を実現したとのことだが――?

[池谷勇人,ITmedia]

ひと目で「新型だ」と分かる発色のよさ

 すでにお伝えしたとおり、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)はさらなる高画質化を実現した新型PSP「PSP-3000」を、10月より日本・アジア・北米・欧州の各市場に向け順次発売する。

 今回の“新型”でもっとも大きな変更点となるのが、何と言っても液晶ディスプレイの改善だろう。詳細なスペック情報までは公開されていないが、SCEの発表によれば「携帯機器では最高クラスのコントラスト・応答速度・広色域を実現」し、また「反射低減技術の採用により、明るい場所でも画面が見やすく」なっているという。

 正直、これだけでは「なんとなくスゴいっぽいのは分かるけど、どれくらいスゴいのかよく分からん」という人も多いのではないだろうか。ということで、百聞は一見にしかず。SCEにお願いして実際に「PSP-3000」を見せていただいてきたので、まずは下の写真をご覧いただきたい。

上が「PSP-3000」、下が「PSP-2000」となっている。並べてみると、新型の方が明らかに肌色の発色がいい
トマトの赤色も、「PSP-3000」の方がより鮮やかに表示されているのが見て取れる
部屋を暗くしてみると、その違いは一目瞭然。こちらは左列が「PSP-3000」、右列が「PSP-2000」

 いずれもメモリースティック内に入れた画像ファイルを表示して比較したものだが、「PSP-2000」では今まで白っぽくつぶれてしまっていた“淡色”が、「PSP-3000」ではよりハッキリと表示されているのが分かるだろう。特に1枚目、人間の肌の色を見比べてみるとその違いは明らか。またトマトの赤色も、「PSP-3000」ではより本物に近い色となっており、まるで「ハメコミ合成」の広告写真を見ているかのような錯覚をおぼえるほどだ。

 では、応答速度についてはどうだろうか。応答速度というのは、動きのあるものを表示した際の“残像”の有無に影響する部分。こちらは写真でお届けできないのが残念だが、いくつかのゲームで確認してみたところ、一部のゲームではかなりの残像軽減効果が見られたことをお伝えしておきたい。

 例えば「LocoRoco」で画面をぐいっと傾けた時、「PSP-2000」では地面のフチがわずかに残像となって残っていたのに対し、「PSP-3000」ではこれがほとんどなくなっていた。おそらく2Dのゲーム、特に動きの速いアクションやシューティングゲームなどで、その効果はより強く実感できるのではないだろうか。一方で、「ファンタシースターポータブル」や「みんなのGOLFポータブル2」といった3Dベースのゲームではそれほど大きな違いは感じられなかった。

 得てしてこういう「改善しました!」は、実際に触ってみると「あれ、こんなもの?」と拍子抜けしがちなもの。しかし実際に見比べてみたところ、その性能は予想以上だったと言っていいだろう。我が家にはすでに2台PSPがあるのだが、本気で「3台目」を買おうか迷っているほどだ。

「PSP-2000」に比べて、若干ではあるが両端部分が丸みを帯びているのも特徴
従来あった「HOME」ボタンが「PS」ボタンに変更されている(機能は同じ)
スタート、セレクトなどのボタンは押下感がかなり改善され、はっきり押し込んだ感触が分かるように

「PSP-3000」ではプログレッシブ表示非対応のテレビにもゲーム画面を出力できるように
「PSP-2000」風の発色が好きな人は、「カラースペース」で設定可能
背面のシルバーリングはぐっと細くなり、全体的にスマートな印象に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる