ニュース
» 2008年09月22日 18時18分 公開

説得することが大事――「采配のゆくえ」

ニンテンドーDS用合戦アドベンチャーゲーム「采配のゆくえ」の“説得モード”を紹介。5人のキャラクター5人のビジュアルも!

[ITmedia]

 コーエーは、10月23日(木)に発売予定のニンテンドーDS用合戦アドベンチャーゲーム「采配のゆくえ」について、“説得モード”の詳細情報と、登場するキャラクター5名を新たに公開した。

 「采配のゆくえ」は、大きく分けて“戦略パート”と、“合戦パート”の2つのモードで進行するのだが、そのいずれかのパートにおいても武将の思惑を変える必要がある場合、“説得モード”へ移行する。説得モードでは、プレイヤーである石田三成と対象武将が1対1で、問答を繰り広げる。投げかけられる議論に対して、ストーリー中に集めた相手の言葉をアイテム化した「言ノ葉」や、状況に応じて出る選択肢を正しく選択することで、相手を説得していく。


説得中には、相手武将のエピソードが描かれることも

 説得モード中に、画面右上に表示される「五つの扇」は、説得相手の「聞く気」をあらわしている。間違った選択をすると、「扇」がひとつ減り、すべての「扇」がなくなると「説得失敗」となる。基本的に「説得」は何度失敗しても、再度チャレンジすることは可能だが、合戦パート中に「説得失敗」となると、「戦意」にペナルティを受けるので、残り「戦意」に注意する必要がある。

 また、ストーリーの中には、一度も「説得失敗」が許されない説得も存在する。説得に成功することで、相手の武将から新しい情報を引き出せたり、言うことを聞いてくれなかった味方武将が戦場での指示を受け付けるようになったりと、ストーリーの進行に影響を及ぼすわけだ。

 ゲーム中のほとんどの画面において、Rボタンを押すことで数々の“情報”を確認することができる。情報の中には、合戦の戦況を解決する上でのヒントが隠されているものも。情報には以下の3種類がある。

「人物」:ストーリーに関連する人物の情報を確認できる
「所持品」:ストーリー進行で手に入れた所持品を確認できる
「言ノ葉」:武将との会話などで手に入れた重要な言葉を確認できる

登場キャラクター紹介

歴戦の鬼島津――島津義弘(しまづよしひろ)
西軍の武将。数々の武勲を誇り、「鬼島津」と恐れられる名将。しかし、「関ヶ原の戦い」では、積極的に戦う様子を見せない
若き鬼――島津豊久(しまづとよひさ)
西軍武将・島津義弘の甥。実際に、島津隊の指揮をとっている。伯父・義弘に心酔し、その指示に従って、「関ヶ原の戦い」に参加している。石田三成を嫌っている様子
策士、暗躍――藤堂高虎(とうどうたかとら)
東軍の武将。謀略の才能と忍の扱いに長けた、知恵者として知られる。西軍に対して、さまざまな策をしかける

勇気凛々と――お勝の方(おかつのかた)
東軍に所属。徳川家康の妻。兵たちの戦意高揚のため、象徴として「関ヶ原の戦い」に参加したものの、勢いあまって戦場に飛び込んでいく。徳川家康命
良き友……いまは敵――田中吉政(たなかよしまさ)
東軍の武将。石田三成とは、旧知の仲。お人好しで、やや優柔不断なところがある。なぜか、徳川家康の妻・お勝の方に引きずり回されている

「采配のゆくえ」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル合戦アドベンチャー
発売予定日2008年10月23日
価格(税込)5040円
CEROA(全年齢対象)
(C)2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.