ニュース
» 2008年09月26日 23時55分 公開

レベルファイブ、ロボットに変形する新ハード発表?――「LEVEL5 VISION 2008」(1/3 ページ)

レベルファイブの日野氏は高らかに「ROID」と名付けられた新ハードのコントローラを掲げてみせる。でもこれ、なぜか変形しますよ……? 9月26日に国際フォーラムで開催された新作発表会には、7つの驚きが用意されていた。

[加藤亘,ITmedia]
レベルファイブの日野晃博氏は、新発表とは別に「白騎士物語」や「ドラゴンクエストIX」についても、完成に向けて着々と開発が進んでいると報告

 9月26日、東京千代田区にある国際フォーラムにおいてレベルファイブの新作発表会「LEVEL5 VISION 2008」が開催された。冒頭、挨拶に立った代表取締役社長の日野晃博氏は、レベルファイブ設立から10周年を迎えることができたことを感謝し、今回の「LEVEL5 VISION 2008」において、7つの驚きを用意したと自信を見せる。その中には、10周年記念タイトルとして前々から準備していたものもあると日野氏。そして、驚きの最後を締めくくるのが謎の変形する新ハード「ROID」の存在だった。

驚きその1:「レイトン教授」シリーズ

「レイトン教授と最後の時間旅行」の早期予約特典として、レイトン教授シリーズ3作のテーマ曲を収録した「レイトン教授メインテーマトリロジーディスク」が贈られる

 「LEVEL5 VISION 2008」は、基本的に日野氏を司会に、進行役として木佐彩子さんを迎えて行われた。最初に紹介されたのは、パブリッシャータイトルとして最初に発売し、人気となった「レイトン教授」シリーズの最新作「レイトン教授と最後の時間旅行」。11月27日に発売されることが発表され、新たにヒロイン・サリアス役に木村佳乃さんが、レイトンに相対するディミトリー役に上川隆也さんが声の出演をすると報告した。画面ではレイトン教授役の大泉洋さんやルーク少年役の堀北真希さん、ルーク青年役の小栗旬さんらのメッセージも上映。テーマ曲となったアン・サリーさんの「時間旅行」も公開された(ゲーム紹介記事はこちら)。

レイトン教授がなぜ帽子をかぶっているのかが明かされると大泉さん、そしてルークの少年時代と青年時代を演じる堀北さんと小栗さんからは最大級のナゾが待っていると期待感を膨らませてくれるコメントが送られた

天才科学者であり最大の強敵として立ちふさがるディミトリー役の上川さんと、キーパーソンとなるサリアス役を演じる木村さん、そしてカレリナ夫人役には橋本志穂さんが起用された

そのほかにも原口さんが3号役、小倉優子さんがナゾリーヌ役、アメリカザリガニの柳原哲也さんがナゾービー役、平井善之さんがボストロ役に抜てきされている

待受画像

 ちなみに、レイトン教授シリーズはモバイルでも展開する。まず10月6日より「レイトン教授モバイル」サイトがオープン。P906iにプリインストールしている、モバイル版「レイトン教授と不思議な町」がiモードメニューサイトでダウンロード可能なる。ほかにもナゾアプリ「ルーク少年のナゾブック」やシナリオアプリ「チェルミー警部の事件簿」などのオリジナルアプリも配信予定とのこと。「待受画像」や「きせかえツール」などのオリジナルケータイアイテムも予定している。


「レイトン教授と死鏡の館」

 さらに、モバイルオリジナルストーリーとなる「レイトン教授と死鏡の館」が10月28日よりモバゲータウンより配信されることも発表。「モバゲータウン」用に制作されたオリジナルストーリーが用意される。「レイトン教授と死鏡の館」では、死者と話すことができる不思議な鏡が置いてあるというある館で起こるナゾの怪事件を解決することになる。

 最後に日野氏は、以前発表されていた実写版のレイトン教授の映画化に加え、劇場版アニメの制作が決定したことも発表した。


モバイル版「レイトン教授と不思議な町」
もちろんオリジナル問題も収録される「レイトン教授と死鏡の館」

驚きその2:「ATAMANIA(アタマニア)」シリーズ

 すでにニンテンドーDSのひとつのビジネスモデルとして定着した感がある、いわゆる脳トレ系にレベルファイブも進出する。日野氏は、「レイトン教授」シリーズのナゾを選定するにあたり、ナゾ監修を務める多湖輝氏と打ち合わせている際、多くのナゾがレイトン教授では扱いづらいという場面に立ち会ったと語る。その多くのよくできたナゾたちをそのままにしておくのはもったいないと、手軽に遊べる「ATAMANIA(アタマニア)」シリーズを思い立ったのだそうだ。

 そこで、「ATAMANIA(アタマニア)」シリーズとしてニンテンドーDSで発売されるのが、質問をしながら解答を導き出すいわゆるラテラルシンキングパズルと呼ばれている新発想ストーリー「スローンとマクヘールの謎の物語」と、名作パズルの王様「多湖輝の頭の体操」だ。「多湖輝の頭の体操」は、全4集として販売される(ゲーム紹介記事はこちら)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」