大学からゲームメーカーへ――AI研究で広がるステキなゲームの世界とは?(前編)ゲームとアカデミーの素敵なカンケイ(第2回)(1/3 ページ)

「ゲームと学術界の素敵なカンケイ」第2回は、学界からゲーム業界に飛びこみ「ゲームAIの研究と実用」を志すフロム・ソフトウェアの三宅陽一郎氏をフォーカス。前編をお届けします。

» 2009年01月08日 19時42分 公開
[松井悠,ITmedia]

 第1回の記事掲載から時間が経ってしまったが、今回はフロム・ソフトウェア技術部で、ゲーム用AIの開発を行う三宅陽一郎氏にお話をうかがった。日本のゲーム業界ではまだ浸透していないデジタルゲームAI、さらなる進化が予見されるこの技術で、ゲームはどのように変わっていくのか。そして、次世代のゲームクリエーターたちにはどんなスキルが必要なのか。文末には、三宅氏の講演資料のリンクもついています。

プロフィール

三宅陽一郎

フロム・ソフトウェア技術部研究課所属。1975年、兵庫県生まれ。京都大学で数学を専攻、大阪大学で物理学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程(単位取得満期退学)。2004年株式会社フロム・ソフトウェア入社。ゲームにおける本格的な人工知能技術の応用を目指す。2005年、クロムハウンズ(Xbox 360)の製作に、AIの設計として参加。CEDEC2006「クロムハウンズにおける人工知能開発から見るゲームAIの展望 」、CEDEC2007「エージェント・アーキテクチャから作るゲームAI」を、AOGC2007において「人工知能が拓くオンラインゲームの可能性」を講演。


京都大学、大阪大学、東京大学、そしてゲーム業界へ

―― 三宅さんは日本のゲーム業界において、かなり異色の人材です。そもそもなぜ、大学で長い間研究を続けてゲーム業界に入ったのでしょうか。

三宅陽一郎氏(以下、敬称略) もともと、学部の京都大学では数学を専攻し、次に大阪大学の大学院(修士課程)に行って実験物理学を専攻して研究していました。それから東京大学の大学院(博士課程)に入って、工学の研究をしていました。その研究室自体は人工知能専門というわけではないのですが、自分で人工知能の研究をしたり論文を発表していました。そういった研究をしながら発想していた多数のアイデアを「ゲーム開発に生かせないか」と考えて、ゲーム業界を選んだことがきっかけになります。私はちょうどファミコン世代なのですが、一時期ゲームを止めていたのですが、プレイステーション 2ぐらいから本格的にプレイしました。ゲームをやりながら「こういうことができるんじゃないか」とい思いついたアイデアを、研究して来たことと組み合わせて膨らませていた想像を実現したかった、ということがもう一つの理由になります。

―― 日本のゲーム業界には博士号取得者が少ないというお話を聞きます。海外ではどうなのでしょうか。

三宅 日本のゲーム業界はあまり博士が来ません。私の知っている限りでも、それほど多くありません。その代わり、人材がとても幅広い。高校卒業から博士卒までさまざまな方がいますが、これまでは、いわゆる学術的な知識がそれほど必要とされてこなかった現場とも言えます。逆に欧米では少し前から修士号、博士号を持つ人が入ってきています。その人たちが、アメリカらしく専門的な知識を現場に導入して、ゲーム開発を創造し新しく基礎付けて行きました。それが、今の欧米ゲーム業界を支えています。欧米のゲーム開発が勢いがあったのは、そういう人達がゲーム制作に関わる根幹の部分を支えて勢いをつかせているおかげでもあります。

「デジタルゲームのAI」って何ですか?

―― それでは、そもそものお話で恐縮なのですが、人工知能(AI:artificial intelligence)の研究とは何をしているものなのでしょうか。

三宅 人工知能というのは1950年代から研究が開始された学問で、まだ50年そこそこの歴史しかないという若い分野です。例えば数学でしたら、2500年以上の歴史がありますし、物理学だと400年以上の歴史がありますが、人工知能はまだ50年ぐらいの歴史しかがありません。人工知能に必ずしもコンピュータが必要とは言えませんが、人工の歴史はコンピュータの発展と歩調を合わせて進んで来ました。

 一般に人工知能の研究は、現実世界で役に立つ人工知能……例えばロボットであったり、工場の生産ラインをどう管理するとか、インターネットの検索プログラムとか、理論自体は高度に抽象的であっても、現実の情報を処理出来るものを目指して研究されて来ました。そこで人工知能は、現実の問題を推論したり、工場の生産管理の計画をしたり、現実の中に置かれた機械として、人間に代わる人工的な知能が開発されてきたのです。

 ところが、コンピュータの発展とともに、1970年代から次第にデジタル世界の中に一つのインタラクティブなバーチャルワールド(仮想世界)を構築できるようになりました。その一つがデジタルゲーム(いわゆるテレビゲームやPCゲームなど)です。デジタルゲームのAIというのは、こういったバーチャルワールドの中で機能する知性なわけです。

 例えば、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)や対戦格闘ゲームなどはゲーム全体が一つのバーチャルワールドで構築されています。その空間の中のNPC(ノンプレイヤーキャラクター、AI制御のキャラクターのこと)には、バーチャルワールドで活動するための知性が埋め込まれています。これが、デジタルゲームAIの一例です。ああいったバーチャルワールドがゲームの中で実現できるようになったのはそれほどに昔のことではありません。デジタルゲームはまだ40年弱の歴史しか持っていません。デジタルゲームAIは、そういったバーチャルワールドの拡大(2Dから3D、3Dからネットワークへ)とともに、進化した来た分野と言えます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」