インタビュー
» 2009年01月08日 19時42分 公開

大学からゲームメーカーへ――AI研究で広がるステキなゲームの世界とは?(前編)ゲームとアカデミーの素敵なカンケイ(第2回)(2/3 ページ)

[松井悠,ITmedia]

 一つ、注意すべき点がありまして、人工知能の学術的研究では「ゲームAI」と言えば、ほとんどの場合、将棋やチェス、囲碁などボードゲーム上のAIをゲームAIを指します。ところが、「デジタルゲームのAI」はそういった「ゲームAI」とも異なる点を持ちます。

 やや詳細になって申し訳ないのですが、学術的な「ゲームAI」においては、「ゲームのルールが固定されていて、AIがプレイヤーの代わりである」ことが前提になっています。これは、「ゲームを打つ人間の代理」であって、学術的な人工知能の系譜の一つでもあります。しかし、「デジタルゲームのAI」は、2つの点で、そういった「ゲームAI」とは異なります。

 まず一点は「仮想空間の中の知性である」という点、もう一点は「AIがゲームの一部である」という点です。後者は何を言っているかと言うと、皆さんもゲームをすれば敵が出て来てやっつけるという体験をしたことがあるかと思いますが、ああ言った敵AIというのは、プレイヤーの代わりのAIではなくて、ゲーム世界の中にゲームデザインの要求に沿って配置されている「ゲームの一部としてのAI」なわけです。

 AIは囲碁や将棋などの「現実のプレイヤーの代理の知性」として存在するのではなく、敵忍者の動きであったり、巨大砲台が動作するためのアルゴリズムであったり、ゲームの仕組みそのものの一部として「デジタルゲームAI」が存在するわけです。格闘ゲームやスポーツゲームでコンピュータとの対戦AIがありますが、それはプレイヤーと同等の条件でなく、もっとゲームに溶け込んだ存在として人間を楽しませるために動作しています。デジタルゲーム製作では、ほとんどの場合、ゲーム製作の進行と並列して、そういった「デジタルゲームAI」をデザイン、実装していきます。

 このように、デジタルゲームのAIは、学術的な人工知能の系譜においても独立した分野であるとともに、また、これまで研究された来た学術としての「ゲームAI」からも独立した分野でもあります。この点については、人工知能分野の中でもきっちりと認識されていないので、、丁寧に時間をかけて、デジタルゲームAIが独立した分野であることを、はっきりと示して行く必要があります。

チェスや将棋、囲碁などは限定された条件下だが、昨今のデジタルゲームの場合は無数の状態が存在する

三宅 アプローチがそもそも異なっていることを理解する必要があります。学術の世界で「ゲームAI」という場合は、「ルールが確定したゲームを解く」ことが問題になります。そういった問題を解決するためのAIです。これは、ゲームを外側から見ているAIですね。しかし、デジタルゲームのAIは、ゲームそのものに含まれてしまっています。もちろん、ある格闘ゲームや戦略ゲームなどでは、プレイヤーに対する対戦者のAIを作ることもありますが、それも対戦としてのAIよりは、プレイヤーを楽しませるためのゲームの一部として作る場合が多いです。

 将棋や囲碁などのAIは長い時間をかけて学術的にも認められた分野になって来た歴史を持ちます。そういった分野は、現実という複雑過ぎる問題を解くには、まだあまりにも未熟なAIの試す場として、大きな役割を持っているのです。「デジタルゲームAI」というのは、まだ始まったばかりの分野とも言えます。研究分野として確立しているとは言い難い状況にあり、研究をしている研究室も数えるほどしかありません。そのため、デジタルゲームのAIの知識を大学で学ぶ機会は限られたものであります。

 これは日本の現状なんですが、アメリカでは少し違っています。この8年のことですが、バーチャル・リアリティーを研究していたMIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボのエージェント(仮想世界内の動物)の研究が端緒となって、キャラクターAIの一つの流れを形成して来ました。特に、この研究室がGDC2000(米のゲーム開発者会議)で発表した「C4 アーキテクチャ」という「エージェント・アーキテクチャ」(AIを作る枠組み)は、現在のFPSのキャラクターAIを基礎付ける重要な仕事でした。実は、そのラボ出身のゲーム開発者たちがXboxの人気FPSシリーズ「Halo」のAI、同じくFPS「F.E.A.R」のAIを作り上げて来ました。実はこれが今、最先端のデジタルゲームAIとなっています。そして、FPS分野に限らず、仮想空間内でリアルな知性を作ろうとする開発者には、「エージェント・アーキテクチャ」は必須の枠組みとなっているのです。これは、何も産学連携をしよう、と大きな試みがあったのではなくて、自然に、個人的な人材の移動によって学から産業へ技術がすっと入って来た例です。

 やはりアメリカでは「学術+産業」といった形でデジタルゲームAI技術が加速しつつある。デジタルゲームAIという分野が形成されつつあります。研究分野として認知され始めていますし、学会での講演や発表論文も幾つかあります。しかし、その流れが日本へは全く来ていません。それは、日本の作るゲームAIがそういった高度なAIを要求して来なかったからか、或いは、そういたったゲームAIの技術を単に知らないから、ゲームデザインが変化しなかったのか、どちらかを決めることはできませんが、何れにしろ、日米のゲームAIで、大きな差を作ってしまいました。

 また、日本のゲーム産業は基礎研究体制がなく、ゲームタイトルのための実働のスタッフを採用する傾向にありますから、うまく研究と結び付くことができなかったからかもしれません。

―― アメリカのエレクトロニックアーツが南カリフォルニア大学と協力してゲーム開発者を育て始めています。

三宅 そうですね。アメリカでも数年前までは大学で、それほどゲームコースがあったわけではありませんでしたが、情報系の新しい人気を集める学科として、さまざまな大学に徐々に設置され始め、今ではゲーム開発を学べるたくさんの大学のコースがあります。そういった学科をインターネットで探せば、たくさんの講義資料を見つけることができますし、ゲームAIの授業も見つけることが出来ます。驚くほど充実したゲームAIの過程もあります。また、そういった学科が出来ると同時に、アメリカではゲーム開発というのは、きちんと研究するに値するだけの広がりを持っていると認知され始めています。CG分野はかなり昔からそうでしたが、AI分野でもその兆しがあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」