レビュー
» 2009年01月19日 17時33分 公開

白騎士に変身するもよし、友人とクエストに行くもよし――PS3で王道RPGを「白騎士物語 古の鼓動」レビュー(1/3 ページ)

PS3に本格RPGが登場。レベルファイブが、新たに提示する王道RPG……それが「白騎士物語」だ。

[仗桐安,ITmedia]

ソニー・コンピュータエンタテインメントとレベルファイブによる新作RPGが登場

 プレイステーション 3が発売されてから2年が経つ。その間に数々のタイトルがリリースされてきたが、意外と、というか、残念なことに、RPGのタイトル数はけして多いとは言えない。PS3で発売された「ENCHANT ARM(エンチャント・アーム)」から数えて、現時点で10数タイトルしかRPGがないのだ。PS2では多くのRPGが発売されているだけに、RPG好きのPS3ユーザーは、多少物足りない思いをしているのではないだろうか。

 そんなRPGファンのために! と言っても過言ではなく、この冬にハードメーカーであるソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたのが「白騎士物語 古の鼓動」だ。本作の開発を手がけたのは、福岡県に拠点を置くレベルファイブ。古くはPS2の「ダーククラウド」、「ダーククロニクル」を開発し、のちに「ローグギャラクシー」など開発を担当したことで有名だ。最近では「レイトン教授」シリーズや「イナズマイレブン」など独自の人気タイトルをリリースしており、ゲーム業界で注目を集める会社のひとつだと言える。

いざ、白騎士の世界へ

 レベルファイブがPS3というハードでチャレンジした本作のジャンルは、“RPG”。しかも真っ直ぐストレートな王道のRPGだ。剣と魔法があり、王様がいてお姫様がいる。勇者がいて、魔物がいて、強大なラスボスがいる。広大な世界、冒険、物語がある。そんな誰もが思い描くザ・RPGな要素が本作にはちりばめられている。しかも本作はオンラインでのプレイも用意しており、友人や見知らぬ誰かと世界を共有できる。温故知新でもあり最先端でもある「白騎士物語」の世界をご紹介しよう。

自分の分身・アバターを作成して、冒険に備えよう

 本作には大きく分けてストーリーパートとライブパートがある。ストーリーパートはオフラインで物語を楽しみつつプレイするパートで、ライブパートはPlaystation Networkを利用してオンラインでのプレイを楽しめるパートだ。

 いずれにせよ、プレイヤーはまずアバターを作成する必要がある。アバターとは平たく言えばゲーム中での自分の分身のこと。ライブパートでのプレイを前提とした本作では、この世に1人しかいない自分の分身を作ることでライブパートの世界へと飛び立って行けるわけで、他の誰かにそのキャラを公開することになるわけで……つまりは、適当にではなく、しっかりと愛着の湧くビジュアルにしましょ! と筆者は声を大きくして提言したい。

 もちろんアバターのビジュアルをどうするかは自分次第。自分自身に似せてもいいし、お気に入りのキャラそっくりに作ってもいい。そしてうれしいことに、本作のアバター作成は、ハンパなく細かくできるので、ビジュアルの自由度がかなり高いのだ。

 顔のパーツだけでも、ホクロのありなし、エラの張り具合、目の間隔、鼻の高さなど、細分化され数値化されていて、それらをいじればしっかりとそれが見た目に反映される。さらに体格の調整や声の選択なども細かく、自由にキャラメイキングできる。オンラインゲームと考えれば至極当然のことではあるが、自分とまるっきり同じビジュアルのプレイヤーはライブパートで出会わないだろう、と確信できるほどに、多種多様なキャラを作ることができる。

男キャラだけ見ても、まず最初の8パターンがまったく違うんです

 ぶっちゃけてしまうと、筆者はまずこのアバター作成でつまずいた。いや。つまずいたというのは語弊がある。アバター作成に夢中になってしまったのだ。自分自身に似せようと一生懸命作ってみて、結果まずまず自分っぽくなって満足したのだが、そうすると今度は違うアバターも作ってみたくなり、下手をしたら本編より楽しんでいるんじゃないかというくらいに、しばしアバター作成に没頭してしまったりした。セーブデータは複数作成できるので、それぞれ保存しておくことは可能なだけに、アバター作成にハマっている人もいるのではないだろうか。

 しかしアバターばかり作っててもゲームは始まらない。アバターとともに、いざ冒険の世界へ。本作がユニークなのは、作成したアバターがライブパートでのプレイヤーキャラになるだけではなく、ストーリーパートで主人公レナードの仲間として登場する点だ。

そこから1パターンを選んで体格に手を加えていき……
顔をこまか〜く作ります
とんだアホづらになりました、って感じで何でもありなのです

レナードは「変身っ」と叫んで白騎士になる

 ストーリーパートでは、剣と魔法のファンタジー世界で主人公レナードとともに冒険を楽しむことができる。

 レナードは、バランドール王国のワイン商で働く青年だ。そして前項でお伝えしたアバターはレナードの同僚として行動を共にする。2人は隣国フォーリアとの和平を控えたバランドール王国で平和に暮らしている。

壮大な世界観を緻密なグラフィックが表現する
レナードは心優しい青年だ

 しかし、シズナ姫の成人を祝う式典が開かれるなか、謎の組織ウィザードが王都を襲撃。居合わせたレナードは、単身シズナ姫を連れて逃亡する。2人は城の地下の宝物庫で謎の鎧「白騎士」に出会う。レナードは神器アークを手にすることで、巨大な白騎士に変身する。レナードは巨大な白騎士に変身する力を得たものの、シズナ姫はウィザードに誘拐されてしまう。こうしてレナードとその仲間たちによるシズナ姫を奪還するための冒険が始まるのだ。

 さらわれる姫、運命の勇者、というモチーフは、「まさに王道!」と突っ込みをいれたくなるほどに、本当に直球ド真ん中なRPGの設定だ。そこに「変身っ!」と言い放ち巨大な白騎士に変身できるという「ウルトラマンかっ!」という設定が加わり、本作の妙味が醸し出される。

運命的な出会いをするレナードとシズナ姫
変身っ! と叫ぶレナード。このあと何倍もの身の丈の白騎士に変身する

 レナードとともに戦うのは、幼なじみのユウリ、謎の剣士エルドアなど、多彩な登場人物たち。そしてプレイヤーの分身たるアバター。このアバターを自分自身に似せた筆者は、ムービーで自分の顔が映るたびに「1人だけメッチャ日本人っぽい人がいる!」と自分に違和感を感じ突っ込みをいれたくなった。自分自身が物語の中にまぎれているというのはかなり新感覚だった。

個性的な脇役が登場する

悪役や魔物も存在感バッチリだ
1人だけ和顔です

街の中では色々な人から情報が聞ける。各NPCに名前がついているのが面白い

 レナードたちはドレギアス将軍、グラーゼルなどの悪の存在と対峙する。白騎士に対する黒騎士(いずれもシンナイトと呼ばれる戦闘兵器)も登場し、物語は王道的な展開を見せていく。

 正直な話、ストーリーパートのボリュームは余り多いとは言えない。「えっ、ここで終わるの……」と思うくらいに、腹七分目くらいのところで幕を閉じる。“古の鼓動”というサブタイトルがあるのだから、何となく続編の存在も感じられるが、現時点では定かではない。その辺りに関しては続報を待ちたいところだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声