ニュース
» 2009年02月04日 19時02分 公開

たたき、ピアノ、こすり――。あなたの「連射」スタイルはどれですか?日々是遊戯

YouTubeにてハドソンが開催している「21世紀の連射王は誰だ!」。これにちなんで、大会の公式部門としても採用されている3つの「連射」スタイルについて解説してみます。

[池谷勇人,ITmedia]

「連射力」がひとつのステータスだったファミコン時代

photo

 2月4日のニュースでもお伝えしているとおり、2月2日からYouTube内「HudsonTV」チャンネルにて、同社の連射測定器付時計「シュウォッチ」を使った連射大会「21世紀の連射王は誰だ!」が開催されている。

 詳しいルールや参加方法などはサイトを見ていただくとして、面白かったのは、連射スタイルによって集計部門が「たたき撃ち」「ピアノ撃ち」「こすり撃ち」「アルティメット」の4つに分かれている点。近ごろでは連射が必要とされるゲームもめっきり少なくなってしまい、若いゲームファンの中には“こすり撃ち? 何それ?”という人も多いのでは――ということで、今回はファミコン時代を懐かしみつつ、それぞれの連射方法について長所・短所などを比較してみたい。


photo

●たたき撃ち
【方法】
肘から先全体に力を入れ、指先を細かく震わせてボタンを叩く方法。公式ルールでは、使用する指は1本、ボタンはAかBのどちらかひとつのみと規定されている。おそらく最もメジャーな連射方法で、高橋名人が使用していたのもコレ。
【特徴】
○かなり素早い連射が可能
○比較的どんな状況でも使いやすい
×腕に負担がかかるため長時間の使用は難しい


photo

●ピアノ撃ち
【方法】
ピアノを弾くように、人差し指と中指を交互に上下させてボタンを叩く方法。ひとつのボタンを2本の指で叩く場合と、2つのボタンを交互に叩く場合がある。ボタンの大きなアーケードゲーム向きの連射方法で、特にシューティングゲームユーザーに好まれる。
【特徴】
○たたき撃ちよりも安定して素早い連射が可能
○長時間続けても疲れにくい
×素早く行うにはある程度の練習が必要
×2個のボタン(または大きなボタン1個)が必要


photo

●こすり撃ち
【方法】
2〜4本の指をボタンに乗せ、左右に往復させることでボタンを叩く方法。1回の往復で複数回分ボタンを押せるため、連射速度は3種類の中でも最速。ただし爪やボタンを傷つけやすく、アーケードでの使用はマナー違反。
【特徴】
○慣れれば30連射以上の超高速連射も可能
×ほかのボタンを巻き込みやすい
×爪やボタンを傷つけやすい


 こんな感じで一口に「連射」と言っても、その方法はさまざま。それぞれに長所短所があり、さらに使えるシチュエーションなども大きく異なるため、スタイルごとに集計部門を分けたのは正解だろう。

 ちなみに、アルティメット部門についてはあえて触れなかったが、これは要するに“上記3つの連射方法以外なら何でもOK”というもの。今回はルール上、上記3部門では“シュウォッチ本体はテーブルなど平らな面の上に置いて行うこと”と規定されているため、手に持って連射する場合なども、ここに分類されることになりそうだ。

photo ちなみに筆者の現在の最高記録はこんな感じ(10秒間で278回)。もちろんこすり撃ちによるもので、たたき撃ち、ピアノ撃ちでは110回がいいところ

 なお、今回はあくまで「自分の肉体」を使っての連射が条件なので、ピンポン球や鉄定規といった「道具」の使用はナシ。初代「シュウォッチ」が発売された当時、父親の電気マッサージ器を借りて“秒間40連射”というすさまじい記録を出したツワモノが隣のクラスにいたが、今思うと完全なルール違反である。

 残念ながら今ではあまり重要視されなくなってしまった「連射力」だが、ファミコンの時代には“1秒間に何連射できるか”がゲーマーにとってひとつのステータスだった。大会は3月27日まで実施中とのことなので、我こそはと思う人はぜひ応募してみてほしい。


(C)2008 HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」