「ニコニコ動画」の有名実況プレイヤー4名が、Webマガジン幻冬舎で連載開始日々是遊戯

「ニコニコ動画」の人気投稿ジャンルのひとつ「実況プレイ動画」で有名な、Revin、たろちん、ルーツ(あぺるご)、加藤(レイズナ)の4人が、幻冬舎のサイトで連載をスタート。果たしてその内容とは?

» 2009年04月14日 15時38分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

活動開始! 過激実況集団、その名も……

 幻冬舎が運営するウェブマガジン「Webマガジン幻冬舎」にて、4月1日よりスタートした新連載「THE B-TEAM 実況野郎文芸部」が今、注目を集めている。

 「B-TEAM」とは、「ニコニコ動画」の人気実況プレイ動画シリーズで鳴らした「実況野郎」たちによって構成される、命知らずの文芸集団。メンバーは「学校であった怖い話に屈しない」シリーズなどでおなじみのRevin、「FF初心者が酔っ払いながらFF5を実況プレイしてみた」のたろちん、「中二の頃作った黒歴史RPGを実況プレイするぜ」のルーツ(あぺるご)、そして「ファイアーカトブレム・ガチムチ老兵一揆〜マルスはつらいよ〜」の加藤(レイズナ)の4人と、いずれ劣らぬ個性派揃い。Revinはレビュー、たろちんはコラム、ルーツは4コマ、加藤はQ&Aと、今後はそれぞれの得意分野を生かし、月イチペースで集合し記事を更新していく予定だという。何を隠そう、筆者も上記シリーズはほとんどチェックしていた「実況好き」のひとりなのだが、“あの彼ら”が実況以外の分野でどんな才能を発揮してくれるのか、今後が楽しみな連載となりそうだ。

 それにしても、一体どんな経緯でスタートした企画なのだろうか。今回の仕掛け人であるフリー編集者のアライユキコ氏によると、そもそものきっかけは、アライ氏自身が「ゆとりの友人に無理やりFF4実況させてみた」シリーズをきっかけに、実況プレイ動画の魅力にのめり込んでしまったことだそう。そんな中、彼らの表現者としての才能に気付いたアライ氏は、Skypeを通じて実況プレイヤーたちと交流をはかりながら、どうしたらこの面白さを読み物として生かすことができるのかを模索。彼らと相談を重ねながら出版社をめぐり、最終的に実現したのがこの「THE B-TEAM 実況野郎文芸部」だった。

 「4人とも、昔だったら例えば雑誌編集部などに潜り込んで、なんかのきっかけで“おまえおもしろいじゃん” と見出されて駆け出しライターなどになり……みたいな道をたどっていた人材。でも雑誌が衰退しつつある今、彼らのような人材が試行錯誤しながらがんばれる場がなくなってしまった。そんな中『ニコニコ動画』がその代わりとして機能しているのなら、そこに全力で反応することも編集者としてのわたしの役目かもしれないと思ったんです」(アライ氏)

 なお4月15日からは、部員4人が読者からのお題に全力でボケる「ネタボケ最前線」と、加藤担当のQ&Aコーナー「KATOO!知恵袋」の読者投稿も本格的にスタートする予定。あと創刊記念特集として掲載されている「スカイプ座談会」も、実況好きならば必見の裏話が満載となっているのでお見逃しなく。

 今や「ニコニコ動画」内だけのムーブメントにはとどまらなくなってきている「実況プレイ動画」。アライ氏の「ここがあがりじゃなくて、彼らにとっての新しい一歩になってくれるといいなと思う」という言葉どおり、この先の展開にも引き続き注目していきたいところだ。

「THE B-TEAM 実況野郎文芸部」のトップページ
Revin独特の切り口とセンスが冴える、レビューコーナー「濫読バプテスマ」
たろちんは社会派自虐コラム「俺というより社会が悪い」を担当

ルーツの「するめいか」。絵柄のかわいさと、オチのシュールさのギャップがすごい
「ゆとり4人組」のひとり、加藤はQ&Aコーナー「KATOO! 知恵袋」担当
アライ氏にお話をうかがうついでに、実況野郎の4人にもちょっとだけ接触。右上から時計回りに、たろちん、ルーツ、加藤、Revin。顔出しNGとのことだったので、こんな写真でご勘弁を
(C)MOSS LTD ALL RIGHTS RESERVED. LICENSED BY SEIBU KAIHATSU INC.
(C)TAITO CORPORATION 1989 ALL RIGHTS RESERVED.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評