「龍虎の拳」は100メガショックと言わざるを得ないゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第74回にして、初めてSNKのゲームを取り上げます。ネオジオの「龍虎の拳」。100メガビットものデータ量を生かして、独特のシステムに加え、ストーリー性も盛り込んだ、人気の対戦格闘ゲームでした。現在でも、Wiiやプレイステーション 2で遊べます。

» 2009年05月01日 15時06分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

「そこら中で派手にやったる」

SNKプレイモアの本社ビルは、旧SNK時代からのもの。江坂の駅前にドンとそびえる

 大阪のキタとミナミをつなぐ大動脈といえる、地下鉄御堂筋線。その北側の終点が、SNKプレイモアの本社がある江坂駅だ。

 ただし終点といっても、線路はさらに北へと続いている。ここから先は北大阪急行電鉄という別会社の路線だが、御堂筋線とは一体運用されている。なかもずから天王寺、なんば、梅田、新大阪を通ってここまで来た電車のほとんどは、そのまま北大阪急行に乗り入れ、千里中央まで至る。

 江坂から北大阪急行でひと駅。緑地公園駅で降りて外に出ると、服部緑地という広い公園がある。面積は甲子園球場の約33倍。ちょうど桜が見頃を迎え、家族連れでにぎわいを見せていた。ちなみに江坂−緑地公園間はたったの80円。北大阪急行は鉄道ファンの間で、初乗り運賃が日本一安い路線として知られている。

服部緑地では桜のほかにポピーなども咲いていた。全国のさまざまな民家を集めた、日本民家集落博物館もある

 北大阪急行は、万国博覧会会場への輸送機関として、1970年に開通した。万博の期間中は千里中央からさらに東へ線路が伸びていて、万博会場まで達していた。

 現在、千里中央と、会場跡地の万博記念公園を結んでいるのが大阪モノレール。伊丹の大阪空港から、千里中央、万博記念公園、そして門真市までつながる長い路線で、さらに万博記念公園から彩都西への支線もある。

 万博記念公園も桜が満開。江坂からはやや離れているが、江坂と同じ吹田市に属する。

 万博記念館で、各パビリオンの展示品やスタンプ、記録映画を見ると、当時の人々が抱いた未来への期待がうかがえる。その反面、当時から見た未来は現在から見れば過去であることを実感し、時の流れを感じてしまう。

 テレビゲームも同じ、というか技術の進歩が速いため、時代の流れも速く感じられる。かつて「100メガショック!」というキャッチフレーズで大容量をアピールしたネオジオのゲームが、今ではWiiのバーチャルコンソールで、ダウンロードできてしまうのだ。

大阪モノレールは、モノレールとしては路線長が何と世界一で、ギネスにも登録されている
万博といえば、岡本太郎氏の「太陽の塔」。万博開催中は、足元をテーマ館の大屋根が囲んでいた
太陽の塔の背中側が、桜並木になっていて、満開の花であふれていた

「すごいゲームを連れて帰ろう」

 家庭用ゲーム機の性能がものすごく高くなった今では考えられない話だが、ほんの十数年前までは、アーケード(ゲームセンター)のゲームを家庭用機に移植しようとすると、かなりのスケールダウンを余儀なくされたものだった。

 例えば、「アウトラン」(セガ)がアーケードに登場したのは1986年だが、この年の家庭用ゲーム機では、ようやくファミコンにディスクシステムが出た頃。アーケードとファミコンでは、それほど差があったのだ。

バーチャルコンソールでも、ネオジオの起動画面は再現されている

 ネオジオはSNKから、1990年、つまりスーパーファミコンと同じ年に登場した。最大の特長は、アーケード用ゲーム基板「マルチビデオシステム(MVS)」と互換性があり、MVSで発売されたゲームが、家庭でもほぼそのままの形でプレイできたことだ。

 そのかわり、価格がかなり高かった。家庭用ネオジオ本体が5万8000円。ゲームソフトは安くても1本1万数千円、高いものは2万円以上(後に3万円を超えるソフトも多数現れた)。いくらアーケードそのままのゲームが遊べるといっても、敷居が高すぎる。そのため当初は、レンタルビデオ店での貸し出しが行なわれていた。初めのうちはソフトがまだ少なかったため、話題にはなっていたものの、実際に触れたプレイヤーは少なかったと思われる。

 そんなネオジオだが、対戦格闘ゲームがブームとなったことで転機を迎えた。「餓狼伝説」(SNK)や「ワールドヒーローズ」(アルファ電子)のヒットにより、これらを家で練習できる、家庭用ネオジオの需要が高まったのだ。

 「100メガショック!」というキャッチフレーズは、1992年からデータ容量が100メガビットを超えるソフトが作られるようになったため、それをアピールしたもの。当時のほかの家庭用ゲーム機では、4メガから16メガくらいのソフトが一般的だったので、100メガという数字はインパクトが強かった。

 そんな100メガビットを超える大容量のソフトが、今日ではWiiのバーチャルコンソールで購入できる。ダウンロードにかかる時間が意外と短いことに、時の流れを感じてしまう。かつては2万円以上したソフトも、今ではたった900Wiiポイントだし。

 さて、容量100メガを超えたソフトの第1弾が、今回取り上げる「龍虎の拳」である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」