ニュース
» 2009年05月08日 13時37分 公開

戦闘をより楽しむために、MOスタイルへ進化した「エンジェル戦記」テストプレイリポート (1/2)

2009年夏のオープンβサービスおよび正式サービスの開始を予定している「エンジェル戦記」を遊んでみました。

[麻生ちはや,ITmedia]
今回テストリポートの案内役をつとめてくれた、キューエンタテインメント諸星富展氏

 台湾UserJoy Technologyが開発を手がけ、国内ではキューエンタテインメントが運営しているMMORPG「AngelLoveOnline」のテイストを引き継ぎついだ新しい作品である「AngelLoveOnline2」が「エンジェル戦記」と名称を変え、2009年夏のオープンβサービスおよび正式サービスの開始を予定している。前作AngelLoveOnlineは、天使達と悪魔学園の戦いをバックストーリーに、スキルシステムによる多彩な戦闘スタイル、豊富な生産スキルとレシピ、キュートな乗り物(ロボット?)機甲とペット、分かりやすいインタフェースなどを備えた正統派MMORPGだ。男女問わず幅広いプレイヤー層に人気がある作品だけに、その続編となればやはり注目度は高い。今回はキューエンタテインメントを訪問して先行体験プレイを行ってきた。

 実は本タイトルの台湾でのβテスト開始がアナウンスされた頃、「今度の『AngelLoveOnline2』は、キャラが3Dになっただけで中身はほとんど同じらしい」と小耳に挟んだ噂を鵜呑みにしていた筆者は、体験プレイ当日に「いいえ、エンジェル戦記はまったく違うゲーム性になっていますし、グラフィックスは前作と同じものを使ってますので、そもそも3Dではありません」とお叱りを受けてしまった。いやはや、思い込みとは恐ろしいもので……というより己の勉強不足を深く反省しつつ、どのあたりがまったく違うゲーム性なのかをじっくり紹介していこう。

キャラメイキング時のヘアスタイルやスキンカラーのバリエーションは多い。一応プレイヤーは天使のはずなのに、相変らず紫や黄土色など、フシギな肌の色が目立つ

 先述の通りキャラクターなどのグラフィックスは従来通りの2Dで描かれ、スクリーンショットだけを見ていると、どこが変わったのかよく分からないというのが正直な感想だ。キャラクターメイキングの顔や髪型なども、ほとんど変わらない。ただし、職業と技法(=スキル)に関しては大きく変化している。

 まず、AngelLoveOnlineでは複数の技法から選んでカスタマイズが可能で、システム側が推奨する組み合わせに便宜上名前はついていたが、いわゆるクラスは存在しない。また、攻撃でも生産でも技法は使うほどに熟練度が高まる仕組みで、「ウルティマオンライン」のスキルシステムにかなり近いものがあった。しかしエンジェル戦記では最初から「ファイター」「ハンター」「ウィザード」「プリースト」というMMORPGではすっかり定番の4つの職業が用意されており、キャラクターメイキング時に選ぶようになっている。

 キャラメイキングが済むと、基本操作やアイテム、スキルの使い方などを教えてくれるNPCが待っている。こちらは戦闘スタイルから採集・生産までみっちり学ぶ前作に比べるとかなりシンプルな内容になっているが、必要なことは一通り教えてくれるので、エンジェル戦記が初オンラインゲームというプレイヤーでも問題ないだろう。


左からファイター、ウィザード、プリースト、ハンターのイラスト。ところどころ、表記が違う部分もあるが、そこはローカライズ中ということでご容赦を

もっと戦闘を楽しむために、MMORPGからMOスタイルへ

エンジェル戦記のワールドマップ。街から隣接するインスタンスフィールドを順にクリアすると、次のエリアへ道がつながり新たなフィールドが開ける。なお「龍王の秘宝」は日本版オープン当初では未実装。最初の大型アップデートで追加される予定のエリアだ

 エンジェル戦記ではモンスターとの戦闘のほとんどが、インスタンスフィールドで行なわれる、というのが前作から一番大きく変化した点だ。また、テストプレイの解説を担当してくれたキューエンタテインメントの諸星富展氏によれば、アクション性や爽快感を重視し、いままで以上にテンポよく戦闘に集中して楽しめるシステムになっているとのこと。

 まず、プレイヤーは自分がいる街から、その周辺に広がるインスタンスフィールドの中でレベルに合ったものを選んで挑戦できる。インスタンス内部ではモンスターを全て倒す、特定のシンボルに触れると次の部屋への扉が開くといった仕掛けが用意されており、これらの謎を解きつつ、基本的には最終エリアにいるボスモンスターを倒せばクリアとなる。最大5人のパーティを組むこともできるが、ゲーム序盤はソロプレイでも楽々こなせる難易度であった。また、初心者でも気軽にパーティを組めるように、誰かが既にオープンしたインスタンスフィールドがある場合、参加したいものを選ぶだけで自動的にパーティを組んだ状態となる。

 肝心の戦闘だが、実際に体験したみたところモンスターを直接ターゲット、あるいはTabキーで切り替えつつ適当にスキルを繰り出すだけでも、近寄ってくるモンスターをさくさく倒せてしまう。低レベルのうちから出現モンスターの数が多いので操作は結構忙しいが、HP/MPが一定量減ると自動的に回復アイテムを使ってくれる「オートポーション機能」を備えているので、大量のモンスターがいる所に飛び込んで一掃! というのはなかなか爽快だ。魔法や範囲攻撃のエフェクトもAngelLoveOnlineに比べてちょっぴり派手になっているので、確かにひたすらクリック、クリック……の戦闘に比べるとテンポもよく、操作していて楽しいだろう。

 また、諸星氏の説明ではエンジェル戦記の4つのクラスには、それぞれ特徴的なスキルとそれを活用したパーティプレイでの役割があるが、後衛職だからといって育成しにくいことはない。全てのクラスに有効な攻撃スキルが用意されいてるので、プリーストでもある程度はソロプレイが可能とのことだ。

作りたてのキャラクターなので、最初のインスタンス「聖なる庭」しか選べない。「聖なる花園」までクリアすれば、次のエリアへ移動可能だ
最初からアクティブモンスターばかりが出現するのでちょっと忙しいが、特にスキルを使わなくても余裕で勝てるレベル。ソロプレイもいいがボーナス経験値目当てにパーティを組むのがオススメ
白い光の柱の先にはこのままでは進めない。ここではフィールド上のすべての敵を倒すと柱が消滅したが、その他にも様々な仕掛けが待ち受けている

新モンスターも一部登場するが、基本的にグラフィックスはAngelLoveOnlineを引き継いでいるため、スクリーンショットだけ見ているとどちらのタイトルなのか一瞬分からなくなりそうだ……
大量のモンスターを引き連れておいて、範囲スキルで一気に片をつけるのが楽しい。連続して攻撃を当てることでコンボが発生し、クリティカルヒットも出やすくなる
最終エリアにいるボスのほかにも、中ボスがところどころに控えている。画面上部の赤いバーがボスのHPだ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた