すーすっとすぺすぺ「スペランカー」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第75回は「スペランカー」(アイレム)。昔は早々に挫折しましたが、最近では難なく全4ステージをクリア! ……とまではいかず、やっぱりゲームオーバーの曲を何度も聞くはめに。スペランカー弱い〜。スペランカーだしスペランカーだもの〜。

» 2009年06月01日 12時34分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

「レトロゲームアワード2007」優秀賞受賞

高知市・桂浜にある、坂本龍馬像の前にて。なぜわたしがここにいるのかは、また後ほど説明します

 もはや“過去の栄光”と化しているが、東京ゲームショウ2007のイベントステージで行なわれた「レトロゲームアワード2007」で、わたしは審査員を務めていた。有野晋哉さんと一緒にステージ上にも立った。

 この企画は、1985年から1987年に発売されたファミコンゲームを対象に、ファン投票を参考にして大賞・優秀賞などを決めて表彰するものだが、ここで優秀賞に選ばれたゲームの1つが、今回取り上げる「スペランカー」(アイレム)である。

 ちなみに大賞は「スーパーマリオブラザーズ」。優秀賞はスペランカーのほかに、「ゼルダの伝説」、「ドラゴンクエスト」、「ドラゴンクエストII」だった。結局ファン投票の順位どおりに決めたのだが、宮本茂さんの作品が2本、堀井雄二さんの作品が2本。そこに割って入ったティム・マーティン。


「スペランカー」のROMカセット。ファミコンの電源を入れると赤く光る、発光ダイオードがついていた

 つくづく「スペランカー」というゲームの、人気の高さを思い知らされた。

 この連載にも、始まった当初から「スペランカー」を取り上げてほしいというリクエストは多かった。以前より、プレイヤーによって評価が両極端に分かれるゲームだったが、最近では好意的に評価されることの方が、多くなってきたような気がする。

 時代が「スペランカー」に追いついたのかもしれない。

 もっとも「スペランカー」はレトロゲームアワードで、“ゲーム秘宝館・殿堂入りゲーム”の方にも、たけしの挑戦状、高橋名人の冒険島、魔界村とともにノミネートされているのだが……。

スペランカーの珍プレー珍プレー

 リクエストが多かったのに、なぜこの連載で今まで「スペランカー」を取り上げなかったのかというと、「魔界村」や「ロックマン」を取り上げてないのと同じ理由。難しくてなかなかクリアできなかったのだ。

 「スペランカー」は、洞窟を探検してその奥深くに眠る財宝を探すゲーム。扉を開ける鍵や、道を塞ぐ岩を壊す爆弾、洞窟内で活動するのに必要なエネルギーなどを入手し、より深い階層へと進んでいく。

 もともとは1983年、アメリカのマイクログラフィックイメージ社が開発し、ブローダーバンド社がアタリの8ビット機などに発売したゲームで、タイトル画面に出ているとおり、作者はティム・マーティンという人物。日本ではアイレムが、ファミコン、MSX、アーケードでリリースした。ファミコン版の発売は1985年。

 特筆すべきは、主人公・スペランカーの弱さである。

 たいていのプレイヤーは、ゲームスタート直後、エレベーターから洞窟の床へ飛び移ろうとするときにまずミスするだろう。エレベーターと洞窟の床の間にはすき間があり、ジャンプしないと落ちてしまうのだ。

 無事に飛び移れたとしても、その先の段差から落ちるとアウト。スペランカーの身長分あるかないかの段差で、普通のアクションゲームだったら、“落ちる”と表現するのも違和感があるくらいの高さだ。

おそらくこのスタート直後のミスを、経験してないプレイヤーはいないだろう
この高さの段差から落ちただけで、1機失ってしまうのだ
うっかり下り坂でジャンプすると、その高低差で“落ちた”とみなされ、ミスになってしまう

 さらに、コウモリが落とすフンに当たってもアウト。岩から噴き出す毒ガス(熱い水蒸気という説あり)に当たってもアウト。爆弾を仕掛ける際も、仕掛けてからかなり遠くまで離れていないと、爆風に巻き込まれてアウトだ。

 あと、地面のちっちゃい出っ張りに蹴つまずくと、もと来た方向に弾かれてしまう。ミスにはならないが、ちっちゃい出っ張りに吹っ飛ばされるスペランカーはいかにも弱っちい。もちろん、飛ばされた方向に床がないとミスになる。

地面のちっちゃい出っ張りから噴き出す、毒ガスもしくは水蒸気。タイミングを見計らって飛び越えよう
爆弾からこれだけ離れていても、爆風に巻き込まれてしまう
地面の出っ張りに弾かれたスペランカー。この後、穴に落ちてしまう

ロープからのジャンプをマスターすべし

こんなロープだらけの場所もある。1回飛ぶごとにヒヤヒヤする

 洞窟内の至る所にロープがぶら下がっていて、それを昇り降りして進む場面が多々ある。だが、このロープからどこかへ飛び移るときの操作が非常に難しい。十字キーの横と、Aボタンの同時押しなのだが、Aボタンの入力が認識されずに、ロープから滑り落ちてミスになることが多いのだ。

 わたしもかなり慎重になって、十字キーとAボタンを同時に押すことを、強く意識して操作するのだが、そうすると一層ミスが増える。ゴルフなどでいうイップスみたいな感じになりかけた。

 ネットで調べたり、マイミクさんに尋ねたりして分かったことだが、十字キーとAボタンは、一瞬だけ押す方がいいらしい。だから、慎重に操作すると、かえってミスが増えていたのか。ジャンプしたらすぐボタンから手を放すように心掛けたところ、成功率が著しく上がった。まあそれでも100%じゃないんだけど。

 洞窟には敵も出てくる。おどろおどろしいBGMとともに、スペランカーに迫り来る幽霊。左右に往復しながらフンを落としてくるコウモリ。

幽霊は画面の端から現れて、スペランカーに少しずつ近寄ってくる。いきなり近くに出てくることも

 スペランカーは、奴らを倒す武器を持っている。幽霊にはエネルギーを放出する銃(ポータブルファン、ブラスターなど、資料によって名前が異なる)で攻撃。コウモリには、洞窟内に落ちているフラッシュを投げつければいい。ただし、エネルギー銃もフラッシュも、使い勝手がかなり特殊。

 銃はまっすぐ弾を飛ばすわけではなく、一定の範囲内に効果がある。だから斜めから来た幽霊にも対処できる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評