連載
» 2009年07月08日 16時25分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:銀河戦士VSエイリアン!「ギャラクシアン」「ギャラガ」 (2/4)

[ゲイムマン,ITmedia]

デュアルファイターが強力だった「ギャラガ」

 「ギャラクシアン」のヒットから2年後の1981年、ゲームセンターに「ギャラガ」が登場した。基本的なゲームシステムは、前作と同じ固定画面シューティングだが、ゲームをプレイしたときの感覚はまるで違っていた。弾を2連射できるようになったので、「ギャラクシアン」ほど慎重に弾を撃たなくてもよくなったのだ。

 「ギャラクシアン」では最初から編隊を組んで出現したエイリアンだが、「ギャラガ」では画面の外から数匹ずつ飛んできて、自機(ファイター)の前で編隊を組んでいく。編隊を組む前に攻撃できるわけだが、エイリアンの方も自機に弾を撃ったり、突っ込んできたりするので注意が必要。ギャラクシアンの旗艦に相当する“ボス・ギャラガ”は、弾を2発当てないと倒せない。

 このボス・ギャラガは、トラクタービームという武器を持っている。トラクタービームにファイターが触れると、ボスに捕らえられてしまうのだ。

 しかし残機があれば、このボスが飛んできたところを撃って、ファイターを奪回できる。しかも、2機のファイターが合体して“デュアルファイター”に変身。2機の先端から同時に弾を撃てるので、より広範囲の敵を倒せるようになるのだ。

画面はファミコン版。トラクタービームに触れると、ファイターが回転しながらボスに吸い寄せられる
ファイターを捕らえたボスを、移動中に撃つとファイター救出。2機が合体してデュアルファイターとなる

 特に、撃った敵の数によってボーナス点を得られる“チャレンジングステージ”では効果絶大で、デュアルファイターの状態だと、格段にパーフェクトが取りやすくなる。

 デュアルファイターになれば、弾が敵に当たって早く消えやすいので、より豪快に弾を撃ちまくれる。後年の、ボタンを連打して弾を撃つシューティングゲームに、やや近いプレイ感覚だ。

 このようにデュアルファイターは強力なので、序盤からわざとトラクタービームに当たるのが、このゲームのセオリーだった。

 ……もっとも、敵に捕まったファイターを救出する際、撃った弾がファイターの方に当たると1機損するだけだし、ボスがまだ編隊にいるときに撃ってしまうと、捕虜だったファイターがエイリアンと一緒に襲ってくる。

最初はステージ3、それ以後4ステージごとに、チャレンジングステージとなる。敵が攻撃をしてこない
チャレンジングステージに現れるエイリアン40匹をすべて倒すと、10000点のボーナスが入る
エイリアンと一緒に攻めてきた捕虜ファイター。この攻撃をやり過ごすと、次の面で再び奪還するチャンスが得られる

 「ギャラガ」がファミコンに移植されたのは1985年。こちらも「ギャラクシアン」同様、移植度は高い。現在、Wiiのバーチャルコンソールで、このファミコン版が配信されている。

 フジテレビ「ゲームセンターCX」では、有野晋哉さんがチャレンジングステージでパーフェクトを取ることに挑戦した。今では考えられないが、初期の「有野の挑戦」には、こういうゲームも登場していたのだ。

エイリアンが分裂して、3匹のオガワムシ、エイ、ギャルボスなどになることも。全部倒すと高得点
ゲームオーバーになると、弾を撃った数と当たった数、そして命中率が表示される

自機がトラクタービームを使えた「ギャプラス」

 1984年、「ギャプラス」登場。「ギャラクシアン」「ギャラガ」では横方向にしか動けなかった自機が、縦横斜め8方向に動けるようになった。

 また、エイリアンの持っているブラスターヘッドを入手すると自機がパワーアップする。パワーアップにはいくつかの種類があるが、特にユニークなのがファランクス。「ギャラガ」でボスが使っていたトラクタービームを、自機が使えるようになったのだ!

 敵をどんどん捕まえていくと、デュアルファイターなんて目じゃないくらい広範囲に攻撃ができる。ただし、味方になったエイリアンが、自機と横一列に並ぶので、敵の攻撃を避けにくい。一応、自機と両端のエイリアン以外に当たり判定はないらしいのだが……。

 チャレンジングステージも特徴的で、敵を撃つと上に飛んでいき、また落ちてくるので、画面の外に出してしまわないように、できるだけ多くの弾を当てる。エイリアンを多く従えて、攻撃範囲を広げるとやりやすいようだ。

 敵に弾を当てるたびに、画面上に少しずつ文字が現れていき、単語が完成すると何らかのボーナスが得られる。最初のチャレンジングステージに出てくる単語は「BONUS」。だがわたしの腕では、「O」の左の縦棒を出すのがやっとだった……。

画面はプレイステーション版(ナムコミュージアムVol.2)。縦画面モードで撮影した
トラクタービームで敵を捕らえると、このように横一列になって攻撃できる
チャレンジングステージでは、敵を画面外に出さないように、できるだけ弾を撃ちこむ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた