連載
» 2009年07月08日 16時25分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:銀河戦士VSエイリアン!「ギャラクシアン」「ギャラガ」 (4/4)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 PCエンジンとゲームギアにギャラガ'88(ゲームギア版のタイトルは「ギャラガ'91」)、プレイステーションにギャラクシアン3、「Let's!TVプレイCLASSIC」という、テレビにつなぐ小型ゲーム機にギャプラス。携帯電話アプリに、ギャラクシアン、ギャラガ、ギャプラス、ギャラガ'88。

 そして、Wiiのバーチャルコンソールで、ファミコン版ギャラガと、PCエンジン版ギャラガ'88、アーケード版のギャプラス、ギャラガ'88が配信されている。

 変わったところでは、プレイステーションのローンチタイトル「リッジレーサー」で、データを読み込む間、ギャラクシアンをもとにしたミニゲームをプレイできた。ROMカートリッジに慣れていた当時のプレイヤーに、CD-ROMのロード時間の長さを感じさせないための対策だった。もっとも、後の時代のゲームに比べたら、「リッジレーサー」のロード時間は、かなり短かったのだが。

「リッジレーサー」のNOW LOADING画面。エイリアンの出す弾の量がすごい

 なお、エイリアンを全部倒すと、リッジレーサーで使える車の種類が増える。とはいっても、データ読み込みが終わったらゲームも終わってしまうので、難しい。

 これ以後も「リッジレーサー」シリーズでは、ゲームを起動させたときのロード中、かつてのナムコ作品をモチーフとしたミニゲームを遊べることが恒例になっている(一時期途絶えていたが、プレイステーション・ポータブルの「リッジレーサーズ」から復活した)。

最後はまたネタに走ります。「銀河」といえば……

 「文明への挑戦か 宇宙怪獣来襲! たて! 銀河戦士!!」

 ――というキャッチコピーから察するに、「ギャラクシアン」というタイトルは、ギャラクシー、つまり銀河から取られたもののようだ。

 実は「ギャラクシアン」という名前は、敵の宇宙人のものではなくて、迎撃する側を指している。

 その証拠に、自機の名前は「ギャラクシップ」。プレイステーション版「ナムコミュージアムVol.3」で、当時のパンフレットを見ることができるが、自機は「我がギャラクシアンのロケット“ギャラクシップ”」と書かれている。敵の名前はエイリアンだった。

「ギャラクシアン」のタイトル画面にも、「WE ARE THE GALAXIANS」と書かれている

 ただし「ギャラガ」のパンフレットには、「あのギャラクシアンよりもはるかに凶暴な異星人ギャラガ」とあり、「ギャプラス」のストーリー設定には、「ギャラクシアン、ギャラガと呼ばれていたエイリアンは、……」とある。どうやら“「ギャラクシアン」のエイリアンの名前はギャラクシアン”というのは、公式設定になったようだ。

 最後に、ギャラクシアン=銀河戦士にちなんで、銀河にゆかりのある場所へ行ってみよう。

 銀河といえば、東京−大阪間を走っていた寝台急行や、北海道の池田−北見間を通る「ふるさと銀河線」があったが、残念ながらどちらも廃止されてしまった。

 ほかに銀河といえば、……銀河万丈さん。「機動戦士ガンダム」のギレン・ザビや、PCエンジン版「イースI・II」のダーム(およびナレーション)などでおなじみの声優さんだが、現在ではフジテレビの「FNS地球特捜隊ダイバスター」の博士役が印象深い。

 この番組では毎週、銀河万丈さんのサイン入り“番組内で使われた物”がプレゼントされる。たとえ、グラビアアイドルの福田麻衣さんが使った物であっても、福田さんではなくて銀河さんのサインが入る。銀河さんを大フィーチャーした番組なのだ。

 そこで今回は、“あらゆる謎を調査・解明するために組織された”地球特捜隊ダイバスターの、その調査・解明の舞台となる、筑波研究学園都市へ行ってみた。

つくば駅前の風景。ショッピングセンターがある。道路が広くて見通しがいい
1985年に国際科学技術博覧会の第2会場となった場所に建つ、つくばエキスポセンター

 つくば駅の周辺で、「ダイバスター 合法的人体実験センター」とか、「ダイバスター 辻加護調理師専門学校」とか、さまざまな研究機関が入居しているビルを探してみた。

 だが、見つからなかった。

本当は、番組制作会社のザ・ワークスが入居しているビルである

 失意のうちに、つくばエクスプレスで引き返し、北千住で千代田線に乗り換えて、明治神宮前駅で降りたら、探していたビルはそこにあった。ダイバスターにおける“筑波研究学園都市”は、つくば市ではなくて、なぜか原宿にあったのだ。

 ……まあ、ぶっちゃけ最初から知ってたんだけど。

 書き終わってから気がついたけど、「銀河鉄道の夜」にちなんで、花巻に行った方がまだ無理がなかったのではないかと。あるいは、天王洲銀河劇場だったらもっと楽に行けたのではないかと。

 ただ、つくばは宇宙にゆかりがあって、「ギャラクシアン」の雰囲気には合っているから、まあいいか。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた