ニュース
» 2009年10月14日 16時08分 公開

夏らしい名曲連発のスフィアライブ Shake×Sphere -夏の夜の夢-

寿美菜子さん、高垣彩陽さん、戸松遥さん、豊崎愛生さんの4人からなるユニット、スフィアのコンサートが8月30日、JCBホールで開催された。コントあり、ライブあり、紙芝居ありの、盛りだくさんのイベントをリポートする。

[ふじたけ,ITmedia]

 人気声優ユニットスフィアのライブが8月30日、JCBホールで開催された。スフィアは寿美菜子さん高垣彩陽さん戸松遥さん豊崎愛生さんの4人で構成されるユニット。スフィアのライブは5月17日に日本青年館で開催されて以来となる。

浴衣で登場した4人に観客たちも歓喜

左から戸松遥さん、寿美菜子さん、高垣彩陽さん、豊崎愛生さん

 夏らしい、暖かな色味の浴衣で登場した4人が「Super Noisy Nova」を歌い始めると、超満員の観客たちもサイリウムを振りながら、出演者に合わせて踊りまくる。スフィア30分劇場「すぱのば!」のスタートを祝福するかのように、会場に熱気が充満していく。

 スフィア30分劇場では音雨村を舞台に、コント劇を披露。夏祭りの運営委員となった4人が町おこしの方法を考えるテーマで、戸松さんがツッコミ役になって、ひたすらボケ倒す3人にツッコんでいく。中でも、Super Noisy Novaの替え歌を作るシーンでは作成した替え歌を実際に歌う演出もあり、観客は終始笑いっぱなし。最後のエンドロールに「作・演出 浅沼晋太郎」の表示が流れると、観客は賞賛の拍手を送った。さすが、声優としてスフィアの4人全員と共演しているだけあって、メンバーのキャラクターをよくつかんでいる。


 続いてのコーナーは「激写! ガールズコレクション」。4人が「夏」「Shake」をテーマにそれぞれ1点ずつ、事前に撮影してきた写真をエピソードとともに紹介した。このコーナーでは、出演作の打ち上げでプレゼントされたひまわりの写真と、髪を振り乱して(=Shake)「リング」の貞子のような状態になっている戸松さんの写真を撮影した豊崎さんがMVPに輝いた。

ZONEの「secret base 〜君がくれたもの〜」など、今回も名曲をカバー

 その後は前回のコンサートに引き続き、カバーソングのコーナーへ。今回は夏をメインテーマに据えて、戸松さんが「夏祭り」(Whiteberry)、寿さんが「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)、高垣さんが「涙そうそう」(夏川りみ)、豊崎さんが「少年時代」(井上陽水)といった、往年の名曲を熱唱した。そしていったん小休止の代わりに、今度は「スフィア3分劇場 昔々のものがっかり かぐや姫」の紙芝居が始まる。おじいさん(高垣さん)、おばあさん(戸松さん)、かぐや姫(豊崎さん)、語り(寿さん)という配役で、スフィア30分劇場に劣らない笑いを呼んだ。


 後半はお待ちかね、スフィアのライブコーナーだ! 1曲目に「Dangerous Girls」を歌った後には新曲のリリースを発表!! 3rdシングルとなる今度のシングルは2曲ともオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」の7thアニバーサリーソングとして、11月25日にリリースされるそうだ。期待を裏切らないスフィアは会場に集まってくれたファンのために、いち早く新曲を披露! その後もデビュー曲「Future Stream」や、アンコールでの「secret base 〜君がくれたもの〜」(ZONE)といった夏に相応しい楽曲を力強く歌いきり、5月のコンサートからさらに成長したスフィアを魅せつけた。

次回のライブも開催決定!!

 なお、スフィアの次のライブは2010年1月10日、渋谷C.C.Lemonホールにて開催予定。最後に、スフィアのみなさんにライブを終えて直後の感想をお聴きしたので、そのコメントを紹介する。

楽屋に伺ってインタビューしてきました

豊崎さん スフィア史上一番大きな、JCBホールという素敵な場所でライブをさせていただきました。ホールや照明がお客様のお顔を見やすい作りになっていて、一人ひとりのお顔を見ながらライブをできることがすごく嬉しくて、とても濃い時間を過ごせたと思います。今日はたくさんの人に、会場が熱気でいっぱいになるまで盛り上がっていただいて、本当に楽しい夜でした。私たちにとっても夢のような時間を過ごすことができました。どうもありがとうございました。

高垣さん 今回はお芝居もあったので今までとは違った稽古があったりして、自分たちも新鮮な気持ちで向かわせていただきました。支えてくださる関係者のみなさま、ステージを用意してくださったスタッフのみなさま、一緒にステージに立っているスフィアのみんな、そして観客のみなさまと一緒にあの空間に居られたことが本当に幸せで、まだ頭がぼーっとしています。今日は素敵な夜をどうもありがとうございました。

寿さん 本当に胸がいっぱいで、嬉しいのに泣いてしまうっていう、言葉にうまくできなかったのがとっても申し訳ないんですけれども、それぐらい嬉しい気持ちでいっぱいでした。ステージに立った瞬間の心が震える感覚がいまだに忘れられないくらい体に染み込んで、本当に感動しました。来年の1月10日にもライブをさせていただくということなので、その時に向けてもっとレベルアップして、またみなさまにお会いしたいです。今日は本当にありがとうございました。

戸松さん ライブが終わった直後で、まだ放心状態です。今までで一番大きな会場だったのですが、会場の作りがお客様お一人おひとりのお顔をよく見える構造になっていることもあって、人数は一番多いのに、お一人おひとりとの距離がすごく近かったライブだったと感じています。練習時間は今までで一番長かったんですが、終わってみると本当にあっという間でした。これからもどんどん先に、もっと上に行きたいと思っているので、これを機に大きく成長していけたらいいなと思います。一人ひとりの方に、ありがとうと言いたいです。

Shake×Sphere(シェイクスフィア) -夏の夜の夢-セットリスト
1Super Noisy Novaスフィア
2夏祭り戸松遥
3TSUNAMI寿美菜子
4涙そうそう高垣彩陽
5少年時代豊崎愛生
6Dangerous Girlsスフィア
7Brave my heartスフィア
8風をあつめてスフィア
9Treasures!!スフィア
10Future Steamスフィア
11Super Noisy Novaスフィア
12secret base 〜君がくれたもの〜スフィア
13Future Steamスフィア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声