レビュー
» 2009年11月13日 08時42分 公開

「ベヨネッタ」レビュー:こんなブッ飛んだ魔女が今までいただろうか(いや、いない)――全編クライマックスの超絶アクションゲーム (1/2)

クライマックス・アクション「ベヨネッタ」がXbox 360とプレイステーション 3で登場した。どこがどうクライマックスなの? どんなアクションなの? いやもうこれが、とにかく面白いのです! さあ皆で、天使を狩りにいっちゃおう!

[仗桐安,ITmedia]

新世代のクライマックス・アクション、ここに登場

 さあ、ついに出ました、ベヨネッタ!

 と心待ちにしていたアクションゲームファンは多いのではないだろうか。

 かくいう筆者は昨年の東京ゲームショウでその存在を知り、「これは何かよく分かんないけど、メチャクチャ面白いんじゃなかろうか……?」と気になっていたアクションゲーム好きのひとりだ。正直な話、最初にムービートレイラーを観た時はカプコンの「デビル メイ クライ」シリーズの続編かと錯覚したのだが、それもそのはず、本作「ベヨネッタ」のディレクターは「デビル メイ クライ」の生みの親・神谷英樹氏その人なのである。

 「ベヨネッタ」は、開発をプラチナゲームズが担当し、セガから発売されたアクションゲーム。Xbox 360とプレイステーション 3で発売されたのだが、プレイステーション 3版はセガによる移植という形になっている。アクションゲームと言っても色々あるが、本作はビデオゲームが3D化してから連綿と作り出されてきた、“3D空間を探索し敵を倒しながら進んでいくタイプ”のアクションゲーム、その現時点での最先端だと言ってもいいだろう。高性能な据え置き型ハードの力を遺憾なく発揮した、ド派手な3Dアクションが存分に楽しめるタイトルだ。

 自らのジャンルを“クライマックス・アクション”と銘打つ本作。アクションは分かるが、ジャンルに“クライマックス”が付くってどういうこと? とお思いの方もいるかもしれない。しかし、本作をひとたびプレイすればその答えが分かるだろう。本作はのっけから最後まで、これでもかとクライマックスな要素、劇的な要素を盛り込んだ、正真正銘の“クライマックス・アクション”ゲームなのだ。

 ちなみに筆者がプレイしたのはXbox 360版。プレイステーション 3版はセガによる移植ということだが、内容の面白さはほぼ同じと言っていいので、自分が持っているハードで優先的にプレイするプラットフォームを選んでよいだろう。

精緻なポリゴンで描かれたベヨネッタさん……。美しいです

魔女が天使を狩る……? たまらなく背徳な世界感がたまらん!

 本作の主人公は、タイトルそのまんまの“ベヨネッタ”。ベヨネッタは数百年前に天使と戦った魔女のひとりで、20年前に湖底の棺から復活したという経緯を持つ。蘇ったベヨネッタは自分に“魔女の力”があるということ以外、何も覚えていない。失われた過去の記憶を取り戻すためにヨーロッパの辺境“ヴィグリッド”へ来たベヨネッタに、天使たちは執拗な攻撃を繰り返す。

数百年前のベヨネッタ
現代のベヨネッタには過去の記憶がない

 主人公ベヨネッタは、黒髪、眼鏡、セクシーな黒い衣装に抜群のプロポーション、という、アクションゲームの主人公としてはかなりユニークかつインパクトのあるキャラクターだ。それでいて、手足に装着した銃や武器を自在に操り、時として髪の毛から魔物を召喚し天使を喰らう。容赦なき攻撃で天使たちをメッタメタにするその描写は、過激で挑発的でグロテスクな場面も多い。主人公=魔女、敵=天使、という設定を相まって、かなり背徳的だ。

 だが、敵なる天使も、いわゆる一般的な天使とはどうやら趣きが違う。天界からベヨネッタを殺すために仕向けられた天使たちは、一様に異形の姿をしており、体の一部に厳かな顔がついていたり、羽で飛んでいたりはするが、平たく言えば“モンスター”的な様相を呈している。まあ、見た目がグロければ残虐に倒されてもいいのか、と言えばそうでもないが、本作においては善悪の彼岸にベヨネッタの存在がある、というか、プレイヤーがベヨネッタを操作する限りは、敵である天使を蹴散らしていかねばならない。

 自らの記憶を求めて天使を狩っていくベヨネッタ……。その謎に満ちた過去がプレイヤーを物語へと引き込んでいくだろう。

さまざまなタイプの天使がいる
新しい天使が登場する度に階級と名前が紹介される。この演出が何ともカッコイイ

下級天使たちがベヨネッタを襲う
さまざまな異形の天使に立ち向かうベヨネッタ

 禍々しい天使たちを相手に孤軍奮闘するベヨネッタではあるが、味方がいないわけではない。情報屋エンツォやバー“ゲイツオブヘル”を経営するロダンなどの協力を得て、ベヨネッタの旅は続く。また、敵か味方か謎の存在であるジャンヌや、ベヨネッタの正体を暴くために執拗に追い回すルカなど、魅力的なサブキャラクターとの絡みも見逃せない。

謎の女ジャンヌとは幾度かの戦闘を強いられる。敵か味方か?
人間界、魔界、天界の狭間にあるブルガトリオにいるベヨネッタは、普通の人間の目には映らない

 ムービーデモとプレイアブルなパートのバランスもよく、ほどよい緊張感を持続しながらプレイを進められる。“クライマックス・アクション”は伊達じゃないのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン