ゲーム作りの参考になる? 「えりかとさとるの夢冒険」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第82回は「えりかとさとるの夢冒険」(ナムコ)。2人同時プレイができるアドベンチャーゲームです。動物が人間のように暮らす“不思議な世界”を探検する、ほのぼのとした世界観なのですが……。

» 2010年01月29日 10時08分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

新しいゲームを買ってみたら、2本続けてクソゲーだった

箱根駅伝の激闘が記憶に新しい横浜駅前にて。「えりかとさとるの夢冒険」には、ヨコハラという港町が出てくる

 ゲームを作りたい。

 昨年「リアルサウンド 風のリグレット」(ワープ)をプレイしてから、「こんなアドベンチャーゲームを作りたい」という思いが、日に日に高まってきているのだ。

 その参考にすべく、ここ最近、ニンテンドーDSのアドベンチャーゲームを立て続けにプレイしている。中でもやっぱり、レベルファイブの「レイトン教授」シリーズや、「スローンとマクヘールの謎の物語」にはハマった。

 あと、意外に良かったのが「フリーライター橘真希」(ゼンリン)。城崎、洞爺湖、由布院と、実在の温泉地を舞台にしたミステリーもので、地図のメーカーが出しているだけに、マップ画面が正確。観光案内も充実している。最初は登場人物がみんな痛くて引きそうになるけど、それに慣れてくると、けっこう良くできてておもしろい。

 一方、その次にプレイしたアドベンチャーゲーム(仮に「某A」とする)と、さらにその後プレイしたゲーム(仮に「某B」とする)はひどかった。

 どちらも文章が無駄に長くて、読むのがしんどい。その割に選択肢は少ないし、1つ違う選択肢を選んだだけでも、バッドエンディングに飛ばされる。某Aはさらにひどいことに、ベストエンディングが鬱展開。ベストなはずなのに、登場人物が6人も死ぬ。最後に探偵が依頼人へ、事件の全容について報告するのだが、「え、それで依頼人が納得するの?」というあいまいな内容。3人目の被害者がすごい悪人なので、全部その人に罪を被せれば良かったのに。せっかく実在の土地が舞台なのに、観光名所が全然出てこなかったことも気になった。

 某Bの方は、文章の表示速度が遅い。文字が1字ずつ表示される本がどんなに読みにくいか、開発者は想像できなかったのだろうか? 文章が長いくせに、説明書は簡潔すぎて、特に戦闘シーンでは何をどうすればいいのか分からない。とろいし。

 セーブとロードを繰り返さないと先へ進めないゲームバランス。分岐に凝りすぎて、長い割に薄くなったゲーム内容。初歩的な誤植も多い(方角が間違っているとか)。個人的にすごく期待していたゲームだけに、裏切られた感が強い。

 とにかく某Aも某Bも、テキストデータは容量食わないと思ったのか、詰め込みすぎ。こういうゲームの開発者は、限られた容量でゲームを成り立たせている、レトロゲームから学んだ方がいい。今回は「えりかとさとるの夢冒険」で、文章量に頼らないアドベンチャーゲームの作り方を見ていくことにしよう。

パッケージイラストのえりかが美人すぎる。とても小学生とは思えない

ふたりで森行ったん

 「えりかとさとるの夢冒険」は、1988年にナムコから発売されたアドベンチャーゲーム。双子の小学生、えりかとさとるが主人公の、メルヘンチックな物語だ。

 夏休み最後の夜。2人は家の前を通っていく変な生き物を見つけた。洋服を着て2本足で走る猫だった。2人は猫の後をつけていくが、大木の下にたどり着いたとき、「“時の冠”を探すがいい」という声がして、不思議な世界に飛ばされてしまう。2人は、動物が人間のように暮らすこの世界で、本当の幸せを知ることができる“時の冠”を探すのだった。

最初に表示されるこの一文が個人的に好き。文字表示欄は本になっていて、新しい文が表示されるときにはページがめくれる
「不思議の国のアリス」や、登場人物が猫になっていたアニメ映画版「銀河鉄道の夜」をほうふつとさせる
要所要所に現れて、えりかとさとるにヒントをくれる虚無僧。その正体はエンディングで示唆される

 どうだろう、不思議な世界の細かい舞台設定とか、そもそも2人がこの世界に飛ばされた理由とかが説明されないこの簡潔さ。これはこれで簡潔すぎるきらいもあるけれど、冒頭部分はどうしても説明が長くなりがちなので、むしろこれくらい大胆に、はしょった方が、プレイヤーがすぐゲーム本編に入ることができて、いいのかもしれない。

 ゲーム本編が始まると、表示されるのは見下ろし型のマップ画面。十字キーでこのマップの中を移動し、町を探索していく。2人のどちらかが建物などに入ると、一枚絵の表示される「クローズアップ画面」となる。ここでコマンドを選択して謎を解いていく。

 1人がクローズアップ画面に入っているとき、もう1人は、同じ場所に合流することは可能だが、別のクローズアップ画面を表示させることはできない。

えりかとさとるそれぞれを中心とした、2枚のマップが表示される。セレクトボタンでえりかとさとるを切り替える
駅前の駐輪場で自転車に乗れば、速く移動できる。2章までは自転車に乗ったまま、すべての場所へ行ける
それぞれの町に、2人を泊めてくれる家がある。泊まることでフラグが立ち、先へ進める場合も

 「えりかとさとるの夢冒険」最大の特徴は、アドベンチャーゲームなのに、2人同時プレイができること。コントローラー1でえりかを、2でさとるを操作する。2人同時にマップを移動できるし、1人がクローズアップ画面でコマンドを選んでいる間も、もう1人はマップを移動できる。2人でクローズアップ画面に入ったら、交互にコマンドを選ぶことになる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評