“レッツゴー!陰陽師”へ至る道のり「豪血寺一族」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/4 ページ)

連載第84回は「豪血寺一族」(アトラス)。動画サイトで「レッツゴー!陰陽師」がすっかり有名になってしまいましたが、第1作から個性的なBGMとアクの強いキャラクターには定評がありました。

» 2010年04月02日 10時14分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

ゼンインオドール

この男が陰陽師・矢部野彦麿である。大画面テレビにこの顔が映ると、不気味すぎて思わずのけぞる

 陰陽師・矢部野彦麿と琴姫が、坊主ダンサーズを従えて、激しく歌い踊る。そんなポリゴン映像が、動画サイトで大ブレイクした。

 2006年に発売されたプレイステーション 2用ソフト「新・豪血寺一族 煩悩解放」(開発・ノイズファクトリー/発売・エキサイト)に収録された、ゲーム内BGM「レッツゴー!陰陽師」のPV(プロモーションビデオ)である。

 「レッツゴー!陰陽師」は、ネオジオで登場した前作「新豪血寺一族 闘婚 Matrimelee」(開発・ノイズファクトリー/発売・プレイモア(現SNKプレイモア))から使われている曲だが、このPVのインパクトは強烈で、一躍脚光を浴びたのだ。

 「新・豪血寺一族 煩悩解放」でこのPVを見るためには、ゲームを何度かプレイしてポイントを貯め、なおかつミッションモードで特定の課題をこなさなくてはならない。特にミッションモードでは、途中で「闘婚」のボス、プリンセス・シシーを倒すことが難題だった。

矢部野彦麿&琴姫With坊主ダンサーズが、みんなそろって「レッツゴー!」
琴姫の「うううううううう」タイム!

 実はこのゲームには、「レッツゴー!陰陽師」以外にも、3つのPVが収録されている。リストラに遭ったサラリーマンが再就職先を探す歌「貧乏人間カネナイジャー」、宇宙人がほのぼのと歌う「ボクラノヒミツ」、パソコン自作の様子を3人組のアイドルが歌う「ときめきオーバークロック」だ。

 ただし、「陰陽師」以外の3曲はワンコーラスのみ。やはり「陰陽師」のPVが最も力を入れて作られているようだ。(特典のサウンドトラックCDには、4曲ともフルコーラスで入っている)

「ときめきオーバークロック」を歌う秋葉原三人娘。向かって右側の女の子が、矢口真里さんに似てるような気がする

 それに「ボクラノヒミツ」と「ときめきオーバークロック」は、ミッションモードで“ドローになる”という難しい条件をクリアしないとPVが出てこない。だから見ていないプレイヤーも多いかもしれない。もったいない。

 PVが作られていないBGMも全部変。個人的には、昭和歌謡風の「素晴らしきインタアネツト」や、グループサウンズ風の「青春の格ゲー」が特に好き。

陰陽に 陰陽に 陰陽に お宮

 京都の一条通は、住宅地の中の細い生活道路だった。四条通のような大通りを想像していたので意外だった。この一条通の途中、堀川に架かる橋が、「一条戻り橋」である。

 平安時代中期に活躍した陰陽師・安倍晴明は、この橋の近くに住んでいた。現在その屋敷跡には、晴明をまつった晴明神社が建っている。

 そもそも陰陽師とは、陰陽五行説(木火土金水と陰陽の組み合わせ)に基づいて、占いやまじないを行なう役職。晴明は特に優れた陰陽師として知られ、式神(しきがみ)を使う能力に長けていたとされる。

 式神とは陰陽師のもとで働く鬼神のことで、ウルトラセブンのカプセル怪獣や、ポケモンのようなものと考えるとわかりやすい。晴明は12柱の式神を使っていた。だが屋敷に住まわせておくと妻が怖がるので、普段は戻り橋の下に住まわせたという。

一条戻り橋の下を流れる堀川は、ごく最近整備され、明るい親水公園に生まれ変わった

 今回わたしは堀川に下りて、その戻り橋の写真を撮ってみた。式神の姿が写ってたらどうしようと思ったが、さすがにそれはなかった。

 平安時代末期、戻り橋にこの式神の化身とされる12人の童子が現れ、産まれてくる皇子の将来を予言したという伝説がある(ちなみにこの皇子は、後に壇ノ浦で命を落とす安徳天皇である)。晴明の没後170年ほど経っていたが、まだ式神たちは住んでいたことになる。だから今もここにいる可能性がなくはないのだが……。

 晴明神社の境内には、晴明の伝説について解説されたパネルがある。例えば、ライバルの蘆屋道満(あしや・どうまん)と、箱の中身を言い当てるという対決を行なったときの話。道満は「ミカン16個」と正解を言い当てたが、晴明は「ネズミ16匹」と言い、箱の中のミカンを全部ネズミに変えてしまった。

 またある日、藤原道長が外出したところ、愛犬が必死になって止めようとしたので、晴明に調べさせると、土の中から道長に呪いをかけるための道具が見つかった。晴明は犯人を探すため、和紙を折って作った白鷺を飛ばしたところ、蘆屋道満の屋敷に落ちた。実は道満が、道長に恨みを持つ藤原顕光の依頼を受けて、道長に呪いをかけたのだという。

 神社の一の鳥居に掲げられた五芒星は、安倍晴明の紋所。三重県鳥羽市の神島に暮らす海女は、魔除けのために五芒星と格子模様を手ぬぐいなどに描くが、これを「セーメー」と呼ぶ。多分、晴明の名前から来ているのだろう。

 同じ物を鳥羽や志摩の別の地域では、「ドーマンセーマン」と呼ぶ。そう、「レッツゴー!陰陽師」に出てくる「ドーマン! セーマン!」である。

 「セーマン」は「晴明」がなまったもので、「ドーマン」の方は蘆屋道満から来ているといわれる。平安時代の陰陽師の名前が、動画サイトに弾幕として流れていると考えると、なんかすごい。

平日のお昼だったが、晴明神社には主に若い女性の参拝客が多かった。一の鳥居には五芒星が掲げられている
こちらは祇園の八坂神社。もとは牛頭天王(ごずてんのう)をまつっていた。安倍晴明が書いたと言われてきた「ほき内伝」に、牛頭天王の話が出てくる

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評