ニュース
» 2010年09月29日 23時05分 公開

「人間にはクリア不可能」と言われたシューティングゲーム、7年5カ月目にしてついに突破される日々是遊戯

PS2版「怒首領蜂大往生」で新要素として追加されるも、あまりの難しさに「人間にはクリア不可能」と呼ばれた「デスレーベルモード」がとうとうクリアされたとのこと。

[池谷勇人,ITmedia]

人類が弾幕に勝った瞬間

 史上もっとも難しいシューティングゲームとして、シューティングゲームファンの間では長らく「人間にはクリア不可能」と言われ続けてきたプレイステーション 2版「怒首領蜂大往生」のデスレーベルモードが先日、発売から7年5カ月目にしてついに攻略されたそうです。

 デスレーベルモードとは、PS2版「怒首領蜂大往生」で新しく追加された新要素のひとつで、他のゲームで言うところのいわゆる「ボスラッシュ」に相当するもの。アーケードモード同様、全5ステージ×2周で完全クリアとなるのですが、1周目に比べて2周目の難易度が異常なまでに高く、発売から7年以上が経っているにもかかわらず、これまでただ一人としてクリアできた人がいなかったのだそう。その難しさについては、以下の写真を見れば少しは感じていただけることと思います。

この弾幕! しかも2周目は「1機でもやられた時点でゲームオーバー」、「ボムを使用するとボスの体力が回復」など様々な制約があり、1周目に比べ大幅に難易度が上がっています

 今回、そんな長すぎる戦いに終止符を打ったのは、ブログ「ひとりよがり日記」のMON氏でした。MON氏は9月23日のエントリ「神の不在証明」で、証拠のハイスコア写真とともにデスレーベルモードの「陥落」を読者に報告。ブログの説明によれば、クリアしたのは2010年9月18日の17時50分、PS2版発売から実に2718日(7年5カ月と1週間)目の出来事でした。

ブログに投稿されたクリア画像。力強いガッツポーズに喜びの大きさが感じられます

 「人間には不可能」とまで言われていたデスレーベルモードを、まさか本当にクリアしてしまうとは……。この報告がきっかけで、MON氏は一躍ゲームファンの間で「時の人」に。クリア報告時のブログアクセスは普段の160倍にも増え、一時「軽度のネット恐怖症」に陥ったほどだそうです。

 MON氏にメールで問い合わせてみたところ、クリアまでの最終的な試行回数は、2009年3月からの1年半だけでも軽く1800回以上、プレイ時間にして約500時間とのこと(それ以前については、散発的に挑戦しては挫折するというループの繰り返しで、細かいプレイ時間や試行回数については記録していなかったそう)。また、そもそも本編のクリアに丸2年、その後スコア的なやり込みでさらに丸2年くらいを費やしているそうで、これらの時間も考慮に入れれば「トータルで数千時間はかかっているのでは」(MON氏)とのことでした。

 また、デスレーベルモードクリアまでの道のりについては、始めたその日に2周目には到達したものの、その後3面ボス「厳武(2周目)」ボスの異常な強さに一旦は挫折。ようやく突破口が見えたのは、なんと6年後の2009年3月のことだそうです(この間、ずっとデスレーベルモードに取り組んでいたわけではなく、本編の攻略などを並行して進めていた)。

 さらにそこからの道のりも半端ではなく、真の最終ボス「緋蜂改」との初対面が2009年5月、「発狂」と呼ばれる最終段階まで「緋蜂改」を追い詰めることに成功したのが2010年の3月。クリアしたのが2010年9月18日ですから、「緋蜂改」の攻略だけでも1年4カ月以上を要した計算になります。並みのプレイヤーなら途中で諦めてしまいそうですが、「継続は力なり」とはよく言ったものです……。

 クリアした瞬間の感想を尋ねると、「うれしいという感情よりも、ついに達成してしまったという驚きの方が大きかったです。とりあえず、ガッツポーズ後に涙が出ました(笑)」とMON氏。クリア動画については今のところ公開されていませんが、「近いうちに公開する予定ではいます」とのことなので、今後の公開を楽しみに待ちたいところです。

 参考までに、MON氏が過去「ニコニコ動画」に投稿した、「緋蜂改」最終段階までのプレイ動画(※クリア動画ではないので注意)を貼っておきます。興味がある方はぜひ、「人類にはクリア不可能」と呼ばれる弾幕を、その目で実際に確かめてみてください。

(c)2002 CAVE CO.,LTD.
DEVELOPMENT AND DISTRIBUTION BY ARIKA CO.,LTD.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」