ニュース
» 2010年09月29日 23時05分 公開

「人間にはクリア不可能」と言われたシューティングゲーム、7年5カ月目にしてついに突破される日々是遊戯

PS2版「怒首領蜂大往生」で新要素として追加されるも、あまりの難しさに「人間にはクリア不可能」と呼ばれた「デスレーベルモード」がとうとうクリアされたとのこと。

[池谷勇人,ITmedia]

人類が弾幕に勝った瞬間

 史上もっとも難しいシューティングゲームとして、シューティングゲームファンの間では長らく「人間にはクリア不可能」と言われ続けてきたプレイステーション 2版「怒首領蜂大往生」のデスレーベルモードが先日、発売から7年5カ月目にしてついに攻略されたそうです。

 デスレーベルモードとは、PS2版「怒首領蜂大往生」で新しく追加された新要素のひとつで、他のゲームで言うところのいわゆる「ボスラッシュ」に相当するもの。アーケードモード同様、全5ステージ×2周で完全クリアとなるのですが、1周目に比べて2周目の難易度が異常なまでに高く、発売から7年以上が経っているにもかかわらず、これまでただ一人としてクリアできた人がいなかったのだそう。その難しさについては、以下の写真を見れば少しは感じていただけることと思います。

この弾幕! しかも2周目は「1機でもやられた時点でゲームオーバー」、「ボムを使用するとボスの体力が回復」など様々な制約があり、1周目に比べ大幅に難易度が上がっています

 今回、そんな長すぎる戦いに終止符を打ったのは、ブログ「ひとりよがり日記」のMON氏でした。MON氏は9月23日のエントリ「神の不在証明」で、証拠のハイスコア写真とともにデスレーベルモードの「陥落」を読者に報告。ブログの説明によれば、クリアしたのは2010年9月18日の17時50分、PS2版発売から実に2718日(7年5カ月と1週間)目の出来事でした。

ブログに投稿されたクリア画像。力強いガッツポーズに喜びの大きさが感じられます

 「人間には不可能」とまで言われていたデスレーベルモードを、まさか本当にクリアしてしまうとは……。この報告がきっかけで、MON氏は一躍ゲームファンの間で「時の人」に。クリア報告時のブログアクセスは普段の160倍にも増え、一時「軽度のネット恐怖症」に陥ったほどだそうです。

 MON氏にメールで問い合わせてみたところ、クリアまでの最終的な試行回数は、2009年3月からの1年半だけでも軽く1800回以上、プレイ時間にして約500時間とのこと(それ以前については、散発的に挑戦しては挫折するというループの繰り返しで、細かいプレイ時間や試行回数については記録していなかったそう)。また、そもそも本編のクリアに丸2年、その後スコア的なやり込みでさらに丸2年くらいを費やしているそうで、これらの時間も考慮に入れれば「トータルで数千時間はかかっているのでは」(MON氏)とのことでした。

 また、デスレーベルモードクリアまでの道のりについては、始めたその日に2周目には到達したものの、その後3面ボス「厳武(2周目)」ボスの異常な強さに一旦は挫折。ようやく突破口が見えたのは、なんと6年後の2009年3月のことだそうです(この間、ずっとデスレーベルモードに取り組んでいたわけではなく、本編の攻略などを並行して進めていた)。

 さらにそこからの道のりも半端ではなく、真の最終ボス「緋蜂改」との初対面が2009年5月、「発狂」と呼ばれる最終段階まで「緋蜂改」を追い詰めることに成功したのが2010年の3月。クリアしたのが2010年9月18日ですから、「緋蜂改」の攻略だけでも1年4カ月以上を要した計算になります。並みのプレイヤーなら途中で諦めてしまいそうですが、「継続は力なり」とはよく言ったものです……。

 クリアした瞬間の感想を尋ねると、「うれしいという感情よりも、ついに達成してしまったという驚きの方が大きかったです。とりあえず、ガッツポーズ後に涙が出ました(笑)」とMON氏。クリア動画については今のところ公開されていませんが、「近いうちに公開する予定ではいます」とのことなので、今後の公開を楽しみに待ちたいところです。

 参考までに、MON氏が過去「ニコニコ動画」に投稿した、「緋蜂改」最終段階までのプレイ動画(※クリア動画ではないので注意)を貼っておきます。興味がある方はぜひ、「人類にはクリア不可能」と呼ばれる弾幕を、その目で実際に確かめてみてください。

(c)2002 CAVE CO.,LTD.
DEVELOPMENT AND DISTRIBUTION BY ARIKA CO.,LTD.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい