ニュース
» 2010年09月29日 23時05分 公開

「人間にはクリア不可能」と言われたシューティングゲーム、7年5カ月目にしてついに突破される日々是遊戯

PS2版「怒首領蜂大往生」で新要素として追加されるも、あまりの難しさに「人間にはクリア不可能」と呼ばれた「デスレーベルモード」がとうとうクリアされたとのこと。

[池谷勇人,ITmedia]

人類が弾幕に勝った瞬間

 史上もっとも難しいシューティングゲームとして、シューティングゲームファンの間では長らく「人間にはクリア不可能」と言われ続けてきたプレイステーション 2版「怒首領蜂大往生」のデスレーベルモードが先日、発売から7年5カ月目にしてついに攻略されたそうです。

 デスレーベルモードとは、PS2版「怒首領蜂大往生」で新しく追加された新要素のひとつで、他のゲームで言うところのいわゆる「ボスラッシュ」に相当するもの。アーケードモード同様、全5ステージ×2周で完全クリアとなるのですが、1周目に比べて2周目の難易度が異常なまでに高く、発売から7年以上が経っているにもかかわらず、これまでただ一人としてクリアできた人がいなかったのだそう。その難しさについては、以下の写真を見れば少しは感じていただけることと思います。

この弾幕! しかも2周目は「1機でもやられた時点でゲームオーバー」、「ボムを使用するとボスの体力が回復」など様々な制約があり、1周目に比べ大幅に難易度が上がっています

 今回、そんな長すぎる戦いに終止符を打ったのは、ブログ「ひとりよがり日記」のMON氏でした。MON氏は9月23日のエントリ「神の不在証明」で、証拠のハイスコア写真とともにデスレーベルモードの「陥落」を読者に報告。ブログの説明によれば、クリアしたのは2010年9月18日の17時50分、PS2版発売から実に2718日(7年5カ月と1週間)目の出来事でした。

ブログに投稿されたクリア画像。力強いガッツポーズに喜びの大きさが感じられます

 「人間には不可能」とまで言われていたデスレーベルモードを、まさか本当にクリアしてしまうとは……。この報告がきっかけで、MON氏は一躍ゲームファンの間で「時の人」に。クリア報告時のブログアクセスは普段の160倍にも増え、一時「軽度のネット恐怖症」に陥ったほどだそうです。

 MON氏にメールで問い合わせてみたところ、クリアまでの最終的な試行回数は、2009年3月からの1年半だけでも軽く1800回以上、プレイ時間にして約500時間とのこと(それ以前については、散発的に挑戦しては挫折するというループの繰り返しで、細かいプレイ時間や試行回数については記録していなかったそう)。また、そもそも本編のクリアに丸2年、その後スコア的なやり込みでさらに丸2年くらいを費やしているそうで、これらの時間も考慮に入れれば「トータルで数千時間はかかっているのでは」(MON氏)とのことでした。

 また、デスレーベルモードクリアまでの道のりについては、始めたその日に2周目には到達したものの、その後3面ボス「厳武(2周目)」ボスの異常な強さに一旦は挫折。ようやく突破口が見えたのは、なんと6年後の2009年3月のことだそうです(この間、ずっとデスレーベルモードに取り組んでいたわけではなく、本編の攻略などを並行して進めていた)。

 さらにそこからの道のりも半端ではなく、真の最終ボス「緋蜂改」との初対面が2009年5月、「発狂」と呼ばれる最終段階まで「緋蜂改」を追い詰めることに成功したのが2010年の3月。クリアしたのが2010年9月18日ですから、「緋蜂改」の攻略だけでも1年4カ月以上を要した計算になります。並みのプレイヤーなら途中で諦めてしまいそうですが、「継続は力なり」とはよく言ったものです……。

 クリアした瞬間の感想を尋ねると、「うれしいという感情よりも、ついに達成してしまったという驚きの方が大きかったです。とりあえず、ガッツポーズ後に涙が出ました(笑)」とMON氏。クリア動画については今のところ公開されていませんが、「近いうちに公開する予定ではいます」とのことなので、今後の公開を楽しみに待ちたいところです。

 参考までに、MON氏が過去「ニコニコ動画」に投稿した、「緋蜂改」最終段階までのプレイ動画(※クリア動画ではないので注意)を貼っておきます。興味がある方はぜひ、「人類にはクリア不可能」と呼ばれる弾幕を、その目で実際に確かめてみてください。

(c)2002 CAVE CO.,LTD.
DEVELOPMENT AND DISTRIBUTION BY ARIKA CO.,LTD.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」