連載
» 2010年12月14日 13時35分 公開

ゲイムマンデビュー20周年記念! 「じゃじゃ丸忍法帳」「じゃじゃ丸撃魔伝」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第91回は、「忍者じゃじゃ丸くん」シリーズのRPG「じゃじゃ丸忍法帳」と「じゃじゃ丸撃魔伝」(ジャレコ)です。実は、わたしが商業誌で初めて書いた記事が「じゃじゃ丸撃魔伝」のレビューだったのです。

[ゲイムマン,ITmedia]

ゆめりあがあってメイドトレインが通る街

 私事で恐縮だが、去る10月20日でデビュー20周年を迎えた。「ウォーロック」という月刊誌で、「辛口レビュー」の連載が始まったのが、1990年10月20日発売の11月号のこと。

 20周年が、2010年10月20日、つまり20・10・10・20という覚えやすい数字になることは、10周年の頃から既に意識していた。「20周年を迎えたら、ANAインターコンチネンタルホテルあたりで関係者を招いてパーティーでも開けるんじゃないか」と、2、3年くらい前までは思っていたんだけど……。

 ところで、わたしが「辛口レビュー」で初めてレビューしたゲームが、「じゃじゃ丸撃魔伝」だった。そこで今回は、「じゃじゃ丸撃魔伝 幻の金魔城」と、その前作にあたる「じゃじゃ丸忍法帳」を取り上げてみたい。

 というわけで、当時「ウォーロック」の編集部があった、大泉学園に行ってきた。12月にメイドトレインが運行されるという西武池袋線の、大泉学園駅で下車(メイドトレインはこの駅を通過するけど)。駅前は近年再開発され、「ゆめりあ」と名づけられた2棟のビルが目立つ。

 大泉には、東映東京撮影所がある。「世界忍者戦ジライヤ」や「忍者戦隊カクレンジャー」「忍風戦隊ハリケンジャー」などの忍者系ヒーローを世に送り出した撮影所だ。だからじゃじゃ丸くんにも一応関係があるんじゃないかと(「影の軍団」「仮面の忍者 赤影」などの時代ものは、京都の太秦(うずまさ)にある撮影所で撮られたようだが)。

「ゆめりあ」といっても、ナムコが出したゲームとは関係がない。もねもね
東映東京撮影所の敷地の一部には、新たにデパートやシネマコンプレックスが建っている
西武鉄道の最新鋭車両30000系。スマイルトレインという愛称がある

名作アクションゲーム「忍者じゃじゃ丸くん」

 UPLが1984年に開発したアーケードゲーム「忍者くん 魔城の冒険」は、翌1985年5月10日、ジャレコによってファミコンに移植され、ヒットした。赤い装束の忍者くんが、敵を体当たりで気絶させ、手裏剣で倒すアクションゲームだった。

 その忍者くんの弟として登場したのが、じゃじゃ丸くんである。1985年11月15日、「忍者じゃじゃ丸くん」発売。なまず太夫にさらわれた、さくら姫を救い出すのが目的だ。体当たりと手裏剣での攻撃など、「忍者くん」から受け継いだ部分も多いが、ゲームをプレイしたときの感覚は、「忍者くん」とはかなり異なる。

 「忍者くん」のフィールドが縦にスクロールするのに対し、「忍者じゃじゃ丸くん」では横にスクロールする。フィールドは4階層に分かれていて、天井を壊さないと上の階には行けない。壊せる天井にはさまざまなアイテムが隠されていて、それらを探すのも楽しい。

 特定のアイテムを3つ集めるか、じゃじゃ丸の残り人数(残機)が4人以上になると、忍法“ガマパックン”が発動。巨大カエルの「パックン」を呼び出して、敵を次々と食べさせることができるのだ。しかもその間、敵は金縛りにあって動けないので、逃げられたり反撃されたりしないのだ。強力すぎる。

 ちなみに「忍者じゃじゃ丸くん」と、「忍者くん 魔城の冒険」、さらにUPLが発売した忍者くんの続編「忍者くん 阿修羅ノ章」は、現在Wiiのバーチャルコンソールでプレイできる。

ほかのアクションゲームと違って、自分から敵に体当たりで攻撃できるのがおもしろい
さくら姫の投げる花びらを3枚集めると、ステージクリア後に、なまず太夫と直接対決できる
今回マニュアルを読み返して初めて気づいたけど、カエルの名前は「ガマパックン」じゃなかった

 翌1986年に発売された続編「じゃじゃ丸の大冒険」は、同じ横スクロールのアクションゲームながら、敵の全滅ではなく、フィールドの出口を目指す「スーパーマリオブラザーズ」タイプのゲームとなった。前作でじゃじゃ丸が助けたさくら姫が、実は偽物だったという、あ然とするストーリー。本物のさくら姫を救うため、再びじゃじゃ丸が旅立つ。

 前作にも出てきたトロッコや、透明になる薬などのアイテム、そしてカエルのパックンも再登場。雪女のおゆきや、ガイコツのヘドボンなど、前作の敵キャラも健在だ。1面クリアするごとにボスステージとなり、四天王と呼ばれるボスたち、そしてなまず太夫が攻撃してくる。ここでは負けても残り人数が減らない。なまず太夫のステージを越えると、次のボスステージからはボスが2体ずつ出てくる。

 「じゃじゃ丸の大冒険」から少し間が空いて、1989年に発売されたのが、じゃじゃ丸シリーズ第3弾「じゃじゃ丸忍法帳」である。

忍者外伝?

 各地で事件を起こす妖怪どもに、じゃじゃ丸くんが立ち向かう「じゃじゃ丸忍法帳」。アクションゲームだった前2作(もっと言うとその前の「忍者くん」も)から、アクション要素のないRPGに方向転換した。同じようなケースでは「がんばれゴエモン外伝」(コナミ)が有名だが、それより古い。

 ゴエモンはタイトルで「外伝」と明記され、それまでの作品とは異なることが強調されていた。じゃじゃ丸の方は明確に外伝とはされていないが、前作から3年も経っているので、もしかしたらそれに近い感覚で作られたのかもしれない。

 1章〜3章プラス最終章という構成になっており、1章〜3章はどの章からでも始められる。その代わり、1つの章をクリアするごとに、レベルとアイテムがリセットされる。

 第1章は、妖怪退治の秘術を記した“忍(しのび)の書”が忍の里から盗まれたので、それを取り返すのが目的。犯人はからす天狗と分かったが、からす天狗は強く今のじゃじゃ丸ではかなわないため、伝説の忍者“はっぽうさい”の助言を受けて、修行のために“3つの証”を捜し求めることになる。

 ゲーム序盤で、さくら姫が同行することになり、以後は2人で妖怪と戦う。過去2作品ではとらわれのお姫様だったさくら姫が、自ら戦うのはこれが初めて。スタートボタンで2人のステータスを見られるが、特にじゃじゃ丸のルックスが前2作と全然違っててびっくりする。フィールド画面でも赤い頭巾をかぶっておらず、髪の毛がむき出しになっていたのだが、ステータス画面だと一層、「え、誰?」感が強くなる。

ご覧のとおり、いかにもRPGっぽいRPGになった。戦闘もコマンド式で、アクション要素はない
過去2作品のドット絵からは想像もつかないが、これがじゃじゃ丸くんである
さくら姫も今回は自ら戦うので、活発そうなルックスになっている

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる