ニュース
» 2011年03月04日 18時00分 公開

「GDCアワード2011」が決定! ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「レッド・デッド・リデンプション」に日々是遊戯

「レッド・デッド・リデンプション」が最優秀賞に輝いた今年の「GDCアワード」。部門別では「Minecraft」や「Cut the Rope」などが部門賞に輝きました。

[池谷勇人,ITmedia]

日本のゲームは受賞ならず

 米サンフランシスコにて開催中の 「Game Developers Conference 2011」。3月3日(日本時間)には開発者によって選出される「Game Developers Coice Awards(GDCアワード)」の授賞式が行われ、RockStar Gamesの「レッド・デッド・リデンプション」がゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いたほか、インディーズゲームながら「Minecraft」がイノベーション・アワードなど3部門で最優秀賞を獲得し注目を集めました。

 公式サイトによれば、各部門ごとの受賞作については以下のとおり。


  • Game of the Year(最優秀賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)
  • Best Writing(脚本賞):「マスエフェクト 2」(BioWare)
  • Best Game Design(ゲームデザイン賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)
  • Best Technology(テクノロジー賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)
  • Best Visual Arts(ビジュアル賞):「Limbo」(Playdead)
  • Best Debut Game(新規タイトル賞):「Minecraft」(Mojang)
  • Innovation Award(イノベーション賞):「Minecraft」(Mojang)
  • Best Handheld Game(最優秀携帯ゲーム):「Cut the Rope」(ZeptoLab)
  • Best Audio(サウンド賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)・Best Downloadable Game(ダウンロードゲーム賞):「Minecraft」(Mojang)
  • Lifetime Achievement(生涯功労賞):ピーター・モリニュー氏
  • Pioneer Award(先駆者賞):鈴木裕氏
  • Ambassador Award(大使賞):ティム・ブレングル氏/イアン・マッケンジー氏

 ――以上のように、作品別では10部門のうち3部門を「レッド・デッド・リデンプション」が、同じく3部門を「Minecraft」がそれぞれ獲得した形となりました。今回、日本のゲームは残念ながら受賞に至りませんでしたが、Pioneer Award(先駆者賞)には「バーチャファイター」「シェンムー」シリーズの鈴木裕氏が輝いています。

 上記タイトルの中で興味深かったのが、最優秀携帯ゲームに輝いた「Cut the Rope」。同部門では他に「ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印」や「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」「ドラゴンクエストIX」などの著名タイトルがノミネートされていましたが、それらを押しのけての受賞ということで驚いた人も多かったのではないでしょうか。

 「Cut the Rope」は、昨年10月に発売されたiPhone/iPad向けアプリ。先っぽにキャンディがぶら下がったロープをカットして、緑色のかわいいモンスターにキャンディを食べさせてあげるのがゲームの目的です。ロープやキャンディの動きには物理演算が使われていて、ロープの反動や重力などをうまく使わないとクリアできない仕組み。アプリ自体は115円と安いのですが、優れたゲームデザインとかわいらしいビジュアルが人気を呼び、発売からわずか2週間で100万ダウンロードを達成する話題作となりました。これはApp Store史上最速記録だそうで、現在までの累計ダウンロード数は数百万本に達していると言われています。無料の「LITE」版も用意されていますので、iPhone/iPadをお持ちの方は一度ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

iPhoneアプリとしては初の受賞となった「Cut the Rope」。先日の岩田社長の基調講演でも触れられていましたが、このレベルのゲームが115円で遊べてしまうというのは、ユーザーとしては嬉しい一方、コンシューマーゲームメーカーにとっては大きなプレッシャーとなりそうです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声