ニュース
» 2011年04月15日 21時29分 公開

日々是遊戯:海外で独自進化を遂げるメガドライブ――今度は「ポータブル機」に

以前「ブラジルで『メガドライブ4』が発売中!?」という記事を書きましたが、海外メガドライブの進化はまだまだ止まっていなかった模様です。

[池谷勇人,ITmedia]

これは欲しい!

 1988年にセガから発売され、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」や「コラムス」など多くのヒット作を生み出した16ビットゲーム機・メガドライブ。そんなメガドライブが、海外ではなんと「携帯ゲーム機」になって販売されているそうです。

 「MegaDrive Handheld」、「MD Play」などと名付けられたこれらの製品は、ブラジルのTecToy社、ヨーロッパのBlaze社などから発売中(メーカーによって名前が異なる)。「セガが販売しているんじゃないの?」と思った人もいるかもしれませんが、いずれもセガから正式に許諾を受けたライセンス品で、いわゆる「パチモノ」ではありません。日本ではすでに「レトロゲーム機」扱いのメガドライブですが、ブラジルやヨーロッパなど海外の一部地域では、価格の安さも手伝っていまだに根強い人気があるんだそうです。

写真はTecToy社の「MD Play」。写真は6ボタンですが、3ボタンのものなども発売されているそうです

こちらはBlaze社の「Megadrive Ultimate Handheld Portable」。基本的な構造は「MD Play」とほぼ同じ

 本家メガドライブとの違いは、別途ソフトを購入する必要がなく、あらかじめ本体にすべて内蔵されている点。残念ながら既存のROMカートリッジは使用できませんが、起動するとメニュー画面が表れ、「ソニック&ナックルズ」や「ゴールデンアックス」「フリッキー」など、20本ほどある内蔵ソフトから好きなものを選んでプレイできる仕組みとなっています。収録ソフトによって本体にはいくつかのバリエーションがありますが、日本円だとどれも大体4000〜5400円くらいで買えるみたいですね。


 実際にプレイしている動画を見ると、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」など動きの速いゲームをプレイしても残像はほとんど見られず、液晶の質は悪くなさそう。画面サイズは2.8インチとやや小さめですが(PSPが4.3インチ)、その分本体サイズもコンパクト。軽くて小さいので、持ち運びにはいいかもしれませんね。また付属のAVケーブルを使用すれば、家庭のテレビに映像・音声を出力して遊ぶことも可能となっています。

 日本では今や立派な「レトロゲーム機」になってしまったメガドライブですが、海外ではいまだ現役で、しかも独自に進化を遂げた最新機種も登場している、というのがセガ好きとしてはちょっと嬉しいですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン