ニュース
» 2011年06月23日 09時41分 公開

もうすぐ2000万再生! 夢中になっちゃう人続出の「Nyan Cat」ゲームを集めてみました日々是遊戯

なぜかYouTubeで大ブレイク中の「Nyan Cat」。探してみると、すでにけっこういろんなゲームが作られてますね。

[池谷勇人,ITmedia]

書いてる筆者も中毒になりそう……

「もう1時間も聞いてるけど止められない」

「もはやこれは一種のドラッグだ」

「さっきから脳内で流れまくってるんだが、誰か助けてくれ……」

よく見るとシークバーがネコになってる!

 ――と、いつのまにか恐ろしい勢いで感染範囲を広げつつある、YouTubeの人気動画「Nyan Cat」。もともとは日本人が作ったボーカロイド曲ですが、海外の人がこれにネコ(Pop Talt Catというそうです)のドット絵アニメを組み合わせて公開したところ、なぜか人気が沸騰。ついにはYouTubeまでこれに便乗し、動画のシークバーを「Nyan Cat」仕様にしてしまう始末で、とにかくその人気はいまだとどまるところを知りません。

 というわけで、今回はそんな「Nyan Cat」の2000万再生間近を記念しつつ、海外のユーザーが作った「Nyan Cat」ゲームの数々をご紹介します。

Nyan Cat FLY!

 星空を飛んでいくPop Talt Catちゃんを操作して、キャンディやケーキといったスイーツを集めていくFlashゲーム。ネギやブロッコリーなど、スイーツじゃないものを食べると残機がミスとなり、3回ミスでゲームオーバー。ときおり出てくるネコの顔を取ると1UPです。慣れればかなり長い時間遊んでいられますが、BGMが耳にこびりついて離れなくなるので注意!

タイトル画面で「My Nyan」を選ぶと、自分好みのPop Talt Catにカスタマイズすることもできます

Nyan Cat: Lost in Space

 こちらはジャンプアクションゲーム。クリックで二段ジャンプ可能なPop Talt Catちゃんを操り、お邪魔キャラクターを避けながらながらスイーツを集めていきましょう。スコアの倍率がアップするミルクびんや、一定時間無限にジャンプが可能になる「アワ」、一定時間無敵のSuperNyanに変身できる「Sマーク」など、豊富なアイテムをいかに使いこなすかがポイント。画面下まで落下してしまうとゲームオーバーです。こちらはなんとiPhone/iPod touch版も配信中。

ミルクびんは連続で取るとスコアの倍率がぐんぐん上昇。ハイスコアを狙うなら見逃すな!

iPhone版も基本的なルールはまったく同じ。日本版は115円で配信中

Nyanicorn

 こちらも自動生成されるステージを、穴に落ちないようにひたすら進んでいくジャンプアクションゲーム。Zキーで「Double Nyan(ただの二段ジャンプ)」、Xキーで「Nyan Attack(ダッシュ攻撃)」がそれぞれ可能です。たまに出てくるネギはNyan Attackで破壊していきましょう。最初は難しく感じるかもしれませんが、ジャンプの距離調節が分かってくるとハマります。Facebookアプリ版はこちら

ふわっとしたジャンプの起動が気持ちいい。ネギは連続で壊すとスコアアップ!

Nyan Cat!

 こちらはiPhone/iPad用のゲームアプリ。Pop Talt Catをひたすら眺めて楽しむ「Nyan-Stop」と、Pop Talt Catを上下に動かしながら狭い洞窟の中を進んでいく「Space Cave」の2種類のゲームが遊べるほか、追加コンテンツ(115円)を購入することで、シューティング風味の「Sky Attack」モードと、「Taco Dog」や「Star Sheep」といった追加キャラクターが使用可能に。電車の中などで突然「Nyan Cat」とたわむれたくなった時も、このアプリさえあれば安心です。

GameCenterにも対応。「2時間聞く」などの実績もありますが、これくらいなら楽勝ですよね!

 ちなみにPop Talt Catのモチーフにもなっている「Pop Talt」というのは、トースターで焼くだけで簡単にタルトが作れる海外のお菓子なのだそう。Pop Talt Catの詳しいキャラクター設定などは謎ですが、「スイーツが大好き」「野菜は嫌い」という点はほぼ全部のゲームで共通しているみたいですね。

 元は初音ミクの楽曲でもあり、ある意味ではこれもクールジャパンの一種と言えそうな「Nyan Cat」。ゲームだけでなく、ほかにもいろんな派生動画が作られており、まだまだその人気は続きそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」