連載
» 2011年06月28日 10時06分 公開

E3 2011に行ってきた(前編)――復習してみるマイクロソフトくねくねハニィの「最近どうよ?」(その41)(2/3 ページ)

[くねくねハニィ,ITmedia]

今年のE3はどうだった?

 今年もE3は盛況、参加者は4万6800人との発表がありました。昨年の4万5600人からは微増。ユーザーをターゲットにした東京ゲームショウやドイツで行われるGamesComとは明らかに違うのは、E3がビジネスショーだから。業界関係者のためのショーなんですね。

 そういった意味では参加人数は世界最大じゃない。だって業界関係者しか入れないから。それに、どんな手を使っても17歳以下は入れないという催しで、さらに3日間のパスで500ドル(約4万円)もするしね〜(それでもGDCよりは相当安い……)。ただ、敷地の広さ、発表ネタの多さを考えると、やっぱり世界最大のゲームイベントと言えますね。とにかく、業界関係者だけで5万人近くが世界中からロサンゼルスに集中した3日間だったのだ。

 では、ビジネスショーってどういうこと? 改めて説明すると、メーカー(パブリッシャー)がこれから発売するタイトルをお披露目&アピールする場ってことですよ。メディア、マスコミに対してはもちろん、小売に対しても、年末またはそれ以降の新規タイトルをこれでもかとばかり見せるってのが目的。東京ゲームショウで言うとビジネスデーだけなんですね。

 ここで年末タイトルの小売からの受注の方向性や、メディアのタイトルの評価がある程度下るわけですから、パブリッシャーがそれぞれ本気を出して展示したり、ミーティングしたりするわけです。

 だから、大きなスクリーンでトレーラーを流してたり、試遊台が置いてあるだけじゃなくて、ブースの中にミーティングルームがたくさん配置されているんです。ブースでは見せない様なものも一部小売やメディアにコッソリ見せてくれたりする。こういうのを「クローズドア」で見せるなんて言い方をします。これは、ドアを閉めて見せるってことで、「フツーの人には見せないけどね、あんただけ特別だよ」っていう心をくすぐる見せ方とも言えますよね。

 なんと約200タイトルものソフトが発表されたという今年のE3は、6月7日(火)〜9日(木)に例年通り米国ロサンゼルスのLAコンベンションセンターで行われました。前述の通り、天気が悪くて寒かった。3日間と言いましたけど、Expo自体は初日が午後からなんで2.5日と言うべきかな。

 でもね、前日(6日)の午前中にMicrosoft、午後にSCEAのプレスカンファレンスがあって、業界関係者は現地に日曜から入ってるってケースも多かったようですね。7日の午前中は任天堂のプレスカンファレンスがあったので、結局4日間大忙し。しかも、Expo会場で行われることはなく、近隣(とはいえ歩いては行けない)のイベント会場で行われるため、民族大移動がみられます、はい。

 世界最大のゲームビジネスショーだから、みんなこぞって「サプライズ」を貯めて発表する唯一の場とも言えます。だって年末商戦を考えると、8月のヨーロッパGamesComや9月の東京ゲームショウでは遅すぎるし、世界最大の市場として君臨する北米マーケットでの大きなショーだから、皆さん力を入れるのは至極当然のこと。

 だからプラットフォーマーだけじゃなくて、各ソフトメーカーさんもブースで展示のほかに近隣のホテルやイベント会場を借りて大きなプレスイベントをしてますの。メーカーさんによっては夜にパーティをしたりして、まぁ、業界の大きなお祭りですよね。

Expoホールはどんなんだった?

 毎年脚が痛くなるけど、今年もWestホールとSouthホールの間を行ったり来たりしましたよ。ホールをつなぐ通路は2つあって、コンコース(いわゆる建物の中を通って渡る廊下)と、外の橋を渡って向かう通路があるんだけど、まぁ、急いで歩いても4、5分かかるかな。すんなり行ければいいんですけど、ここで必ず複数の知り合いに会うという特典があるため、余裕を持って移動しないと必ずミーティングに遅れてしまう……。

 当日は展示ブースがごった返しているとまではいかなかったけど、盛況と言える人出でした。ハニィはミーティングの合間を使って表面的にしか見れなかったんだけど、元気ありますね、北米は。ココで北米市場の5月の速報が入って、2006年10月ぶりの市場規模に転落ってニュースが対照的でズッコケましたけど。

 任天堂ブースではショー開幕直前に発表された「Wii U」に触れようとものすごい行列が! 4時間待ちって、殺生ですな。行列が、大きな任天堂のブースをぐるりと回ってました。Wii Uの行列は、ショー自体の終了時間のだいぶ前に「本日終了」が掲げられて、並ぶのも止められてた状態。ハニィは時間がなくて並ぶことさえもできませんでした……。

 SCEAのブースでは、NGPもとい「PlayStation Vita」にも注目が集まってましたね。北米では初めてのお披露目になるので話題性も上々。日本からはカプコンの「Street Fighter X Tekken」がフィーチャーされていたけど、欧米では大人気の「Uncharted」フランチャイズがVita向けに! との発表もあったので盛り上がってましたよ。

 Microsoftは余裕(?)のKinect展示に終始してたと言えますな。新ハードの発表などはなかったものの、こちらも盛況でした。昨年のE3でも話題になった「Kinect Star Wars」は試遊ができる状態になっていたけど、ホント「スターウォーズ」って名前のタイトルは無条件にユーザーを刺激するみたいですわ。

 EA、UbiSoft、THQなども大きなブースを構えていたけど、なにげに今年からActivisionがE3に復帰していたのも特筆もの。昨年までESAに対してボイコットをしていた同社ですけど、やはりココまで盛り上がると無視もできないんでしょうね〜。

 新プラットフォーム(Wii UとPlayStation Vita)は、プラットフォーマーのところでの展示がメインだったので、各メーカーさんは既存プラットフォームへの大型タイトルの展示に必死になってました。うん、やっぱり欧米メーカーさんは既存プラットフォームに対しては開発に慣れてきましたね。秀逸のタイトルが伺えますね。

 ソフトメーカー各ブースの目玉タイトルを紹介だけしておきますね!

EA

 「Battlefield 3」(PC / PS3 / Xbox 360)のプレイアブルが大盛況で長蛇の列ができていました。Microsoftカンファレンスでも紹介された「Mass Effect 3」(PC / PS3 / Xbox 360)の特設エリアにも毎日長い間皆さん並んでいました。

Activision

 ブースは大きく、タイムスケジュールに合わせてイベントも行われてたみたいだけど、シアターのみでプレイヤブルはなし。「Call of Duty: Modern Warfare 3」(PC / PS3 / Xbox 360)も公開済みムービーが流れるだけと何とも簡素なもの。クローズドアの奥では、プレイシーンも見られたとか。「Prototype 2」(PC / PS3 / Xbox 360)や「Call of Duty:Elite」サービスのトレイラーが流れてましたよ。

UBI

  • 「Brothers in Arms: Furious 4」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Far Cry 3」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Driver: San Francisco」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Assassin's Creed: Revelations」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Ghost Recon: Future Soldier」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「The Adventure of Tintin: The Game」(PC / PS3 / Wii)
  • 「Ghost Recon Online」(PC / WiiU)

 この他にも、もちろん大ヒット続編「Just Dance 3」(Wii)、「Your Shape: Fitness Evolved 2012」(Xbox 360)なども並んでたりなど、タイトルを集約している他社ブースに対して、ハードコアユーザーから家庭的なものまでバラエティに富んだ展示をしていたのが印象的だったよ。

THQ

  • 「Warhammer 40,000: Space Marine」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Saints Row: The Third」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Metro 2033」(PC / Xbox 360)
  • 「Metro: Last Light」(PC)

 日本のヴァルハラゲームスタジオが開発中の「Devil's Third」(PS3 / Xbox 360)のトレイラーはハニィもびっくりのレーザーラモンHGが出演。日本の開発はココまで振り切った方がいいのかも、と考えさせられた。詳しくは動画で確認してください。

Take 2

  • 「BioShock Infinite」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Duke Nukem Forever」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「The Darkness 2」(PC / PS3 / Xbox 360)

カプコン

 「Resident Evil: Operation Raccoon City」(PC / PS3 / Xbox 360)、「Dragon's Dogma」(PS3 / Xbox 360)の2本を大きく展示してました。

Warner Bros

 「Batman: Arkham City(仮題)」(PC / PS3 / Xbox 360)の試遊コーナー&専用シアターが用意されていたんですが、結構な行列。バットマンの本国アメリカでの人気は不動でありました〜。

スクウェア・エニックス

 もう、すっかりEidosな感じ。「Deus Ex: Human Revolution」(PC / PS3 / Xbox 360)「Hitman Absolution」(PC / PS3 / Xbox 360)、「Dead Island」(PC / PS3 / Xbox 360)がブースの半分近くを占めてましたね。「Wakfu」(PC)なるフランス産のMMORPGを出展してました。

 国産で目立ってたのは「FINAL FANTASY XIII-2」(PS3 / Xbox 360)のみなんですが、人出はそれほどじゃなかったかなぁ。ブース前に並ぶドラゴンクエストやファイナルファンタジーのフィギュアも印象的でしたね。

セガ

  • 「Aliens: Colonial Marines」(PC / PS3 / Xbox 360)
  • 「Binary Domain」(PS3 / Xbox 360)
  • 「MAX ANARCHY」(PS3 / Xbox 360)
  • 「Rise of Nightmares」(Xbox 360)
  • 「Sonic Generation」(PS3 / Xbox 360/ 3DS)

バンダイナムコゲームスブース

 「Inversion」(PS3 / Xbox 360)の別ブースを構えてましたが、本体ブースにはD3パブリッシャーも入ってました! 「Ace Combat: Assault Horizon」(PS3 / Xbox 360)のプレイヤブルが目立ってましたが、日本発オリジナルタイトル(フランチャイズやIPものではないもの)で昨年一番販売本数を稼いだ「Demon's Soul」の続編と言われる「Dark Souls」(PS3 / Xbox 360)の試遊スペースには、常に行列が絶えませんでしたよ。

コナミ

  • 「SILENT HILL Downpour」(PS3 / Xbox 360)
  • 「NeverDead」(PS3 / Xbox 360)

 バラバラになっても死なない主人公がインパクトのある「NeverDead」は新規IPの意欲作。「Metal Gear Solid: Snake Eater 3D」(3DS)、「Metal Gear Solid: Peace Walker HD Edition」(PS3 / Xbox 360)の2本の注目も高かったですね。

Bethesda

  • 「The Elder Scrolls V: Skyrim」(PC / PlayStation 3 / Xbox 360)
  • 「Prey 2」(PC / PlayStation 3 / Xbox 360)
  • 「Rage」(PC / PlayStation 3 / Xbox 360)

 日本メーカーでは、Namco Bandai(アメリカではバンダイナムコではない)がブースを構えながらも「Inversion」のブースを別に持つという面白い試みをしていましたよ。最近、日本のメーカーが海外のデベロッパーからアクイジション(Aquisition)する、または海外のデベロッパーに作ってもらうってケースがよく見られるんだけど、この「Inversion」もそのケース。これは別に記事を書こうと思っていますが、E3でも展示されてたカプコンの「Resident Evil: Operation Raccoon City(日本名:バイオハザード:オペレーション ラクーンシティ)」も海外製。日本のメーカーが海外デベロッパーとタッグを組むインターナショナルになって参りましたね。

 ざっとしか見ていないハニィが語るのはなんですが、「集約」の方向ですね。雑多なタイトルをいろいろアピールするのではなく、大きなタイトルや話題性の高いタイトルを猛烈にアピールして収益確保をする。開発費が高騰してリクープをマストと考えると、効率的で当然な方向性ではあるんですがね……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」