NAVERはシェアを取れる? スマホゲームの勝機は?――NHN Japanの森川社長が語る日本戦略

再上陸した日本版NAVERは検索分野でどのように戦っていくのか。スマートフォン向けゲーム市場で勝機はあるのか。NHN Japanの森川亮社長が日本戦略を語った。

» 2011年07月28日 09時25分 公開
[山本恵太,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「コミュニケーションによって情報量が増えれば、それを検索したいというニーズが増えて事業化できる」――韓国NHN本社で開催されたプレス発表会でNHN Japanの森川亮社長がNAVERやハンゲームの日本戦略について語った。

NHN Japanの森川亮社長

 NHN Japanは、韓国最大手の検索サービスNAVERを運営するNHNの日本法人。2000年からハンゲームを日本で展開し、日本版NAVERを運営するネイバージャパンやライブドアの親会社でもある。

 2007年から同社社長を務める森川氏は、「NHN Japanは、韓国NHNのグループ会社ではあるが、日本独自のビジネスモデルを持っている。単純に本国のサービスを持ってくるだけではなく、その国ならではのサービスを作り上げていくことが本当のグローバル展開ではないかと考えている」と語る。そして、再上陸に伴い日本向けにリリースしたのが「NAVERまとめ」だ。

 NHNのサービスの原点は、Q&Aサービス「知識in」を支える“人とのつながり”にある。ハンゲームも同様で、トランプゲームや将棋など、ちょっとした定番ゲームからコミュニティーが生まれ、コミュニケーションが活発になる。森川社長はその先にある検索広告やアイテム課金こそ収益率が高いビジネスモデルだという。

 NAVERは韓国でこそシェア率70%という独走状態を維持しているが、日本版は2001年にスタートし、2005年に撤退。2009年に再上陸した。

 「情報が多ければ多いほど、検索のニーズは高まる。つまり、コミュニケーションの中で情報量が増えれば、結果的にそれを検索したいというニーズも増える。コミュニケーションと検索は分ける必要がないと思っていて、どうすればコミュニケーションのニーズを高め、その中身を情報生産のような価値につなげられるかを考えていく」と森川社長は語り、日本でも検索分野でのシェア獲得は可能であるとの方向性を示した。

「スマートフォンでソーシャルゲームはまだ伸びない」

 ゲーム分野については、今夏の目玉として注目されているオンラインゲーム「TERA」に触れた。韓国でのサービス経験を生かし、課金も含めて相当な規模で反響を得られるだろうと強調した。日本でのクローズドβテスト(CBT)は同時接続1万5000と過去最高を記録し、近々オープンβテストを予定しているという。

 オンラインゲームで圧倒的な存在感を持つNHNだが、スマートフォンでの本格的な展開は始まったばかりだ。スマートフォン向けプラットフォームは他社に先駆けて2010年の夏に始めた。同年末にDeNAのMobageとGREEも参入している。

 これに対し森川社長は、「他社がやってるアプローチは、AppleやGoogleがすでにやっていること。同じような価値、同じようなサービスを提供することに意味はないと考えている。(アプリの)数(がたくさんあるプラットフォーム)はApp StoreやAndroid Marketが実現しているので、質の部分でどれだけブランド力を高められるかにチャレンジしたい」と話す。また、個人的な見解としながらも「スマートフォンでのソーシャルゲームはそんなに伸びないのではないか」と考えているという。

 「スマートフォン上でのソーシャルは、いちいちアプリを立ち上げてつながるというよりは、端末の中にある程度機能として組み込むような形になるのではないかと思っている」。それができ上がるまでは、ハンゲームの原点である定番ゲーム、オンラインゲームがスマートフォンで伸びると考えており、「この2つを徹底的にやりたい」としている。

 定番ゲームは今年だけで50タイトルのリリースを計画しており、韓国で進めている大型のスマートフォンゲームも秋にリリースの予定だ。この2つを武器に勝負をかける。個人の優秀なクリエイターによるゲームや、リアゲー(今いる場所の天気や時間などを反映させたリアルタイムゲーム)もブランド化していきたいと考えている。

 記者から韓国NHNとNHN Japanのゲーム分野での協力関係について質問が出ると、スマートフォン向けプラットフォームが初めての共同開発だったと答えた。スマートフォンゲームも両社で協力して作っており、従来型携帯電話ではできなかったような展開ができると意気込んだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」