イモリの名前は「バ加」? ピットレックで動物名刺を作ってみた名刺管理ガジェットで遊ぶ(1/3 ページ)

名刺管理デバイス「ピットレック」のカメラが予想以上に高性能。名刺を撮影するだけというのはもったいないぞということで、大好きな動物を撮影することにしました。ビジネスの合間に癒やしの名刺リストを眺めたい!

» 2011年09月12日 15時30分 公開
[山本恵太,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 机の中に放置され増え続ける名刺。机の上に放置され山積みになる名刺――多くの人が泣かされているに違いない名刺管理。これまで何度も管理に失敗してきた筆者は名刺管理の達人になるため、「ピットレック(PITREC)」というガジェットを手に入れました。

ピットレック。名刺ケースとほぼ同じサイズ

 ピットレックはカメラを内蔵した名刺管理専用のガジェット。名刺を撮影して画像データとして保存できるため、電子化済みの名刺をどんどん捨てることができます。片付けが下手な筆者にとって救世主的な存在になりました。そして、ピットレックをいじって遊んでいたところ、名刺管理にとどまらない画期的な使い方を思いついてしまったのです。

動物が好きだから、ピットレックを片手に上野へ

 ピットレックは通常、名刺をセットして内蔵カメラで撮影し、会社名と氏名を読み取って保存するという使い方をします。しかし、筆者は使い始めてすぐ内蔵カメラの可能性に気付きました。

おや……名刺じゃなくても?

 名刺をセットしていないときにカメラを起動していると、そのままカメラの先にある風景がディスプレイに映し出されます。それを見てふと、ピットレックに名刺以外の画像データを保存したら面白いのではないかと思いました。例えば、動物園に行って動物たちの名刺データを登録すれば、仕事の合間に名刺を見る振りをしてニヤニヤできる……できる!

 ――ということで、やって来たのは上野動物園。ピットレックは名刺ケースサイズで、重さは約85グラム。カバンにポイっと入れておくことができます。

 内蔵カメラで保存できるのは名刺の表面と裏面。しかし文字の読み取りは表面だけなので、表面として動物の名前や解説が書かれた看板を撮影し、裏面に実際の動物を撮影するという方法を取りました。

 最初に撮影する動物は、やはり動物園といえば、ゾウさんとキリンさん。

ゾウさんとキリンさん。ピットレックで撮影しました

 ピットレックはズーム機能のない単焦点のカメラ。名刺をセットした位置にピントが合うように調整されています。そのため、遠くのものはピントが合わずぼやけてしまいます。オリや柵があって近くで撮ることのできない動物園ではまともに撮影できないんじゃないかという不安もありましたが、撮れた画像は予想以上に鮮明です。

 デジカメのような画像とまでは言えませんが、名刺撮影用のカメラでもちゃんと撮れるんだと驚きました。ピントが合わずぼやっとした感じは、iPhoneの写真共有アプリ「Instagram」で加工したようにも見えます。

 次は上野動物園のアイドル。もちろん、パンダさんのことですが、今回は隠れアイドルのハシビロコウさんも一緒に紹介します。

パンダさん(左)とハシビロコウさん。ハシビロコウさんは中央奥にいます

 パンダさんは、撮影してみると黒い手しか写っていませんでした。行列ができていて遠くからの撮影になってしまったため、パンダ部屋の中と外の明るさの差が大きすぎて白飛びしてしまったからです。撮影した本人でもどれがパンダなのかギリギリ確認できるレベルになってしまいました。お客さんのほうが多くて、パンダを撮ったのか人間を撮ったのかよく分かりません……。

 ハシビロコウさんも柵からかなり離れた場所にいたため、どこにいるのか分からない画像になってしまいました。これでは「ハシビロコウさんを探せ!」状態です。

過酷すぎた文字認識

 看板の文字認識は、どれも厳しい結果になってしまいました。当たり前ですが、ピットレックは名刺の情報を読み取るように設定されているので、想定外の動物園の看板にはなかなか対応できません。

 名刺を読み取る場合でも、会社のスローガンが入っていたり、デザインが個性的すぎると正確に読み取れず意味不明な文字列が出てしまう場合があります。どうしても読み取れないと判断された場合は、撮影日時が登録されるようになっています。

 文字認識でうまくいったのはシマクサマウスさんとハシビロコウさん。シマクサマウスさんは、看板がきれいに撮れたこともあり、正確な読み取りができました。ピットレックは名前のほかに、会社名と判断した文字列も読み取ることができるのですが、当然ながら社名は判断できなかったようで、「'11年08月」と撮影日時が記録されました。

シマクサマウスさん

 ハシビロコウさんは、「ハシピロコウ」と登録され、あと一歩という結果。ただ、周囲が明るすぎたため撮影した看板の文字が読みにくくなっており、この画像からそこまで読み取れるのかということに感心しました。

ハシビロコウさん
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news161.jpg 24歳人気女優、愛車の大型バイク&金髪ショットを番組で紹介 共演者驚き「街で会っても分からない」
  2. /nl/articles/2405/29/news024.jpg でっかいヤゴを育ててみたら…… とんでもないトンボの誕生に「ただただ感動」「滅多に見られない、生命の神秘!」と100万再生突破
  3. /nl/articles/2405/30/news021.jpg 1歳双子、退院した姉が妹と再会する“瞬間”が551万再生 思わず涙こぼれる様子に「何回でも見ちゃう」「かわいすぎる!」
  4. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  5. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  6. /nl/articles/2405/30/news153.jpg ぴっちりニットの伊織もえ「前通っていい?」→「前通れないだろこれ」 破壊力抜群のショットにファンざわざわ「2度見しちゃう」
  7. /nl/articles/2405/30/news040.jpg 釣り人が捨てたフグを保護→ありえない量のエビを与えたら…… 笑いと驚きの結果が反響を呼ぶ「大笑いしてしまいました」
  8. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  9. /nl/articles/2405/30/news065.jpg こ、これは! 実物サイズの戦闘車両プラモを作った人のお宅が厳重すぎて二度見必至「ツッコミどころ満載」
  10. /nl/articles/2405/30/news034.jpg みなとみらいに出没した不穏な影に騒然、“ミラッシー”ではないか 「シーバスにしてはデカい」「なにこれ!?」と推測集める
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評