ニュース
» 2011年11月23日 11時28分 公開

「公式が病気」「良い意味でおかしい」――ばんえい競馬の「アイマス」コラボがやりすぎだと話題に日々是遊戯

北海道帯広競馬場と「アイドルマスター」がコラボレーションした「ばんえいアイドルマスター記念」が大盛況だったようです。

[池谷勇人,ITmedia]

十勝がとかちつくされた日

 去る11月20日に北海道帯広競馬場で開催された、「ばんえいオークス」と「アイドルマスター」のコラボイベント「ばんえいアイドルマスター記念」。ねとらぼでも開催決定時に一度取りあげていますが(ばんえい競馬で「アイドルマスター記念」開催)、いざ開催されてみると想像以上のカオスっぷりに「公式が病気」「良い意味でおかしい」などとあちこちで話題になっているようです(いい意味で)。

 混沌と驚愕が入り交じった当日の様子はTogetterの「アイドルマスター 2011年11月20日ばんえいアイドルマスター記念開催!」をどうぞ。ニコニコ動画には当日の中継映像をまとめたものもあがっており、現地の異次元空間ぶりを垣間見ることが可能となっています。


 驚くべきは、レース前のパドック映像などあちこちで「アイマス」の曲や映像が使われている点。特にパドック映像は全レースすべて異なっており、765プロのアイドル12人が順番にパドックを紹介するというこだわりよう(ちなみに12人の声はすべて下田麻美さんが演じているそう)。また10レースの「ばんえいアイドルマスター記念」では、レース開始を告げるファンファーレも、アニメ版OP曲「READY!!」をアレンジしたオリジナル仕様になっており、こちらも必見。実況の井馬博アナウンサーも「先頭カネサブラックでとかちつくちてえええぇぇぇ!」とノリノリです。ついでにダイジェスト映像の30秒あたり、女性アナウンサーの声が思いっきり笑いをこらえているように聞こえますがたぶん気のせいでしょう。

画像 おなじみの「てってってー」のBGMにのせて、アイドルたちがパドック映像をお届けしています
画像 「READY!!」を使ったオリジナルファンファーレは必見。これが会場でも流れただと……!
画像 「先頭カネサブラックでとかちつくちてええええ!」。名物アナウンサーの井馬博氏もノリノリで実況

 また当日のレーススケジュールを見ると、10レースの「ばんえいアイドルマスター記念」以外にも、「中村繪里子さん誕生日記念」や「真冬の十勝でドッキドキだよぉ杯」、「やよい賞」など「アイマス」にちなんだレース名がずらりと並んでいますが、公式コラボはあくまで10レースだけで、残りはすべてユーザーによる協賛レースというから驚きです。また案の定「7-6-5」や「9-6-1」「8-7-6」といった記念馬券に人気が集まり、ところどころ三連単の人気順がおかしなことになっていたとの報告もちらほら。余談ですが、10レースの結果は「9-1-6」とあやうく「9-6-1」になりかけたそうです。惜しい、っていうか危なかった!

画像 @puchiiroさんの投稿。「プロデューサー連中が三連単7-6-5買うから隣のじいさんがオッズ見て『何で765が?』とかボヤいてる」とのこと

 これ以外にも、全国のプロデューサーたちから送られたフラワースタンドが飾られていたり、マスコットキャラクターのリッキー君が「エージェント夜を往く」を踊ったりと、当日の帯広競馬場はまさに「アイマス」尽くしだった模様。現地を訪れたプロデューサーたちは、1日限りのお祭りを存分に楽しんだことと思います。

 元をたどれば、双海亜美・真美が歌う「エージェント夜を往く」で、歌詞の「溶かし尽くして」が「とかち(十勝)つくちて」に聞こえるということに端を発した今回のコラボレーションですが、まさかここまでやってくれるとは思わなかったというのが正直なところ。なお、この日の帯広競馬場の来場者数は昨年の1日あたりの最高来場者数を上回ったそうです。

画像 @Cheetah_mineoさんがTwitpicに投稿した「本日の協賛レース」の写真。もはや普通のレースを探す方が難しい状態に
画像 こちらもTwitpicより、@R10_annePさんの投稿。プロデュサーたちから送られたフラワースタンドもずらり


 ちなみに筆者も「取材に行くので交通費ください!」とお願いしたのですが、「いくらなんでも急に十勝は無理」と言われてしまい断念。間近で見てみたかった……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  5. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」