制作費用は数百万円!? 完全自作の“フチコマっぽい乗り物”が楽しすぎる!日々是遊戯

「Make: Tokyo Meeting 07」に出展されていた、歩行補助機「イヌコマ」に乗せてもらうことができました。これ、ハッキリ言って超楽しいです!

» 2011年12月06日 12時19分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「夢ってそういうものじゃないですか」

 週末、オライリージャパンが主催するものづくりイベント「Make: Tokyo Meeting 07」に参加してきました(リポートはこちら)。毎回様々なジャンルのMaker(自由な発想でテクノロジーを使いこなし、ものづくりを楽しむ人たちのこと)たちが集まり、自慢の工作物を持ち寄って披露しあう本イベントですが、中でも印象に残ったのが、体育館前で実演していた(架空会社)仁葉工芸さんの歩行補助機「イヌコマ」。実は昨年のイベントでも(それ以前もちょくちょく)見かけてはいたのですが、聞けばなんと実際に運転・試乗させてくれるとのこと。これは乗るしかない!

画像 タコ? それともフチコマ? 「乗ってもいいですか?」「どうぞどうぞ!」
画像 イヌコマを作った(架空会社)仁葉工芸さん。去年も確か見かけた記憶が

 ずんぐりとした丸っこいボディに4本足。全体はツヤのあるえんじ色で塗装されており、見た目は「攻殻機動隊」に出てくる多脚戦車「フチコマ」にそっくり(アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズではタチコマ)。足の裏には車輪がついていて、道路の上をすべるようにスーッと移動する。移動するたびに周りからは「おおーっ」「楽しそうー!」という声があがります。

 待っていると、順番が来たのでわくわくしつつ試乗。正面にステップがあるので、そこに足をかけて「よっこらしょ」と乗り込みます。コックピットはけっこう狭く、中では正座が基本。周りをすっぽりと機械に囲まれたドキドキ感は、小さい頃に作った秘密基地遊びにちょっと近いかもしれません。

画像 いよいよ試乗。よっこらしょっ、と、乗るのはちょっと大変
画像 ただいま操作のレクチャー中。と言っても、進みたい方向にレバーを倒すだけ

 操作はリモコンで行います。リモコンと言っても、ボタンが1つ、レバーが1本あるだけのごくシンプルなもの。操作も非常に簡単で、レバーを前後に倒せば前進・後退。左右に倒せばその方向に旋回します。まだ右スティックがなかったころの家庭用FPSが確かにこんな操作でしたね。ついでに「このボタンは何ですか?」と聞いてみると、「それは自爆ボタンなので押さないでください」だそう。お、押したい……!

 レバーはアナログなので、どれくらい倒すかによって速度が変わります。おそるおそる倒してみると……おおおお、動いた! スピードは歩くのと同じかちょっと早いくらいで、いつもより視点がちょっと高いのが妙に新鮮。ススーッと進んでいくと、周りからはやっぱり「楽しそう!」という声。はいっ、これ超楽しいです!

画像 「はい、レバーをゆっくり倒してくださいー」。おおおお動いた!
画像 イイイイイヤッホオオオオオオウ!

画像 ある程度進んだら方向転換。その場でクルッと回れます
画像 今度は来た道を逆戻り。イヤッホオオオオウ!

 ビックリしたのが方向転換のスムーズさ。車のようにカーブを描かなくとも、ほぼその場でクイッと後ろを向くことができます。これ、乗り物としてもかなり高性能なのでは……。ちなみに最高時速は6キロメートル以下とのことで、乗り物としてはシニアカーなどの「歩行補助車」に分類されるため、免許なしで誰でも公道を走ることができるのだそうです。

画像 夢のような試乗体験はアッと言う間に終了。仁葉工芸さん、ありがとうございました

 乗せてもらえたのはほんの2〜3分ほどでしたが、日常ではまず味わうことのできない不思議体験に、降りた後もしばらく興奮が収まらなかったほどでした。その後ちょっと話を聞いてみると、制作期間はだいたい2〜3年ほど、制作コストについては「普通のクルマが余裕で1台買えちゃうくらい」とのこと。それを聞いて、たぶん「うわぁ」という顔をしていたのか、すかさず筆者の質問を先読みしたかのように「夢ってそういうものじゃないですか(笑)」と答える仁葉工芸さんの笑顔に、あらためてものづくりの魅力と奥深さを痛感したのでした。お見事です!


動画が取得できませんでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評