ニュース
» 2011年12月06日 12時19分 公開

制作費用は数百万円!? 完全自作の“フチコマっぽい乗り物”が楽しすぎる!日々是遊戯

「Make: Tokyo Meeting 07」に出展されていた、歩行補助機「イヌコマ」に乗せてもらうことができました。これ、ハッキリ言って超楽しいです!

[池谷勇人,ITmedia]

「夢ってそういうものじゃないですか」

 週末、オライリージャパンが主催するものづくりイベント「Make: Tokyo Meeting 07」に参加してきました(リポートはこちら)。毎回様々なジャンルのMaker(自由な発想でテクノロジーを使いこなし、ものづくりを楽しむ人たちのこと)たちが集まり、自慢の工作物を持ち寄って披露しあう本イベントですが、中でも印象に残ったのが、体育館前で実演していた(架空会社)仁葉工芸さんの歩行補助機「イヌコマ」。実は昨年のイベントでも(それ以前もちょくちょく)見かけてはいたのですが、聞けばなんと実際に運転・試乗させてくれるとのこと。これは乗るしかない!

画像 タコ? それともフチコマ? 「乗ってもいいですか?」「どうぞどうぞ!」
画像 イヌコマを作った(架空会社)仁葉工芸さん。去年も確か見かけた記憶が

 ずんぐりとした丸っこいボディに4本足。全体はツヤのあるえんじ色で塗装されており、見た目は「攻殻機動隊」に出てくる多脚戦車「フチコマ」にそっくり(アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズではタチコマ)。足の裏には車輪がついていて、道路の上をすべるようにスーッと移動する。移動するたびに周りからは「おおーっ」「楽しそうー!」という声があがります。

 待っていると、順番が来たのでわくわくしつつ試乗。正面にステップがあるので、そこに足をかけて「よっこらしょ」と乗り込みます。コックピットはけっこう狭く、中では正座が基本。周りをすっぽりと機械に囲まれたドキドキ感は、小さい頃に作った秘密基地遊びにちょっと近いかもしれません。

画像 いよいよ試乗。よっこらしょっ、と、乗るのはちょっと大変
画像 ただいま操作のレクチャー中。と言っても、進みたい方向にレバーを倒すだけ

 操作はリモコンで行います。リモコンと言っても、ボタンが1つ、レバーが1本あるだけのごくシンプルなもの。操作も非常に簡単で、レバーを前後に倒せば前進・後退。左右に倒せばその方向に旋回します。まだ右スティックがなかったころの家庭用FPSが確かにこんな操作でしたね。ついでに「このボタンは何ですか?」と聞いてみると、「それは自爆ボタンなので押さないでください」だそう。お、押したい……!

 レバーはアナログなので、どれくらい倒すかによって速度が変わります。おそるおそる倒してみると……おおおお、動いた! スピードは歩くのと同じかちょっと早いくらいで、いつもより視点がちょっと高いのが妙に新鮮。ススーッと進んでいくと、周りからはやっぱり「楽しそう!」という声。はいっ、これ超楽しいです!

画像 「はい、レバーをゆっくり倒してくださいー」。おおおお動いた!
画像 イイイイイヤッホオオオオオオウ!

画像 ある程度進んだら方向転換。その場でクルッと回れます
画像 今度は来た道を逆戻り。イヤッホオオオオウ!

 ビックリしたのが方向転換のスムーズさ。車のようにカーブを描かなくとも、ほぼその場でクイッと後ろを向くことができます。これ、乗り物としてもかなり高性能なのでは……。ちなみに最高時速は6キロメートル以下とのことで、乗り物としてはシニアカーなどの「歩行補助車」に分類されるため、免許なしで誰でも公道を走ることができるのだそうです。

画像 夢のような試乗体験はアッと言う間に終了。仁葉工芸さん、ありがとうございました

 乗せてもらえたのはほんの2〜3分ほどでしたが、日常ではまず味わうことのできない不思議体験に、降りた後もしばらく興奮が収まらなかったほどでした。その後ちょっと話を聞いてみると、制作期間はだいたい2〜3年ほど、制作コストについては「普通のクルマが余裕で1台買えちゃうくらい」とのこと。それを聞いて、たぶん「うわぁ」という顔をしていたのか、すかさず筆者の質問を先読みしたかのように「夢ってそういうものじゃないですか(笑)」と答える仁葉工芸さんの笑顔に、あらためてものづくりの魅力と奥深さを痛感したのでした。お見事です!


動画が取得できませんでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」