ソニー、デジタル録画双眼鏡 DEV-3で往く! 東京映像ハンティングツアー散歩するガジェット(1/4 ページ)

新製品を使って「とことん楽しもうじゃないか!」という新企画、最初の相棒はデジタル録画双眼鏡です。今回は試用できたのが1週間程度だったということもあり、基本設定のままなるべく多くのシチュエーションで動画撮影してみました。

» 2011年12月22日 10時14分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「どう使う?」と問うてくる、いまどき希有な製品

 続々と発売される新製品、最新ガジェットが高機能かつ便利なのは当たり前、やっぱり使って楽しくなければ! ということで、それらを「レジャーに活用しよう!」「遊んでしまおう!」というのが、当新企画「散歩するガジェット」の趣旨であります。

 機能やスペックを完全網羅して紹介というのではなく、レジャーシーンに合わせてどのように使えるか、どのように楽しめるかというところにフォーカスし、実際に筆者が使用、体験してガジェットの魅力を紹介します。

 その記念すべき第1回は、2011年11月11日にソニーから発売されたデジタル録画双眼鏡DEV-3です。

 非常に古き良きソニーらしい斜め上な製品と申しますか、ミラーレス一眼やデジタルビデオカメラではなく、「あえてそうくるかっ!?」という他社には創れない(というより他社はワザワザやらない?)新ジャンルを開拓すべく攻めた製品。いわば使い手に「どう使う?」と問うてくる。いたれりつくせりで「こう使いましょうよ!」と過剰に提案してくる製品が多い昨今、とても希有な製品といえます。

 勝手な解釈を許していただくのならば、筆者が思わず飛びつかずにはいられなかった、まさに本企画のために開発されたかのような第1回目にふさわしい製品ではないですか。

 DEV-3の細かな機能や仕様はソニー公式ホームページの製品情報をご覧いただくとして、「東京映像ハンティングツアー」を敢行して参りましたのでその成果をご覧ください。

画像 内部には電子ファインダーに加えて、オートフォーカスや録画機構が組み込まれているので、当然、通常の双眼鏡(左)よりサイズが大きい。重さは、付属の専用充電池を入れた状態で約1230グラム

画像 撮影時のポジション。右手人差し指でズーム操作。左手人差し指で録画の開始、停止。最初は、録画ボタンと間違えて設定メニューを表示させたりしてしまったが、すぐに慣れた

まずは近所で撮影テスト

 動画にしろ静止画にしろ撮影で失敗しない秘訣は、本番に近い状況で事前に機材を使ってみることにある。ということで、埼玉県在住の筆者は近所の綾瀬川で目についた風景を撮影してみることにしました。

 撮影してみてまず思ったのは「なかなかにオートフォーカス、被写体への追従性能が良いな」ということと、「見た目はゴツイけど操作は簡単だな」ということ。

 電源を入れ、被写体にレンズを向けたらスライドスイッチでズームイン、ズームアウトしつつ撮りたくなったところで録画ボタンを押すだけというお手軽さです。

 ただし、眼鏡をかけているとファインダーへの接眼が十分にできず、隙間から光が入り込んでしまいファインダーが良く見えない状態でした。そのため、撮影中は眼鏡を外して口にくわえていました。

 眼鏡を外したままだと視力によってファインダー内の像に焦点が合わないことがあるので、最初に視度調整をします。このあたりは通常の双眼鏡と変わりません。

 映像サンプルのファイル形式は、基本設定のままAVCHD 28Mbps(2Dモード)で三脚などは使用せず手持ちで撮影。メモリはサンディスク スタンダード SD/SDHCカード32GB(Class4)の海外パッケージ版を、この撮影のために購入して使用しました。

 特記しない場合は無編集、無加工のままYouTubeへアップしており、アップしたもの(1080pでフルスクリーン再生)とアップ前の映像データをWindows Media Player(フルスクリーン)で再生したものを筆者が見比べても違いは分かりません。


綾瀬川付近にて、モンシロチョウを撮影。昼間で光量が多く、蝶や花などの白い部分がとび気味になっているが映像全体としては鮮明。隣に立っていた子供の声や、近くの道路を走る自動車の音などをひろっており、内蔵マイクの集音性が優れていることが分かる

同じく綾瀬川付近にて、航空自衛隊の輸送機を撮影。EDIUS Neo 2 Booster(筆者愛用の映像編集ソフト)にて、後半の不要部分をカットした以外は無加工。手ぶれ補正が補いきれないほどにブレているのは、基本的に立った状態で手持ちで撮影しているため
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評