第15回:「待って、もう1回!!」 いつの間にかゲームがやめられなくなるフシギな呪文、「コンティニュー」のスッゴイ仕掛けなぜ、人はゲームにハマルのか?(3/4 ページ)

» 2012年01月06日 10時44分 公開
[鴫原盛之,ITmedia]

プレイヤーのコンティニュープレイをさらに促すアメとムチ

 コンティニュー機能を利用してプレイヤーを夢中にさせる方法は、何もカウントダウンに限った話ではありません。

 アーケードゲームにおいて古くからよく見られるのは、コンティニューすると主人公がパワーアップするアイテム類がプレゼントされる特典を提供することでインカム(売上)アップを狙う仕組みです。 

 その典型例の1つが、1995年にアトラスが発売したシューティングゲームの「首領蜂」。本作では、自機が全滅すると「MP(MAX-POWER)」という特殊なアイテムが出現し、ゲームを再開してからこれを取るとショットの威力が瞬時に最大レベルにパワーアップしました。この「MP」は、通常のプレイ中は出現しないコンティニュー時限定のアイテムであるため、そのプレミアム感がさらに引き立つことになります。

 また、タイトーが1995年に発売した「ダライアス外伝」では、コンティニューするとスタート直後に友軍機が出現し、パワーアップアイテムをバラまいて去っていく演出があります。以下のプレイ動画を見れば一目瞭然ですが、プレイヤーへのサービスとして機能しているのはもちろん、ただアイテムが出現するのとはひと味った演出はとてもドラマチックですよね。

画像画像画像 「首領蜂」の「MP」などのように、コンティニュー時にパワーアップアイテムをサービスする例は昔からよく見かけます
※プレイステーション版を使用
(C)ATLUS/CAVE (C)1996 S.P.S

※PS2版「タイトーメモリーズ上巻」 を使用。
(C)TAITO CORP. 1979-2005

 今度は上記の例とは反対に、コンティニュー機能をあえて使わせないことでプレイヤーのチャレンジ精神を刺激する仕組みをご紹介しましょう。

 以下のムービーは、以前の当コラムでもご紹介した1986年にテクモ(現:コーエーテクモゲームス)が発売したアーケード用アクションゲーム「アルゴスの戦士」です。本作は全28ステージで構成されていますが、20面までは何度でもコンティニューができるのに対し、21面以降はコンティニューが一切できないようになっています。コンティニュー時のカウントダウン、およびコンティニュー不可能でゲームオーバーになったときの様子をぜひ見比べてみてください。

※Wiiバーチャルコンソール版を使用
(C)TECMO, LTD. All Rights Reserved.

 このように終盤のステージをコンティニューさせないことによって、プレイヤーに先の場面の攻略パターンを知られることを防ぎ、その結果プレイヤーの負けん気あるいは次回の来店動機を促し、ゲームの寿命を伸ばす効果が生じるというワケですね。同様の例は、前述したカプコンの「1942」の続編にあたる「1943」(※最終面のみコンティニュー不可)、セガが1988年に発売したアクションゲームの「ゲイングランド」(※全40面で31面以降コンティニュー不可)などの作品でも見ることができます。

 また、ゲームのルールとは直接関係のないお話ですが、アーケードゲームにおいてはコンティニュー時のプレイ料金を安くしてプレイヤーの参加意欲をあおる仕掛けも昔からよく用いられています。例えば初回プレイ時は200円、以後コンティニューするときは1回100円で遊べるようにするといった設定で運営をする例が、ビデオゲームはもとよりプライズ(景品)ゲームなどの他ジャンルでも見られます。

 実は家庭用ソフトにおいても、途中からあえてコンティニューをさせなくする例は古くから多々あります。

 ファミコンソフトから例を挙げますと、初代「スーパーマリオブラザーズ」ではゲームオーバー後にAボタンを押しながらスタートボタンを押すと、各ワールドの1面から再開できるようになっていました。ワールド2-3で終わった場合は2-1から、3-4であれば3-1から再スタートします。なんだか、「1ワールドごとの攻略を極めないと先に進ませないよ!」という開発者からのメッセージが聞こえてくるかのようです。

 この他にも、テクモが1986年に発売したアクションパズルゲーム「ソロモンの鍵」、同じく1988年に発売したアクションゲーム「忍者龍剣伝」がこのシステムを採用しています。「ソロモンの鍵」は、41面以降でコンティニューすると必ず41面からの再スタートとなり、「忍者龍剣伝」は第6章以降でコンティニューすると6章のスタート地点からやり直しになります。

画像画像画像 「スーパーマリオ」のコンティニューは、必ず各ワールドの最初から始まるという制約がありました
(C)1985 NINTENDO

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評