ニュース
» 2012年02月08日 12時57分 公開

変形・合体させてカスタマイズし相手を弾き飛ばす 「ジョーギバトル ジョーセン」“定規戦争”は新たな時代へ

小学生を中心に人気の“定規戦争”が、カスタマイズできるバトルホビーとして3月上旬に発売される。

[ITmedia]

 目の前に文房具があればそれを遊びにするのが小学生の宿命といって過言(?)ではない。そして互いの定規を弾き飛ばす“定規戦争”も宿命に導かれて生まれた遊びであろう。そんな定規戦争をカスタマイズできるバトルホビーとしてメガハウスより3月上旬より販売されるのが「ジョーギバトル ジョーセン」だ。本体とシューターがセットになった「スタータージョーギ」(全4種/各525円)と、上位機種となる「ハイパージョーギ」(全4種/各714円)で展開する。

画像

 自分の定規をペンの先端等で弾いて相手の定規を机の上から落として戦う定規戦争。本体を変形、合体させてカスタマイズできる「ジョーギバトル ジョーセン」は、定規型の本体をシューターで弾き、相手をバトルフィールドから弾き飛ばしたり、相手の上に乗ってホールドした状態で相手が3回弾いてもジョーギの下から逃れられなければ勝利となる。

 本体は、種類により長さや重さが異なり、相手を弾きやすいタイプ、上に乗ってホールドしやすいタイプなどが用意される。さらに、ジョーギモードからバトルモードへの変形も可能で、別売りの上位機種「ハイパージョーギ」と組み合わせて合体・変形することも可能。

画像 上が「スタータージョーギ」(全4種・各525円)。下が「ハイパージョーギ」(全4種・各714円)。それぞれ戦い方が違う

関連キーワード

カスタマイズ | 小学校 | メガハウス | 文具


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10