ニュース
» 2012年02月08日 20時27分 公開

誰でも「なんとかロワイヤル」が作れちゃう? ソーシャルゲーム開発エンジン「ソクゲー」が話題に日々是遊戯

画像とテキスト、パラメータを用意するだけで、誰でもソーシャルゲームが開発できるゲームエンジンが話題になっています。「クソゲー」じゃないよ!

[池谷勇人,ITmedia]

いわゆる「ドラコレ」系が作れます

 CMでおなじみの「探検ドリランド」や、もりもり人気上昇中の「アイドルマスター シンデレラガールズ」などをはじめ、現在、GREEやMobageなどで人気を集めているソーシャルゲームのほとんどは、いわゆる「カードバトル」型のシステムを採用しています。

 これらのソーシャルゲームを、プログラミング不要で手軽に開発できる専用エンジン「ソクゲー」が、スングーラより発表されました。公式サイトによると「最近主流のカードバトルゲームに必要な機能を全て備えており、画像・テキスト・フラッシュを用意するだけで簡単にソーシャルゲームが作れるエンジンです」とのこと。

画像 スングーラの公式サイトより、「ソクゲー」のイメージ図

 イメージ図を見るかぎり、トップページ、マイページ、クエスト、バトル、合成、ショップとひととおりのフォーマットは揃っており、あとは画像とテキストさえ突っ込めばすぐにカードバトルゲームが作成できそう。そのほか特徴としては、クラウドサービスでの動作を前提としており、急なユーザー増加にも対応可能。また強力な管理画面を持ち、細かいパラメータ調整などもプログラムを変更することなく、管理画面上からカスタマイズできるとのことです。

 そもそもこれらカードバトル型ゲームの起源は、Zyngaが2009年にリリースした「Mafia Wars」にあります。これを日本に持ち込み、大ヒットしたのがDeNAの「怪盗ロワイヤル」で、その後KONAMIが「ドラゴンコレクション」でカード収集の要素を導入しヒット、ほぼ現在の形ができあがりました(「怪盗ロワイヤル」にはまだカード要素はなかった)。「ソクゲー」もおそらくこうしたいわゆる「ドラゴンコレクション」型のゲームを想定していることがうかがえます。

 プログラミング不要という点は確かに魅力的。しかし、言い換えればそれだけ現在の携帯ソーシャルゲームが画一的で、バリエーションに欠けることの表れなのかもしれません。ネット上ではこれに対し「コンテンツのみ持ってるところには朗報かも」「ソーシャルゲーに対する皮肉なのか」「クソゲーに空目した(見間違えた)」といった声も。

 企業向けということもあって、具体的な導入価格などは不明。おそらく個人レベルで導入できる価格ではないと思われますが、これからソーシャルゲーム参入を考えているメーカーさんは検討してみてはいかがでしょうか。個人的には「ドラゴンコレクション」系はもうお腹いっぱいで、そろそろ新しいシステムにご登場願いたいというのが正直なところですが……それだけ「ドラゴンコレクション」系のシステムが日本のモバイル・ソーシャルと相性がよかったということなのでしょう。

画像 筆者がプレイしている(していた)ソーシャルゲームの「マイページ」画面。確かにどれも似ている……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10