ミクロの世界へダイブできちゃう、デジカメみたいなデジタル顕微鏡「SVP DM540」を触ってみたナニコレ

デジカメ感覚で使える「デジタル顕微鏡」が楽しい。身の回りのいろんなものを拡大してみると、見慣れた世界がちょっと違って見えてくる。

» 2012年03月14日 19時10分 公開
[ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 見た目はデジカメ、でも厳密に言うとデジカメとはちょっと違う。SVP(Silicon Valley Peripherals)の「DM540」は、デジカメ感覚で使える「デジタル顕微鏡」だ。

画像画像 見た目は完全にデジカメだが、これでも一応「顕微鏡」だ

画像画像 左のリングでピントを合わせ、シャッターで撮影。シャッターボタンはズームレバーも兼ねておりやや堅め

 光学ズームは10〜17倍までだが、デジタルズームを使えば最大500倍まで被写体に寄れる。試しに自分の名刺を撮ってみたら、紙の繊維の結びつきまでクッキリ見ることができた。なるほど、普通の顕微鏡のような煩雑さがなく、見たいものをパッと見られるのは面白い。

画像画像画像 「DM540」で名刺を撮影。どこまでも寄っていけるのが楽しい(写真はサイズ調整以外無加工)

 調子に乗って他にもいろいろと見てみることにする。近くにあったフィギュア、ぬいぐるみ、観葉植物の葉っぱ、しなびたミカンの皮――。

 普段なにげなく接しているものでも、ちょっと拡大してみるだけでまったく違ったものに見えてくる。身近にこんなワンダーな世界があったのかー! とちょっと興奮。最初は手動でフォーカスを合わせるのがやや面倒に感じたが、それも慣れてくるにつれて楽しみへと変わった。

画像画像画像 とりあえずいろいろと撮ってみる。手ブレがすごいので、手で持っての撮影はオススメしない

 ただ、「見る」のは得意な一方、「撮る」ほうはかなり苦手なようで、うまくピンの合った写真を撮るのはなかなか難しい。500倍ズームともなると手ブレもとんでもないことになるが、シャッターボタンが堅くてやたら押し込みにくかったり、本体を固定するための三脚穴もなかったりと、手ブレへの配慮が一切ないという潔さ。またホワイトバランスも適当で、プレビューではマトモなのに撮ってみると急にサイケな色合いになってしまう。「撮る」のはあくまでオマケで、「見る」方がメインだと考えた方がよさそうだ。

 調べてみたところ、残念ながら現在、日本国内での取り扱いはない模様(以前は一部ショップなどで販売されていたらしい)。一応、北米版Amazonでは129.99ドル(原稿執筆時点の価格。定価は199.99ドル)で販売中だが、この値段だとちょっと足踏みしてしまうなあ、というのが正直な感想だ。オモチャとしては面白いんだけどね。

画像画像画像 何を撮ったか分かるかな?(あえて拡大前の写真は載せない!)

関連キーワード

顕微鏡 | デジカメ | 写真 | ナニコレ | レビュー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」