ニュース
» 2012年03月13日 18時48分 公開

手書きメモを簡単デジタル化! 「ショットノート」のホワイトボード版で会議も遊びもお役立ち散歩するガジェット(1/3 ページ)

累計販売数が100万冊を超えた「ショットノート」シリーズの新機軸製品「ショットノート(ホワイトボードタイプ)」。このオフィスで大活躍するアイテムであえて遊んでみた。

[種子島健吉,ITmedia]

新機軸ホワイトボード版「ショットノート」登場

 テプラポメラをはじめ、ガジェット好きなら目が離せない企業のひとつにキングジムがあります。そのキングジムが2011年2月に発売し、2012年2月には累計販売数が100万冊を超えた「ショットノート」シリーズに、新機軸の製品が登場しました。

 その名は「ショットノート(ホワイトボートタイプ)」。おそらく多くの読者諸兄姉は「まんまやないかいっ!!」と心の中で突っ込んだであろう、この製品名ですがリリースには「会議や打ち合わせで大活躍」「裏面がマグネットなのでスチール面ならどこでも貼り付きます」という趣旨の説明があり、間違いなくオフィスユースを狙っています。そのため、インパクト優先の奇をてらったネーミングよりも、分かりやすく誤解しようのないそのものズバリのこの命名は、ある意味正解なのではないでしょうか。とにかく、今までの「ショットノート」は大小サイズが違ったラインアップはありましたが、基本的にメモやノートといったペーパーの製品でした。それが今回、ホワイトボードなのが明らかな違いです。

 開発者によると、キングジム社内でホワイトボードに書いたアイディアや議事録などをケータイのカメラで撮影してデジタル保存、共有することが習慣化されていることに着想を得たそうで、Twitterなど、ネット上でも同製品の要望が多数あったことが開発の後押しになりました。

画像 価格8925円で2月7日に発売された「ショットノート(ホワイトボードタイプ)」。その縦800×横600ミリメートルというたっぷりサイズからも、オフィスや公共機関、学校などでの使用が想定されていることがうかがえる。筆者の自宅では玄関ドアにセッティングした

画像 製品に付属しているメラミン樹脂性の専用イレーザー。これが実はおまけでもなんでもなく必需品だ。「ショットノート(ホワイトボードタイプ)」には、反射を抑える表面コーティングがされており細かな凹凸があるため、拭(ふ)くというよりこそぎ落とすように消すイメージなのだ

本体名が「ショットノート(ホワイトボードタイプ)」でアプリ名が「SHOT NOTE」

 一度設定して使ってしまえば簡単このうえないガジェットなのですが、仕組みが分からないと「ヘンなマークのあるホワイトボード」でしかありません。実はこの「ヘンなマーク」が重要で、手書きメモを撮影後デジタル化される際に、画像補正するために利用されています。

 「別に普通にケータイで撮影するからいいよ」と思うかもしれませんが、ケータイのデジカメで撮影すると台形に歪んで見にくくなってしまったり、画面にピッタリ収めることが難しかったりしないでしょうか。「SHOT NOTE」(アプリ)なら、補正機能のおかげで画像の歪みなしに画面ピッタリに取り込むことができます。それとメモの整理番号やメモを書いた日付なども付与することができ、EvernoteやTwitter、Dropboxと連携できるのも魅力です。

 それから先ほどイレーザーの説明でも書きましたが、通常のホワイトボードと違って表面の反射が抑えられるように反射防止コーティングされています。つまり、もし仮に市販のホワイトボードの四隅に同じマークを付けたとしても、「ショットノート(ホワイトボードタイプ)」と同じ使い勝手にはならないということです。

 専用アプリはAndroid用iOS用があり、それぞれ無料でダウンロードできます。正式には、「ショットノート(ホワイトボードタイプ)」というのが本体製品の名称で、「SHOT NOTE」がアプリケーションソフトの名称だということで、なかなかややこしいことになっておりますが、普通は「ショットノート」ですべてひっくるめて呼ぶことが多いのではないかと愚考する次第です。アプリがなければショットノート本体はちょっとお高いだけのホワイトボードやメモになってしまいますし、アプリも本体がなければただのデジカメアプリになってしまいますので、2つ合わせてショットノートだということですね。

 ちなみにアプリの「動作確認済み機種」でない機種でも使用できることがありますが、カメラの解像度が低いiPod touchやタブレットPCなどでは、ちゃんと動作して取り込めたとしても、取り込んだ画像の文字が判別できない場合もあります。このあたりはアプリが無料ですので事前にダウンロードし起動テストしてみてください。そして、最初は安いタイプの製品を買って試してみることをおすすめします。

 現在発売中の製品では、「ツインリングタイプ(S size)No.9120」が315円とリーズナブル。メモパッドタイプは、切り離さない使い方をしていると用紙にクセがついてきて反り返ってしまったりしがちですが、ツインリングタイプだとそういうことがなく撮影が容易です。今までのシリーズは表紙が黒と白の落ち着いた配色だったのですが、3月27日に発売予定の「ショットノート<透明表紙>(ツインリングタイプ)」には、黒だけでなく、ピンク、黄緑、水色もありますから、特に女性の選択肢となる製品ではないでしょうか。カジュアルな印象のデザインなので、スマートホンユーザーへのちょっとしたプレゼントにも良いかもしれません。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」